足底筋膜炎の正しい治し方とやってはいけない事

足を押さえる男性

歩くと足の裏が痛くなる「足底筋膜炎」。歩くだけで痛みを感じるので、日常生活を送る上で大きなストレスになります。できるだけ早く治したいところですよね。

「足底筋膜炎」は基本的には自然治癒で治る病気ですが、治療中にいくつか気をつけるべき事があります。今回は「足底筋膜炎」の正しい治し方と完治するまでにやってはいけない事についてご説明します。

スポンサードリンク

足底筋膜炎とは?

簡単に説明すると「足底筋膜炎」とは、足の裏の指の付け根からかかとまでの筋肉を覆う「足底筋膜」と呼ばれる部分が、足を使用する度に引っ張られて痛みを生じる病気です。

40代以降の方が発症することが多いですが、若い方でもスポーツ選手や立ち仕事など普段から足を酷使していると発症することがあります。

足底筋膜炎の原因

足底筋膜には足のアーチ状になっている骨を下から支え、足の動きに合わせて柔軟に伸び縮みすることで足にかかる衝撃を軽減する役割があります。

ところが、足の酷使や加齢が原因でこの足底筋膜が硬くなると、足を使った時に上手く伸び縮みせず、硬い膜が指の付け根とかかとの両方から引っ張られることで肉離れのような微細な断裂が生じます。

これが、足を使う度に痛みを感じる原因になります。なお、足底筋膜に負担がかかる原因として、足の裏の筋肉だけではなく、太ももやふくらはぎ、すねの筋肉が硬くなっている可能性もあります。

足底筋膜炎の症状

人によって多少の違いはありますが、足底筋膜炎の症状には次のような特徴があります。

  • 歩いたり立ったりすると足の裏が痛む
  • 朝起き上がった時や座った状態から立ち上がった時などの最初の一歩が特に痛い
  • 特にかかとの前方部分や親指の付け根付近、土踏まずの真ん中が痛くなることが多い

ただし、足の裏が痛くなる病気は足底筋膜炎以外にもあります。誤った判断で治そうとすると症状が酷くなる可能性があるので、自分で決めつけずに早めに専門医の診断を受けることが大切です。

足底筋膜炎の正しい治し方

ストレッチ

足底筋膜炎は病院で診てもらった場合も、軽症ならば経過観察しながら自然治癒を待つ場合が多いです。その際に、気をつけたい事をまとめました。

安静にする

足底筋膜炎の痛みの原因は、足底筋膜に小さな断裂が生じているためです。この断裂を悪化させないよう、自然に治癒するまで足裏に刺激を与えないように安静にします。

また、普段から足を酷使されている方は、疲労が筋肉や足底筋膜が硬くなる遠因になっているかもしれません。仕事など休みにくい理由もあるかもしれませんが、早く治す為にもしっかり休んで足の疲れを取りましょう。・

体を温めて血行を良くする

足底筋膜炎では、足の筋肉や足底筋膜が硬くなっていることが原因です。足に限らず、筋肉をほぐすには、体を温めて血行を良くするのが一番ですよね。足に負担をかけずに暖まる方法として、お風呂がおすすめです。

足の血行を良くするのに「ふともも・ふくらはぎ」の筋肉をほぐすストレッチも有効ですが、足裏に負担や痛みを感じた場合はすぐに止めましょう。

足に負担がかかる靴は避ける

足裏には歩くだけでもかなりの負担がかかります。足にとって一番負担がかからないのは、裸足の状態ですが、日常生活を送る上で全く靴を履かずに過ごすのは難しいですよね。

せめて、足底筋膜炎の治療中は足に負担をかけたり疲れやすくなったりする靴を避け、疲労や足裏緊張による悪化を防ぎましょう。足に負担がかかる靴とは、次のようなものです。

  • 靴底が硬すぎる靴
  • ヒールが高い靴
  • 厚底靴

靴底の硬さは、足にかかる負担に関わってきます。靴底が硬すぎる靴や厚底靴は、歩く時の負荷が足裏にかかりやすくなるので避けましょう。

ただし、靴底が柔らかい靴には、足裏の負担が少ない代わりに「足の疲労に気づきにくくなる」という欠点があります。足が痛くないからといつも通りに動いていると、後で痛みが悪化する恐れがあるので注意しましょう。

ヒールが高い靴も、バランスを取るために自然と足裏に力が入ってしまうので避けます。

迷ったら主治医に相談する

育児中など、長時間一人で家事をしなければならない時や会社で立ち仕事や外回りの仕事が多かったりすると、足への負担が心配になると思います。

自宅や会社での過ごし方について迷った時は、自分で判断せず、診断してもらった主治医にアドバイスをもらいましょう。

スポンサードリンク

足底筋膜炎の時にやってはいけない事

足底筋膜炎の治療中、足裏に負担をかけることをしてしまうと、症状が悪化したり、治療期間が長引く恐れがあります。特に、下記のような事はしないようにしましょう。

自分で足裏をマッサージする

「足裏が硬くなっているならば、そこをほぐせば良いのでは?」と思いがちですが、痛みを感じ出した後に足裏をマッサージすると傷ついた部分を刺激し、更に悪化させることがあります。

病院でほぐしてもらうこともあるかもしれませんが、指示されない限りは自分でマッサージするのは絶対に止めましょう。

長時間の歩行や運動

足底筋膜炎の治療にあたっては、足を休息させることが大切です。普段、ウォーキングやジョギングをしている方やスポーツクラブに所属している方など、日常的に運動や長時間歩く習慣がある方も、足底筋膜炎が治るまでは一旦お休みしましょう。

また、外回りのお仕事や長時間の立ち仕事などをされている方も、乗り物を利用したり、頻繁に休息を取ったりするなど足への負担を減らすようにしてください。

いつも出来ていたことが出来なくなると不安や焦りを感じることもあるかもしれませんが、足を労わることで完治するまでの期間も短くなります。

また、病院で痛み止めを処方してもらえる場合もありますが、薬を服用して一時的に痛みがなくなっても治ったわけではありません。痛みがないからと運動や長時間歩き続けたりすると、症状が悪化する原因になるので無理は禁物です。

まとめ

初めて「足底筋膜炎」と診断された時は、聞きなれない病名に不安に感じるかもしれませんが、重症でない限りは安静にしていれば自然治癒で治る病気です。

ただし、「足底筋膜炎」になったということは、普段から足に負担をかけやすい環境になっているとも言えます。治療中はもちろん、治療後も足へ過剰に負担をかけていないか、注意しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ