一人暮らしで住民票を移さないとどうなるの?

住民票の移動

一人暮らしを始める人の中には、住民票を移動させた方がいいのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。また、既に一人暮らしをしている方の中には移す手続きをするのが面倒でついついそのままに…なんて人もいると思います。

しかし、住民票を移動していないことによって、生活する上でなにかと不便なことが多くあります。住民票を移さなかった場合どうなるのか、住民票を移すメリット・デメリットと併せてご紹介します。

スポンサードリンク

そもそも住民票は移すべきなの?

そもそも引っ越しをした場合、住民票は必ず移さないといけないの?と疑問に感じている人もいると思います。

実はあまり知られていませんが、「住民基本台帳法」と呼ばれる法律で“転居をした者は、転居をした日から十四日以内に、次に掲げる事項を市町村長に届けなければならない。”と定められており、住民票の移動は義務付けられています。

また、“正当な理由がなくて~(略)~届出をしない者は、五万円以下の過料に処する。”とも明記されており、過料の支払いを求められる可能性もあるのです。

実際に過料を支払ったというケースは多くはないですが、税金を安く済ませようとした、前の住所での選挙権が欲しかったなど悪意があるとみなされた場合は請求されてしまいます。

ただ、短期間の単身赴任や実家の近くに住んでおり定期的に帰省できる環境であれば、住民票は移動しなくても良いとされています。

住民票を移さないメリットとデメリット

住民票

住民票を移さないメリットは、ずばり“手続きをしなくてもよい”のみです。役所へ行って手続きを行うのは手間も時間もかかります。その手間が省ける、というメリットがありますが、逆にデメリットは下記の通りたくさんあります。

  • 住民票や所得証明書などの各種証明書類が引越し先で発行出来ない
  • 選挙権が新住所にはない
  • 運転免許証の更新が引越し先では出来ない
  • 本人確認が必要な郵便物を受け取れない可能性がある
  • キャッシュカードやクレジットカードなど金融機関からの重要な郵便物は住民票の住所に届くためすぐに利用出来ない
  • 確定申告が住民票の住所の税務署でしか出来ない
  • 市町村のサービスが利用出来ない、もしくは有料になる可能性がある

住民票を移さないことで、今まで地元ではすぐに出来た手続きが出来なくなり、その度に帰省する必要がでてきます。現在は郵送でのやり取りやネット上でも、一部の手続きが出来るようにはなっていますが、それでもやはり不便ですよね。

特に、役所関係の書類は期日が定められていることがほとんどなため、すぐに受け取れないとより困ることが増えてしまいます。一人暮らしの場合、なにかと公的な手続きも必要になるため、住民票は移しておいた方が無難でしょう。

スポンサードリンク

社会人の場合は?

社会人になると、学生の時に比べて住民票などの証明書類が必要になる機会が増えます。給料から引かれる社会保険や税金などの手続きの際に何か問題があった場合、総務や経理の担当者の方に大きな迷惑をかけてしまう可能性もあります。

よって、社会人であれば引っ越しをしたらなるべく早く住民票を移動することをオススメします。

まとめ

今回は、住民票を移さないとどうなるのか?ということを中心にご紹介しました。

手続きをするのは面倒ではありますが、住所が実家のままだと免許の更新や証明書類の発行など、何か必要があったとき実家に帰らないといけなかったり、今住んでいる地域で選挙権がもらえない、市町村の行政サービスが受けられない可能性があるなどのデメリットがあります。

これらのことを考えると、もし実家を長い期間離れるのであれば住民票は移動させた方が無難なのではないでしょうか。その方が、今後生活する上での手続きが楽になると思いますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ