ガスコンロの炎が赤いとヤバイ?原因と対処法は?

ガスコンロの炎

「ガスコンロの炎の色が今までと違って赤い!」と感じたら、どのようにしたら良いのでしょうか。実は、正しい知識を持っていればあなたでも簡単に対処出来る可能性があります。

今回は、ガスコンロの炎が赤くなったときの原因と対処法についてご紹介します。

スポンサードリンク

ガスコンロの炎が赤くなる原因は?

通常であればガスコンロの炎の色は青色をしています。しかし、酸素不足になると炎は赤色になります。一時的な変化であれば心配することはありませんが、使うたびに炎の色が赤くなったら、何らかの異常が発生していることが考えられます。

換気が出来ていない

部屋の換気が不十分だと、不完全燃焼を起こして炎が赤くなることがあります。このとき炎は酸素が不足している状態で燃えているため、そのまま放置するのはとても危険です。一酸化炭素を発生する可能性があり、最悪の場合は死に至ることもあります。

バーナーキャップの詰まりや腐食

バーナーキャップとは、ガスの噴出口についている、フライパンや鍋に均等に炎をあてるための部品です。この部分に何かが詰まっていると、燃焼するときに空気が不足して炎が赤くなることがあります。

煮こぼしなどが炭となり、知らないうちにバーナーキャップを塞いでいる事もあるので、一度確認してみてください。また、バーナーキャップは合金で作られているので腐食する可能性があり、腐食が進むと炎が赤くなってしまいます。

加湿器

「え?!加湿器でも炎の色が変わるの?!」と驚く方もいると思いますが、ガスコンロがある部屋で加湿器を使用すると、ガスコンロの炎が赤くなることがあります。

それは水道水に含まれるカルシウムやアルカリ金属といった成分がガスコンロの炎と反応することが原因です。学生のときに理科の授業で「炎色反応」について勉強したことを覚えていますか?

金属と炎が反応してそれぞれ特有の色に変化することを言いますが、ガスコンロの炎がカルシウムやアルカリ金属と反応して色が変わるのもその一種です加湿器のなかでも、超音波式の加湿器を使用した場合にこの現象が多く見られます。

加湿器によって炎の色が変わっている場合は、危険性はないのでそのままガスコンロを使用しても問題ありません。

ガスコンロの炎が赤くなったときの対処法は?

バーナーの掃除 ・部屋の空気を入れ替える

換気扇を回したり窓を開けたりして空気を入れ替えましょう。換気をしっかりと行うことによって不完全燃焼による炎の色の変化を防ぐことができます。さらに、一酸化炭素中毒の予防のためにも、空気の入れ替えは必ず行いましょう。

空気調整ツマミで空気量を調整する

空気量を調整する空気調整ツマミがついているガスコンロであれば、炎の色が赤くなっているときにツマミで空気量を調整すると青色へと戻ることがあります。

バーナーキャップを掃除する

バーナーキャップを掃除して付着物や詰まっているものを取り除くことで改善できます。しつこい汚れは歯ブラシを使って軽く擦ると良いでしょう。

なお、バーナーキャップの掃除をするときには、必ずガスコンロ、バーナーキャップが熱くないか確認をし、誤作動によって点火しないようにガス栓も閉めてからにしてくださいね。

スポンサードリンク

それでも炎の色が改善されない場合は?

色々試してみても炎の色が赤い場合は、ガスコンロが故障している可能性があります。ガス会社へ連絡をして一度見てもらいましましょう。

まとめ

今回は、ガスコンロの炎が赤くなっているときの原因と対処法についてご紹介しました。

まずは部屋の換気、ガスコンロの掃除を行い、それでも炎の色が改善されないときには、危険な場合もあるので無理に使用を続けず、ガス会社へ依頼するようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ