クレアチニンが低いとどうなる?クレアチンとの関係は?

検査結果

血液検査の項目の一つ「クレアチニン」。この項目で「基準値より低い」という判定が出てしまったら、何か病気のサインになるのでしょうか。

たとえ、総合的な結果で「問題なし」と出ていても、基準値より低い項目があるとなにか病気が隠れているのではないかと気になりますよね。

今回は、クレアチニンとは何かということから、血液検査でクレアチニンの量に異常があるとどんな問題があるのかということまでご紹介します。

スポンサードリンク

クレアチニンとは?

筋肉運動をした時に出る老廃物

人が筋肉を動かす激しい運動をする時、体内ではアミノ酸の一種である「クレアチン(クレアチンリン酸)」が消費されています。そして、このクレアチンを消費した後に出来る老廃物が「クレアチニン」です。

血液中の量で腎臓が正常に機能しているかを判断できる

クレアチニンは体にとっては不要なものなので、通常は腎臓でろ過された後、尿として体の外に排出されます。

老廃物の中には、尿以外に汗として排出されるものもありますが、クレアチニンは尿という形でしか体外に排出されないので、血液中の量が腎臓以外の器官の影響を受けにくいという特徴があります。

クレアチニンの量を測ることで腎機能が正常に動いているかを判断しやすいということですね。

クレアチニンの量に異常があるとどうなるか

血液検査

血液検査でクレアチニンの量に異常があると、どんな疾患の恐れがあるのかご紹介します。

クレアチニンの値が高すぎる場合

クレアチニンの基準値は次の通りです。

男性…0.5~1.1mg/dl
女性…0.4~0.8mg/dl

この基準値より高すぎる場合は、腎臓のろ過機能が正常に働いていない可能性があり、すぐに再検査をしたり、別の検査を受けて原因を特定する必要があります。

男性は1.6以上、女性は1.2以上の値になると何らかの疾患を持つ危険性が高いと判断されます。クレアチニンが高すぎる時に疑われる病気は、急性腎臓病・慢性腎臓病・心不全などです。

ただし、クレアチニンが異常に高い値になるのは、腎臓の機能が通常よりも50%程度まで低下した時なので、危険値未満でも軽度の腎機能障害である可能性は否定できません。

軽度の腎機能障害を判定するには、別の検査を受ける必要があります。腎臓の病気は早めの発見・治療が肝心なので、医師から再検査や生活習慣についての指導を受けた場合は必ず従うようにしましょう。

クレアチニンの値が低すぎても注意!

腎臓の異常が原因でクレアチニンの値が高くなるなら、基準値よりも低い場合は問題ないのでしょうか。実は、そういうわけでもありません。

クレアチニンは、筋肉がクレアチンを消費(代謝)して生み出される老廃物ですが、そのクレアチニンの量が異常に低すぎるということは、筋肉の機能に異常が起こっている可能性があります。

クレアチニンが異常に低い場合に考えられる筋疾患には次のよなものがあります。

筋ジストロフィー

筋ジストロフィーは、体の筋肉が徐々に萎縮・低下していく遺伝性筋疾患です。いくつか種類があり、種類によって症状が出始める年齢や進行速度が違います。

筋萎縮性側索硬化症

筋萎縮性側索硬化症(ALS)は、運動神経が徐々に老化し、使いにくくなっていく神経変性疾患です。症状が進行すると筋肉が萎縮・低下し、手足の麻痺による運動障害や嚥下障害などの症状が出ます。

50代から70代前半で症状が表れることが多いと言われています。

尿崩症

尿崩症は、バソプレシンという、尿の量を減らすように調整するホルモンの異常により発生する病気です。症状は、強い喉の渇きと多尿、脱水症状で、脱水症状が酷いと低血圧やショック症状が起こることもあります。

上の二つのような筋疾患ではありませんが、尿として排出されるクレアチニンの量が多くなるため、血液中のクレアチニンの値が低くなります。

初期の糖尿病

初期の糖尿病では高血糖の影響で尿として排出されるクレアチニンの量が増え、血液中のクレアチニンの量が減る傾向にあります。

ただし、糖尿病が進行して糖尿病性腎症という合併症が起きると、腎機能が弱まるため血液中のクレアチニンの量は低くなります。

スポンサードリンク

検査でクレアチニンの値が低かった場合は

では、検査を受けてクレアチニンの値が低かった時はどうすれば良いのでしょうか。 もし、検査をした機関や主治医から再検査や別の検査を受けるように指示を受けた場合は、専門家から見ても疾患の疑いがあることなので速やかに従いましょう。

一方で、特に再検査などの指示がないのであれば、あまり気にする必要はないと言えます。というのも、既に説明した通りクレアチニンの量は筋肉の量に比例します。

筋肉の量は、疾患以外でも性別、年齢、普段の運動量、生活習慣などで変わってきます。長期の入院中や妊娠中などは、普段より低い値になることが多いですし、普段から運動をあまりしない生活を送っていると基準値よりも下回ることがあります。

また、疾患かどうかは、採血結果の他の項目や別の検査結果と合わせてチェックした上で診断されます。クレアチニンの値が低くても、他の検査項目が正常値であれば、疾患の心配はあまりないと言えます。

まとめ

血液検査のクレアチニンの値は、腎臓や筋肉が正常に機能しているかを見る重要な情報です。基準値より低過ぎると筋疾患の恐れがあります。「基準値より低いけれど医師から何も言われなかった。

これって大丈夫?」と不安を感じる場合は、検査結果を主治医に診てもらって相談してみるのも良いかもしれません。また、疾患がなくても筋肉量が少ないと基準値より低くなります。

健康体だけどクレアチニンの値が低いという方は、これを機に運動を始めてみるのも良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ