顔が痒い原因はカビのマラセチア菌?症状や治し方は?

顔を気にする女性

たま〜にありますよね、顔が痒いときって。だいたいはゴミや髪の毛なんかが顔についているときで、取り除くと痒みもすぐにおさまります。でもいつも顔が痒いっていう場合は、もしかしたら原因はカビかもしれませんよ!

特に顔全体が痒かったり、赤くなってきたりしたら要注意です。この顔のカビの原因とはどのようなものなのでしょうか?症状や治し方についてもご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

顔が痒い!その原因とは

顔が痒いときの原因には、このようなものが考えられます。

皮膚の乾燥

皮膚が乾燥するとバリア機能が低下して、ちょっとしたことでも痒みが出てしまいます。手荒れなんかでも、手が乾燥して痒くなったりしますよね。

顔も同じで顔の皮膚が乾燥すると敏感になり、衣類の摩擦や普段のスキンケアなどでも痒みを感じたりします。また顔の洗い過ぎでも乾燥してしまうのでご注意くださいね。

アレルギー

アレルギーにはいろいろなものがあります。ダニ、花粉、化粧品、薬、紫外線、食べ物などなど・・・顔に痒みを起こさせるアレルギーはたくさんあり、痒みの他にも蕁麻疹や赤くなる、またはくしゃみや鼻水といった症状を伴ったりします。

また食べ物によるアレルギーはある日突然発症することもあるので、なかなか原因が特定しにくいです。皮膚科で診てもらってアレルゲンを取り除くようにしてください。

ストレス

ストレスも顔の痒みの原因のひとつです。ストレスは自律神経を乱してしまうので、神経が緊張して血行が悪くなり、老廃物などが溜まりやすくなります。

老廃物が溜まってくると吹き出物や湿疹などが出たりして、痒みを引き起こすようになるのでストレスかな?と感じたら早めに発散させましょう。

顔ダニ

ほとんどの人の顔にはダニが生息しています。(苦手な方ごめんなさい!)でもこの顔ダニは余分な皮脂を処理してくれる役目もあるので、肌の健康には必要なものなんですよ!

ただ、過剰に発生してしまうとバリア機能まで壊してしまうので、肌を乾燥させてしまい痒みなどを起こす原因になります。そしてもうひとつ忘れてはいけないのが、顔のカビであるマラセチア菌です!

この「顔カビ」マラセチア菌とはどのような菌なのでしょうか?

顔のカビ、マラセチア菌とは

化粧道具

マラセチア菌は誰の皮膚にも存在している常駐菌です。真菌というカビで、皮脂を脂肪酸に代えて肌を弱酸性に維持させるという大切な役割を持っているので、あまり嫌わないでくださいね(笑)

また皮膚以外にも、普段皮膚に触れるものにもマラセチア菌はいます。

  • タオルやバスタオル
  • 化粧に使うパフやブラシ
  • 枕カバー
  • マスク

マラセチア菌の好物は湿気と皮脂なので、夏場の汗をかきやすいときに発生しやすくなります。汗をかくことで皮脂も一緒に分泌されるうえ、汗が蒸発して水分が奪われると乾燥した肌はさらに皮脂の分泌を始めてしまいます。

皮脂が増えて汗でしめった顔はマラセチア菌にとっては住みやすい環境になり、繁殖しやすくなるのでバリア機能を破壊するなど炎症を起こすきっかけになってしまいます。こまめに汗を拭くなど、対策をとってくださいね。

スポンサードリンク

顔にカビが!その症状とは

マラセチア菌という真菌(カビ)が顔に増殖することで、痒みの他にも別の症状が出ることもあります。

吹き出物

吹き出物の原因にはニキビでおなじみの”アクネ菌”と”マラセチア菌”があります。マラセチア菌が原因の場合は赤い小さなブツブツがたくさん出ます。

ニキビ対策の市販薬や化粧品はアクネ菌用に作られているので、マラセチア菌には効果がありません。ニキビ対策の薬で効果がなければマラセチア菌を疑ってみてください。

脂漏性皮膚炎

赤くなって皮がむけ、かぶれや痒みなどを起こし、肌の状態がどんどん悪くなってしまいます。顔の中でも特に皮脂の分泌が多い鼻の周りやTゾーン、こめかみあたりに多く見られ、他にも髪の生え際や頭皮、脇の下や胸まわりなどにも症状が出ます。

放置すると、見た目にも酷くなっていくので早めに皮膚科で診てもらいましょう。

マラセチア毛包症

マラセチア菌によって毛穴が炎症を起こして赤くなり、毛穴にブツブツができたり痒みを伴うこともありますが、比較的痒みは軽いです。悪化すると強烈な痒みが出たり、ブツブツの先端に膿が出ることもあります。

顔以外にも背中や胸、腕、頭皮などができやすい箇所です。ニキビと間違えやすいのですが、ニキビ対策の市販薬では効果がありません。ずっと同じ症状が続いていたら、マラセチア毛包症を疑ってみてください。

マラセチア菌が顔で増殖!治し方は?

皮膚科

一番のオススメは皮膚科へ行くことです!自己判断で間違った対処をしてしまうと、かえって長引いてしまいます。皮膚科では一般的にはマラセチア菌を殺す抗真菌薬を処方してもらえます。

炎症を抑えるステロイド外用薬を使うことも多いようですね。痒みに対しては抗ヒスタミン剤やビタミン剤などを処方してもらえます。自分でできる対策としてはまずは洗顔です。皮脂の分泌を抑えるためにも刺激の少ない洗顔剤を選びましょう。

次に保湿です。保湿にも低刺激のものを選んで、優しく肌にのせるようにしてください。あとは食生活です。脂っこいものや甘いものは極力避けましょう。他には肌の免疫力を高めるビタミンB群、ビタミンCなどを積極的に摂ることをお勧めします。

対処法をいくつかまとめたので参考にしてください。

  • 野菜中心の食事で脂っこいものはなるべく控えるようにする
  • エアコンや掃除機などにもカビは繁殖するので、こまめにフィルター掃除する
  • 顔に触れることの多いタオルや枕カバー、化粧道具なども清潔にしておく
  • 顔は洗い過ぎず、十分な水分と適度な油分も与えるようにする
  • かいた汗はこまめに拭き取る
  • 紫外線はできるだけ浴びないようにする

このようなことでマラセチア菌の繁殖を抑えることができます。日頃から繁殖させないようにしましょう!

まとめ

顔はどうしても人目につきやすいので、悪化させないように早めに対処をしましょう。「ニキビだからそのうち治るだろう」と安易にかまえていると、症状がどんどん悪化してしまい、完治にも時間がかかってしまいます。

治りにくいのもマラセチア菌の特徴なので、あせらずゆっくり治療してくださいね。状態にもよりますが、完治までおおむね1ヶ月くらいです。再発もしやすいので、完治した後も菌が増えないような生活習慣を心がけるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ