カゴメや伊藤園の野菜ジュースが効果ないって本当?

野菜ジュース

人が健康でいるためには、1日に350gの野菜を摂ることが推奨されています。 「野菜は健康のために大切」それはよくわかっていても、忙しいとつい適当な食事になってしまうことがありますよね。

そんなとき、お手軽なのは野菜ジュース。パッケージをみると「1本で1日分の野菜が摂れる」と書かれているし、これさえ飲んでいれば健康になれそうな気がします。一方で「市販の野菜ジュースは健康に効果がない」という説も耳にします。

一体どちらが本当なのでしょうか?今回は、カゴメや伊藤園の野菜ジュースの効果について調べてみました。

スポンサードリンク

「濃縮還元」で栄養素が失われる?

まず、カゴメや伊藤園の野菜ジュースがどうやって作られているか知っておきましょう。野菜ジュースのラベルに「濃縮還元」という文字があると思います。

濃縮還元というのは、野菜の搾り汁を加熱して水分を飛ばし(濃縮)、体積が少ない状態で安く輸送し、水を加えて元に戻す(還元)という製法です。この製法だと、加熱によって野菜の香りや栄養素が失われてしまうことがあります。

どの栄養素が減少してしまうのか、栄養素ごとにみてみましょう。

食物繊維は激減

食物繊維には2種類あります。水溶性(水に溶ける性質)のものと、不溶性(水に溶けない性質)のものです。不溶性の食物繊維は、野菜を搾るときにカスとして取り除いています。

野菜ジュースの中には、水溶性の食物繊維がごぐわずかだけしか含まれていません。

水溶性のビタミンは減少

ビタミンCなどの水溶性のビタミンは熱に弱いので、加熱すると減少してしまいます。ただ、加熱がビタミンCの減少を防ぐという考え方もあります。

人参やかぼちゃなどの野菜、バナナやリンゴなどの果物にはアスコルビナーゼというビタミンCを破壊する酵素が含まれています。アスコルビナーゼは、組織が破壊されることで活性化します。

野菜ジュースにすると、活性化したアスコルビナーゼが、どんどんビタミンCを壊してしまうのです。このアスコルビナーゼは、熱に弱い性質もあります。加熱することでアスコルビナーゼの働きを弱め、ビタミンCの減少を防ぐことができます。

野菜ジュースの栄養

脂溶性のビタミンはそのまま

ビタミンA、ビタミンD、ビタインE、ビタミンKは、脂溶性のビタミンです。水ではなくて油になじみやすいタイプのビタミンで、比較的熱に強い性質があります。濃縮還元で作られた野菜ジュースでも、脂溶性のビタミンはそのまま残ります。

ミネラルはそのまま

鉄分、ナトリウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルも熱に強い性質があるので、野菜ジュースにしても、ほとんど残ります。

リコピン、β-カロテンは増加

リコピンやβ-カロテンは、生野菜でから摂るよりも、野菜ジュースにしたり加熱して摂った方が吸収率がよくなります。

スポンサードリンク

食品添加物は入っていないの?

濃縮還元で失われてしまった栄養素は、食品添加物を足して補っています。伊藤園もカゴメも天然由来の食品添加物を使っているようです。食品添加物は、安全性上問題ないレベルであることは確認されているものの、気になる方も多いと思います。

また、カゴメや伊藤園の野菜ジュースでは、香料が使用されています。香料は3000種類以上ありますが、どれを使ってもラベルには「香料」と表記するだけでよいので、具体的に使われている香料の名前を知ることができません。

伊藤園やカゴメでは、天然の香料を使っているようです。

まとめ

いかがでしょうか。濃縮還元で作られた野菜ジュースでも、残っている栄養素がたくさんあるので、まったく野菜を摂らないよりは健康に効果があるといえます。

ただ、栄養素をバランスよくとるためには食事で野菜を摂ることを基本とし、野菜ジュースは忙しい時の補助として利用するとよいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ