災害時の家族間の連絡方法!スマホが使えなかったらどうする?

災害

災害時の連絡手段、家族で相談していますか?最近では自然災害も多く、いつ自分の身に災害が起こるかはわかりません。

家族が別々の場所で生活をしているタイミングで、災害が起こってしまった場合に、安否を確認するための連絡方法を、しっかりと確認しておくことが大切です。

スポンサードリンク

スマホで通話ができない

東日本大震災のときに、多くの人が困った症状が、スマホで通話ができないということです。これは、被災地に近い人だけでなく、首都圏でも起こった現象です。

当時、地震発生が日中だったこともあり、仕事や学校で、家族が別々の場所で生活をしていた人も多くいました。

そこで地震発生直後から、安否を確認するための連絡をする人が急増し、電話回線がパンクしてしまい、通話ができなくなってしまうという事態に。

またメールも一時送ることができなくなってしまい、家族との連絡が取れないという状態に、より不安が募ったものです。

万が一の時のために、家族でスムーズに安否確認ができるようなツールを、しっかりと確認しておくことが、災害時にはとても大切です。

活用したいツール

スマホとPHS

スマホを持っている場合、通話以外にも連絡を取り合う手段はたくさんあります。いろいろなツールを活用して、通話ができない場合にも、連絡を取ることが出来るようにしておきましょう。

SNSを上手に活用

東日本大震災や、熊本地震、常総大水害など、自然災害の際に活用されているのがSNSです。特にTwitterでは、現状を写真付きでアップしている人も多く、救助活動にも活用されました。

リアルタイムの状況をすぐに知らせることができるので、安否確認もすることができます。フォロワーが多い人は、拡散してもらうことができるので、緊急時には大変役に立ちます。

災害伝言ダイヤルを活用

災害時に音声で安否確認ができる災害伝言ダイヤルも、とてもよいツールです。災害伝言ダイヤルは、通話することはできませんが、171にダイヤルすることで、自分の安否をメッセージとして残すことができます。

また家族や、友人などがそのメッセージを確認することで、安否確認をすることができます。お互いに無事だったことを残しておくことで、個別に連絡がとれなくても、無事であることがわかるので、安心できるでしょう。

スマホ以外に用意しておこう

最近ではスマホの普及率がアップし、そのぶん、固定電話などを解約して一本化している傾向にあります。しかし、万が一の際には、いろいろな連絡手段を持っていることで、スムーズに家族との連絡がとりあえます。

スマホ以外にも、連絡手段を用意しておくことが大切です。

PHS

東日本大震災で再び注目を集めたのが、PHSです。

PHSは携帯電話やスマホとは異なり、基地局の距離が近いので、通話が増えてもパンクしにくく、万が一、一カ所の基地局が故障しても他の基地局でカバーできるので、ほとんどダメージを受けないという特徴があります。

また、普及率もスマホに比べると低いので、その分通話規制がかからないというのがメリットです。

タブレット端末やノートパソコン

通話ができなくても、タブレット端末やノートパソコンを持っていることで、LINEやTwitterなどのアプリを使うことができます。通話ができないときでも、インターネット回線が使える場所であれば、連絡を取り合うことが可能です。

安否確認以外にも、ニュースやラジオをチェックすることができるので、最新の情報をチェックすることができるのも、便利なポイントです。

スポンサードリンク

日頃の防災意識が大切

災害はいつ起こるかわかりません。普段から家族で避難場所などを確認しておくことで、慌てずに行動することができるでしょう。

また、電気がストップしているときにも困らないように、予備のバッテリーや充電器を備えておくと良いでしょう。



まとめ

スマホは日常生活において必要不可欠のアイテムとなっています。災害時には使えないこともあるので、スマホ以外のツールを用意して、災害時に備えておくことも大切でしょう。日頃の備えが、万が一のときには役に立ちます。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ