スマホ老眼のチェック方法!予防や改善はできるの?

スマホ老眼

老眼は通常40歳以降に現れる目のピント調節機能が弱くなってしまう症状ですが、スマホやPCの画面を長時間見ることで、20代~30代の若者にも老眼のような症状が出てしまうのが「スマホ老眼」です。

スマホ老眼のチェック方法などを紹介しますので、「もしかしたら、スマホ老眼かも!?」と思っている人はぜひチェックしてみてください。

スポンサードリンク

スマホ老眼のチェック方法

まずは、自分がスマホ老眼かどうかをチェックしてみましょう。簡単にセルフチェックできるリストを紹介しますので、ぜひやってみてください。

  • スマホやPCを1日3時間以上利用している
  • スマホやPCのゲームや動画をよく利用する
  • 寝る前や暗い場所でスマホやPCをよく利用する
  • 目がゴロゴロしたり、乾燥を感じる
  • 夕方になるとスマホやPCの画面が見えにくい
  • スマホやPCの画面を見た後、周囲に視線を移すとピントが合うのに時間がかかる
  • まぶたがピクピクと痙攣することがある
  • 目の奥に痛みを感じることがある
  • スマホやPCの使用をやめてしばらくするとまた普通に見えるようになる
  • 最近、肩こりや頭痛がひどくなった

上記のチェック項目に3つ以上当てはまる人は要注意です。1つでも当てはまれば、これからスマホ老眼になる危険性が高いといえます。

スマホ老眼は治すことができる!?

スマホ老眼のチェックリスト、当てはまった人も多いのではないでしょうか?「私はスマホ老眼だ!」とがっくりきてしまった人も安心してください。スマホ老眼とは一時的な症状で、きちんとケアをすれば、改善することが可能です。

スマホ老眼のチェックリストに当てはまった人はこれからご紹介するスマホ老眼の改善ケアをぜひ試してみてください。

スマホ老眼のケアの仕方

目のマッサージ

スマホ老眼を改善するにはいくつかの方法があります。手軽にできる簡単なものをいくつか紹介しますので、ぜひ試してみてください。

目と目の周りの血行をよくする

目の疲れをとることでスマホ老眼の症状は改善されます。温かいタオルなどで、目の上や額の上に乗せて温湿布をすることで、目の周りの血行がよくなり、目の疲れが取れます。また、目の周りを指の腹でやさしくマッサージするのも効果的です。

目のエクササイズを行う

目のエクササイズをすることで、ピント調節を行う目の筋肉を鍛えます。毎日行うことで、筋肉が鍛えられます。

  1. 窓の外などの遠くの景色が見えるところに立つ
  2. ペンなどを縦に持ち、腕をまっすぐに伸ばす
  3. ペンを両目で3秒見てから、遠くの景色を両目で3秒見る
  4. 1~3で1セット、1日に3セット×2回行う

目に入るブルーライトを減らす

スマホやPCの画面からでブルーライトは、ピント調節を行う目の筋肉を凝り固まらせ、スマホ老眼はもちろん、眼精疲労やドライアイの原因にもなります。ブルーライトをカットできレンズが入った眼鏡を使用するのも効果的です。

また、最近ではブルーライトをカットできるスマホアプリもありますので、スマホを良く使う人はダウンロードするのもおすすめです。

スポンサードリンク

スマホ老眼を予防するには

今はスマホ老眼の症状が出ていない人でも、スマホやPCを長時間使い続けていると目のピンと調節機能が弱くなってしまい、スマホ老眼に近づいてしまいます。スマホ老眼を予防するためには、目が疲れないようにすることが大切です。

目の疲れを感じたら、スマホやPCから目を離して目を休める習慣をつけましょう。また、画面の照明レベルを最大にしないことや、文字サイズを大きくすることも目の疲労を和らげます。

スマホやPCの使いすぎに注意してスマホ老眼にならないようにしましょう。

まとめ

スマホ老眼は、適切なケアを行うことで、治すことができますので症状を感じている人はできることから目をケアしてください。スマホ老眼を放置しておくと、症状が悪化するだけでなく、睡眠障害やうつ病など、大きな問題に繋がることもあります。

これからもスマホ・PCを楽しめるように、症状が軽いうちにしっかりと目をいたわって上げましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ