布団やシーツについた血液汚れの落とし方

布団

布団やシーツについた血液汚れ、どうやって落としていますか?洗濯機で洗えない寝具に血液汚れが付くと、落としようがないからと諦めてしまっている人もいるかもしれません。

実は洗濯機で洗わなくても、血液汚れを簡単に落とす方法があるんです。そこで今回は、血液汚れの落とし方を洗濯機で洗える場合と洗えない場合に分けてご紹介します。

スポンサードリンク

洗濯機で洗えるものに血液汚れがついた時の対処法

布団カバーやシーツなど、洗濯機で洗えるものに血液汚れが付いた時の対処法をご紹介します。

乾く前に水洗いする

水洗いできるものに血液汚れが付いた場合は、なるべく早く洗濯しましょう。汚れがついてからすぐなら、いつも通りの洗濯機で洗うだけで綺麗に落ちます。洗濯する際のポイントは、30℃以下の水で洗うこと。

血液は高温にさらされると固まり、ますます落ちにくくなるので、お湯で洗うのはNGです。

汚れが酷い場合はつけ置き洗いする

洗濯機だけでは落ちない血液汚れの場合は、液体洗剤か酸素系液体漂白剤を混ぜた水に半日ほど浸します。浸し終えたら、手で擦り洗いをし、血液汚れを落としてから洗濯機で洗いましょう。

洗濯機で洗えないものに血液汚れがついた時の対処法

セスキ

布団やマットレスに血液汚れが付くと洗濯機で洗うのは難しいですよね。そんな時は次の方法で汚れを落とすことができます。

セスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダは弱アルカリ性の粉末洗剤です。タンパク質を分解する性質を持つので、タンパク質を主成分とする血液汚れを落とすのに向いています。

最近は、100円ショップや通販サイトでも販売されているので見た事がある方もいるかもしれません。セスキ炭酸ソーダを使った血液汚れの落とし方は次の通りです。

  1. 色が濃い
  2. 水100mlにセスキ炭酸ソーダ大さじ1杯分を溶かし、スプレー容器に入れて、汚れた部分に吹きかける
  3. 水に濡らしたタオルで汚れの上からトントンと叩く
  4. 汚れが薄くなるまで1と2を繰り返す
  5. 乾いたタオルでセスキ炭酸ソーダを拭き取り、天日干しをする

酸素系液体漂白剤

漂白剤を使っても大丈夫な素材であれば、酸素系液体漂白剤を使って汚れを落とすという方法もあります。具体的な方法は、

  1. 酸素系漂白剤を歯ブラシや綿棒に付ける
  2. 血液で汚れた部分を1の綿棒または歯ブラシで軽く叩く
  3. 濡れタオルで叩いた箇所を拭く
  4. 汚れが落ちるまで2~3を繰り返す

また、消毒用オキシドールでも上記の方法で血液汚れを落とせます。オキシドールの主成分「過酸化水素水」は、酸素系漂白剤の主成分でもあります。

酸素系漂白剤は、過酸化水素水の力でシミを分解しているので、主成分が同じ消毒用オキシドールでも血液汚れを落とすことができます。

スポンサードリンク

大根おろし

血液の汚れを落とす道具として、大根おろしも使えます。あまり掃除に使う印象がありませんが、実は大根はプロテアーゼと言う血液のタンパク質を分解する酵素を持っています。

大根おろしの汁にはこの酵素が多量に含まれているので、血液のシミ落としにはうってつけの素材なんですよ。大根おろしを使った血液汚れの落とし方は次の通りです。

  1. 大根おろしをガーゼにくるむ
  2. 血液汚れがついた布の下にティッシュを敷く
  3. 血液で汚れた部分を1の大根おろし入りガーゼで軽く叩く
  4. 血液汚れが少し薄くなったら乾かし、今度は裏側から①の大根おろしで叩く
  5. 汚れが落ちるまで2~4を繰り返す
  6. 汚れが落ちたら布地を乾かす

叩く時に汚れがついた布の下にティッシュを敷くのは、血液がそのティッシュに移って落ちやすくなるためです。

まとめ

布団やシーツについた血液の汚れを落とすには、乾かないうちに水洗いをするのが一番です。

もし、洗濯機で洗えないものに血液汚れがついた場合は、セスキ炭酸ソーダ・酸素系液体漂白剤・消毒用オキシドール・大根おろしを使って汚れを落とすことができます。

乾ききったり熱を加えられたりするとタンパク質が変性して落としにくくなるので、どの方法を使うにしても、なるべく早く対処するのがポイントになります。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ