電子レンジのアースをつけないと危険?実際につけてみよう【動画あり】

電子レンジ アース線

電子レンジの後ろに、コンセントとは別に付いている緑色と黄色の配線をアース線と言いますが、あなたのお宅ではアース線をアース端子に接続していますか?

アース線が短くて接続が出来ない、接続の仕方が分からない…といった理由で接続していない人もいると思います。そもそもアース線はつけないといけないのでしょうか?

今回はアース線をつけないとどんな危険があるのか、さらに接続方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

アース線は何のためについているの?つけないとどうなるの?

アース線を接続しなくても電子レンジは使用することが出来るため、接続しないまま使用している方も多くいます。しかし、アース線を接続していないと感電し、最悪の場合命に危険が及ぶ可能性があるので注意が必要です。

そもそもなぜ電子レンジにアース線が付いているのかというと、水気のあるところで使用する機器にはアース線を取り付けるように決められているためです。電子レンジの他にも冷蔵庫や洗濯機、ウォシュレットなどにアース線は取り付けられています。

濡れた場所で機器を使用すると、漏電し感電してしまう危険がありますが、アース線を付けていると電気を外へ逃がす役割をしてくれます。

実際には、何十年も電子レンジを使っていても一度も問題が起きたことがない人もいますが、やはり安全面を考えるとアース線は付けておいた方が良いでしょう。

特に、電子レンジは消費電力が大きく内部で高電圧が発生する機器なので、アース線を繋いでおくことをオススメします。

アース線の接続方法は?

アース線の取り付け方はとても簡単で、早い人だと1分程度で終わります。接続方法についてはコチラの動画をご覧下さい。

アース端子には、主にネジ式とワンタッチ式のものがあります。ネジ式のアース端子の場合は、頑張れば手でもネジを回すことは出来ますが、ドライバーを用意することをオススメします。

ドライバーでネジを緩めてアース線を金具部分にはさみ、ネジを締め直して接続は完了です。最後に軽く引っ張って抜けないか確認をしておきましょう。

そして、ワンタッチ式の場合はアース線を穴の部分に差し込みフタを閉めて固定するだけととても簡単に接続出来ます。アース線を接続するときには、先端の皮の部分をむいて芯線部分が出ている状態で差し込んでください。

また、念の為コンセントは抜いた状態で作業を行いましょう。

スポンサードリンク

アース線がアース端子に届かないときは?

一般的にアース端子はコンセントの下側についていますが、電子レンジを置く場所によってはアース線の長さが足りなくて端子まで届かないこともあるかと思います。そんな時は、長いアース線に取り替えることをオススメします。

アース線はホームセンターやインターネットでも購入することができます。また、電子レンジの背面にネジで止められているだけなので、ドライバーがあれば簡単に取り替えることが出来ますよ。

まとめ

今回は、電子レンジのアース線をつけない時の危険性と接続方法についてご紹介しました。

接続しないまま電子レンジを使用した場合、漏電したときに感電してしまう可能性があるので、万が一の時のことを考えてアース線は接続しておくようにしましょう。接続方法はとても簡単なので、動画を参考にしながら是非接続してみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ