実印と銀行印を兼用するリスク!銀行印の変更手続きは?

印鑑

実印と銀行印を同じ印鑑で登録していませんか?実印と銀行印の兼用には大きな危険が潜んでいることはご存知ですか?最悪の場合、銀行に預けているあなたの資産に危険が及ぶかもしれません。

今回は、実印と銀行印を兼用するリスク、そしてリスクを抑えるために銀行印を変更する時の手続きについてご紹介します。

スポンサードリンク

実印と銀行印とは?

そもそも実印と銀行印は何のために使われる印鑑なのでしょうか。

実印

住民登録をしている市町村区の役所に登録している印鑑のことを実印といいます。実印は印鑑のなかでも最も重要な役割を持ち、法律上・社会上の権利や義務の発生を伴うため、印を押す時には慎重に扱う必要があります。

主に保険金の手続きや官公庁での諸手続き、遺産相続、不動産の取り引き、公正証書の作成などを行う際に使用します。

銀行印

銀行や信用金庫などの金融機関で口座を開く時に登録する印鑑のことを銀行印といいます。口座開設だけではなく、出入金やクレジットカードの作成、小切手・手形の発行など様々な取り引きの際に必要となります。

また、その金融機関に口座を持っている本人であることを証明する役割も銀行印にはあります。

実印と銀行印を兼用するリスクは?

手続き

実印と銀行印には異なる印鑑を登録することが推奨されています。では、兼用した時に考えられるリスクには何が挙げられるのでしょうか。兼用した場合の1番のリスクは、紛失した際の手続きです。

兼用していると印鑑を失くした場合、役所への変更手続きと銀行での変更手続きの両方を行わなくてはいけません。しかも変更手続きにも廃印手続きと新しい印鑑を登録する手続きがあり、これがかなり面倒で時間もかかります。

比較的使用することが少ない印鑑なので、うっかり失くしてしまったり保管場所を忘れてしまうなんてことも有り得ますよね。失くしたときに手続きをするリスクを抑えるためにも、印鑑は分けて登録することをオススメします。

また、もう一つ重大なリスクとして考えられるのは印鑑の偽造・悪用のリスクです。最近はコピーの技術が発達しており、印影から全く同じような印鑑を作成させることも出来るようになっています。

印鑑を偽造されてしまった場合、もしかしたら知らないうちにお金を引き出されてしまう、なんてこともあるかもしれません。印鑑の使用頻度が多くなると、その分人の目につく回数も増えるので悪用されるリスクがより高くなります。

リスクを抑えるためにも、やはり実印と銀行印は分けた方が賢明です。もっと言えば、銀行印も金融機関毎に変えた方がよりリスクを抑えることができるでしょう。

スポンサードリンク

銀行印はどうやって変更する?

銀行印を変更するときには金融機関の窓口へ行く必要があります。その際には通帳と本人確認書類(運転免許証など)、登録している印鑑、新しく登録する印鑑の4つが必要です。店頭で変更届と印鑑届を記入し、提出すれば手続きは完了します。

詳しくは各金融機関のホームページを確認するか、直接問い合せてみてください。なお、銀行印は高価なものではなくてもよいですが、長期間使用するものなので簡単に壊れたりしない耐久性のある印鑑を選ぶことをオススメします。

また、メンテナンスをしなくても劣化しない素材だとより良いと思います。万が一欠けてしまった場合は、使用出来なくなる可能性があります。



まとめ

今回は、実印と銀行印を兼用するリスクと銀行印の変更手続きについてご紹介しました。兼用していると紛失した時に面倒な手続きが増えるリスクや、偽造・悪用されるリスクが高くなります。

少しでもそれらリスクを抑えられるように実印と銀行印は分けて登録するようにしたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ