ガスボンベの正しい捨て方は?中身が残っている時の処分方法

バーベキュー

鍋物やバーベキューに使って半端に残ってしまったり、使わないままに使用期限を過ぎてしまったりと、中身が残ったままのガスボンベ(スプレー缶)の処理に困ることってありますよね。

中身が残ったガスボンベを処分方法とそれぞれの方法でどんなことに注意すれば良いのかをまとめました。

スポンサードリンク

処分をする前に自治体の回収ルールを確認する

ガスボンベの回収方法は、各自治体によって異なります。自治体によっては、出し方について詳しい指示があったり、他のゴミとは別の専用の回収場所や回収日が決まっていたりすることもあります。

ガスボンベの処分を始める前に、まずお住まいの自治体のサイトなどでゴミ出しのルールを確認しましょう。

ガスボンベの中身を使い切ってから捨てる理由は?

専用の業者に回収を委託している場合などを除き、ほとんどの自治体では、ゴミの回収ルールで「ガスボンベは中身を使い切ってから捨てる」と決められています。

これは、ガスボンベ内に残ったガスが、収集車内や焼却炉で火災や爆発の原因になる恐れがあるためです。缶を振った際、音がする場合はまだ中にガスが残っている状態です。

中身が残ったままのガスボンベをゴミに出すと回収してもらえないこともあります。また、回収される前のゴミ捨て場で何かの拍子に火災が起きてしまう恐れもあるので、キチンと回収ルールを守った上で廃棄しましょう。

ガスボンベを処分する方法

ガス抜き

カセットコンロで完全に使い切ってから捨てる

ガスボンベの缶が使用期限内で、錆や破損がない場合はカセットコンロを使用して使い切ってしまうのが一番安全な方法です。

ガスコンロにカセットコンロをセットし、上にたっぷりと水を入れた鍋を置いてコンロに火をつけ、ガスがなくなるまで待ちます。何も置かずに空焚きしたり、火がついたガスコンロの傍を長時間離れたりするのは危険なので止めましょう。

屋外でガス抜きをしてから捨てる

自治体のゴミに出して処分する際、缶の状態が悪く、ガスコンロで使い切るのが難しいならば自分でガス抜きをするという方法もあります。

ガスボンベによっては、穴を開けなくても逆さにして地面に先端部を押し付けることでガスを使い切ることができるタイプのものもあります。また、穴を開けてガス抜きをするならば、100均などで販売されている専用の穴あけ機を使用しましょう。

ただし、噴出したガスが近くの火種(静電気や小さな火花、ストーブなど)に引火して火災や爆発が起こったり、多量のガスを吸引して酸欠になったりする危険性があるので、ガス抜きの際は下記のことに十分に注意してください。

  • 風通しが良く、周囲に火の気や可燃物のない屋外で行う
  • 風下(ガスが流れる方)に人がいないのを確認する
  • 穴を開けるのにハンマーやキリを使用しない(火花が散って引火する恐れがある)

ガスボンベのメーカーに引き取ってもらう

ガスボンベのメーカーの中には、未使用で錆などがない自社製品を引き取ってくれるところもあるようです。

引っ越しなどで未使用のガスボンベを処分する必要がある時は、ガスボンベの本体裏にメーカーが記載されているので、その会社のカスタマーサービスに問い合わせ、引き取り可能か尋ねてみるのも良いでしょう。

スポンサードリンク

ガスボンベの販売店・不用品回収業者などに引き取ってもらう

ガスボンベを引き取ってくれるお店や不用品回収業者を探して引き取ってもらう方法です。状態の良い未使用品であれば無償で引き取ってもらえる場合もありますが、多くは有料で引き取ってもらうことになります。

また、ネットで回収依頼が出来るところでも、ガスボンベの状態やお住まいの場所によっては回収を断られる場合もあるので、事前にガスボンベの状態や住所を伝えて回収可能かどうか問い合わせてみましょう。

まとめ

バーベキューや鍋物など楽しいひと時に欠かせないガスボンベですが、取り扱いを誤ると重大な事故にも繋がる恐れがあります。

また、長く放置されたガスボンベは、腐食・錆浮き、変形などが起こり、処分の際の危険も高まるので使用期限を過ぎたガスボンベは、自治体のルールに沿って早めに処分するようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ