服についたタバコの臭いを消す裏ワザ

タバコのにおい

衣服についたタバコの臭い、気になりますよね。喫煙者の方もそうですが、非喫煙者の方でも、タバコの臭いが染みついた場所に長くいると服に臭いが移ってしまうことがあります。

自分は吸ってないのに、飲み会や宴会に行った後、家に帰って脱いだスーツからタバコの嫌~な臭いが・・・なんて経験をされた方も多いと思います。自分でも気になるぐらいタバコの臭いが染みついた服を着て人に会うのも気が引けますよね。

そこで今回は、服についたタバコの臭いを消す裏ワザをご紹介します。

スポンサードリンク

タバコの臭いが服につく理由は?

タバコの臭いを消す裏ワザをご紹介する前に、タバコの臭いがなぜ服に付くのかをご説明します。

タバコの臭いは複数の臭気物質が混ざったもの

タバコのあの独特の臭いは、400種類以上もの臭いを発する成分が混ざった結果です。

代表的なものだけでも、「ニコチン」「アンモニア」「アセトアルデヒド」「硫化水素」「酢酸」などがあり、しかもタバコの種類や吸い方によってもどの物質がどれだけ煙に含まれているのか変わってきます。

タバコ臭を消そうと消臭剤を使ったのに、あまり効果がなかったり、別の嫌な臭いに変化したりしただけだったという事はありませんか?

その原因は色々な臭気物質の中のいくつかに対策をしても、別の臭気物質が残っているとそれが目立ってしまうためです。

臭気物質が服の繊維につく

上記の通り、タバコには沢山の臭気物質が含まれていますが、これらの臭いが衣服に移るのは、煙の中の臭気物質の分子が服の繊維にくっついてしまうためです。

つまり、この繊維に付着した臭気物質の分子を服から取り除くことができれば、タバコ臭を服から消すことができます。例えば、衣服の表面に付いている分子ならば、強い風に当てるだけで服から離れてくれます。

ただし、繊維の奥まで入り込んだ臭気物質には、風が届きにくいのであまり効果がありません。

タバコの臭気物質は水溶性

タバコの臭気物質の多くは水溶性、つまり水に溶ける性質を持ちます。そのため、服についたタバコ臭を取る一番わかりやすい方法は、洗濯になります。また、洗濯以外でも、その性質を利用して臭いを除去する方法がいくつかあります。

そちらの方法もご紹介するので、水洗いできない衣服にタバコの臭いがついてしまった場合や一回の洗濯では落ち切らないほど強烈な臭いの場合に使ってみてください。

衣服についたタバコの臭いを取る方法

アイロンがけ

ここから、実際に服についたタバコの臭いを消す裏ワザをご紹介します。

洗濯

水洗いができる衣服ならば、やはり洗濯して落とすのが一番です。臭いがあまりついていない場合は、通常通りの洗濯を数回するだけでもOK。それだけで落ちない強烈な臭いには漂白剤(酸素系、塩素系)が有効です。

ただし、痛みや色落ちには気をつけてください。また、漂白剤が使えない服の場合は、重曹でつけ置きしてから洗うという方法もあります。

  1. 洗い桶に40℃前後のぬるま湯をはります
  2. 1.に重曹大さじ3~4と洗濯洗剤を入れ、1~2時間ほど衣服をつけ置きします
  3. つけ置きした衣服を洗濯機で通常通り洗います

最後に大事なポイントを一つ。洗剤の種類や洗い方に関係なく、臭い移りを防ぐために「臭いがついた衣服と他の衣服を一緒に洗濯しない」という点には気をつけてくださいね。

アイロンのスチームをあてる

Yシャツなどの場合は、アイロンのスチーム機能や衣類用スチーマーを全体にあてて一晩干すという方法も使えます。水分が臭いを吸着し、乾燥することで臭いが服から離れます。

スポンサードリンク

入浴後の浴室に一晩干しておく

衣服を入浴した後の浴室に一晩干しておくのも、タバコの臭いを取るのに有効な方法です。こちらの場合は、お風呂場の湿気が臭気物質を吸着してくれます。

臭いを吸着した水分が乾燥して衣服から離れるように干している間は、換気扇を回すか窓を開けて換気を十分にしておきましょう。

服を風にあてる

スーツなどの水洗いできない服についた臭いを取るには、陰干ししたり、ドライヤーの風をあてたりするという方法があります。服の表面についた臭いならば、風にあてるだけで服から離れてくれます。

また、時間がない時は服を両手で持って大きく振るだけでも多少の効果が期待できます。ただし、繊維の奥まで入り込んだ臭いは、風にあてるだけではなかなか落ちないことがあります。

脱臭剤・消臭スプレーを使う

市販の脱臭剤や消臭スプレーを使う方法も手軽で実行しやすいですよね。消臭スプレーには水分+消臭成分が含まれていて、衣服についた臭い成分を吸着してくれます。使う時はできるだけ、衣服全体に吹きかけるようにしましょう。

炭で出来ている脱臭剤は、タバコの臭いがついた服と一緒にビニール袋に入れて一晩おけば、臭い成分を吸い取ってくれます。市販の脱臭剤がない場合は、重曹おおさじ3~4杯を器に入れたものをビニール袋に入れることでも代用できます。

ただし、市販の脱臭剤や消臭スプレーを使う場合は、無香料のものを選んでください。香料入りの消臭スプレーは、良い香りで臭いを上書きするだけなので、臭いの原因となる物質が服から離れません。

香料とタバコの臭いが混ざり合って悪化することもあるので、購入前によく確認してくださいね。

ウェットクリーニングを利用する

ここまで自宅でできる方法をご紹介しましたが、あまりに強力な臭いだと取り切れない場合もあるかもしれません。そんな時は、クリーニング店のウェットクリーニングを利用するのも手です。

ウェットクリーニングならば、ウールやシルクなど、水洗いできない素材を水洗いしてもらえます。ただし、クリーニング店によって取り扱える衣服や洗浄方法が変わってきます。

臭いが落ちるか不安な場合は、実際に依頼する前に服を見せて聞いてみると良いと思います。

まとめ

衣服についたタバコの臭いを落とすには、臭いの原因となる物質をいかに服から離すかが大切です。臭気物質の多くは水溶性なので、洗濯や蒸気で濡らした後、風通しの良い場所で乾燥させる方法が有効です。

水洗いできない服の場合は、風の力で臭気物質を吹き飛ばしたり、脱臭剤や重曹など臭いを吸着しやすいものを傍に置いておくのも有効です。

いずれにしても、服についた臭いを放置しておくと、臭いの原因物質が繊維に入りこんで取れにくくなるので、服の臭いが気になったら早めのケアをおすすめします。

▼関連記事

服の色あせ防止と色を修復する方法

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ