服の色あせ防止と色を修復する方法

服の色あせ

新しい服を買った後、あまり袖を通さない内に首元や背中などの一部だけが色あせしてしまうことってありますよね。何度も洗濯して全体の色が徐々にあせるならまだしも、そんなに洗濯しない内に一部分だけ色あせするのは何故でしょうか。

実は、衣服の色あせには複数の原因があり、服の取り扱いに気をつければ、ある程度予防することができます。 そこで今回は、服の色あせ防止法と色あせしてしまった衣服を修復する方法をご紹介します。

スポンサードリンク

衣服が色あせする原因

色あせ防止法をご紹介する前に、そもそも何が原因で服が色あせするのかを見てみましょう。

紫外線

紫外線には、衣服の染料や素材そのものに化学反応を起こす作用があります。本や家具でも、直射日光に長期間当たっていると、日焼けを起こしますよね。

それと同様に衣服が直射日光に当たり続けると、その部分の染料や繊維が変質して色あせしてしまいます。

しかも、紫外線は直射日光だけではなく、床や壁による照り返しや窓越しの光、蛍光灯にも含まれているので、屋外の日陰や屋内の窓際に洋服を吊るし続けるのも良くありません。

人間の汗には水分、塩化ナトリウム、尿素など様々な成分を含まれており、服に汗がついたまま放置すると、これらの成分が衣服の染料を分解してしまいます。

また、汗には衣服の染料の耐久度を落とす効果もあるので、汗がついたままの衣服を干すと紫外線+汗の相乗効果によって著しく変色や色あせが進んでしまいます。

洗剤の種類

洗濯したらお気に入りの服が色あせてしまった!という時は、使用する洗剤の種類が合っていないのかもしれません。

例えば、洗浄力の強い弱アルカリ性の洗剤や蛍光増白剤・漂白剤を配合した洗剤で色の濃い衣服を洗うと色落ちしてしまうことがあります。

防虫剤

衣服をしまうタンスやクローゼットに入れる防虫剤も、間違った使い方をすると変色・色あせの原因になってしまいます。

市販の防虫剤は、成分が気化したガスの効果で防虫するのですが、使用されている成分によって「パラジクロルベンゼン系」「ナフタリン系」「しょうのう系」「ピレスロイド系」4つの種類に大別されます。

洗濯用洗剤に酸素系やアルカリ性の洗剤があってそれぞれ性質や洗浄力が違うように、防虫剤も成分によって防虫効果の強さやどんな素材に向いているのかなどの性質が違うんですね。

そして、この4つの種類の内「パラジクロルベンゼン系」「ナフタリン系」「しょうのう系」の防虫剤を1か所で併用するのはNGです。

この3種類の防虫剤を1つの場所で併用すると、ガス同士が化学反応を起こして、収納している衣服に変色や色あせが起きてしまうことがあるのです。

衣服の色あせを防ぐには?

タンスの引き出し

服の色あせの原因を見た所で、予防法をご紹介しましょう。

着用した服はすぐに洗濯する

汗による色あせと耐久度の低下を防ぐために、着用した服は小まめに洗濯・クリーニングをしましょう。そんなに汚れていないからと洗濯を後回しにしていると、首元や背中、ワキなど特に汗をかきやすい部分が色あせしてしまう可能性が高くなります。

洗濯には中性洗剤かおしゃれ着用洗剤を使う

色の濃い衣服は中性洗剤またはおしゃれ着用洗剤で洗いましょう。また、衣類同士が擦れて色落ちすることもあるので、複数の衣服を同時に洗う際は、ネットに入れて洗うことをおすすめします。

服を裏返して干す

干す時は、着用時に外から見える服の表地が色あせしないよう、裏返して風通しの良い日陰に干しましょう。どうしても日なたに干さなければいけない場合は、なるべく乾いたらすぐに取り込むと紫外線の影響を最小限に抑えられます。

干し終わった服は早めに収納する

洗濯・乾燥させた後の衣服を収納せずに出しっぱなしにしていませんか?紫外線は室内であっても完全に遮断することは難しく、衣服を収納せずに放置していると気づかない内に色あせしてしまいます。

干し終わった服は早めにタンスやクローゼットにしまいましょう。

防虫剤の併用には注意

「パラジクロルベンゼン系」「ナフタリン系」「しょうのう系」の防虫剤を1か所で併用しないようにしましょう。その防虫剤がどの系統であるかは成分表示を見ればわかるので、2つ以上の防虫剤を同時に使う時は必ずチェックしましょう。

スポンサードリンク

色あせた服を元に戻すには?

一度色あせてしまった服の色を修正することはできるのでしょうか?色あせしてしまった衣服を捨てたくない時に取れる手段をご紹介します。

クリーニング店の染め直しサービスを利用する

どうしても以前の状態に戻したいというならプロに頼るのが確実です。クリーニング店の中には、色あせや変色してしまった衣服の染め直しサービスを行っている所があります。

「クリーニング お直し」や「クリーニング 修復」+「地域名」で検索すれば、お住まいの地域でそういったサービスを行っているクリーニング店を見つけることができます。

ただし、修復は手作業になるので、通常、数千円~数万円の費用と数週間近くの時間がかかります。修復を依頼するより、新たに購入しなおした方が早いor安い、という場合もあるかもしれません。

また、素材や色落ちの原因によっては修復が出来ない場合もあるので、依頼する前に店舗に染め直したい衣服を持って行って相談した方が良いでしょう。

染色剤で染め直す

あまりお金をかけずに色を戻したいなら、手芸店やホームセンター、ネット通販で購入できる家庭用染色剤を使って自分で染め直すという方法があります。布用染色ペンというマーカータイプの染色剤もあり、

小さな斑点程度の色落ちならこれで簡単に塗り直しができます。また、衣服全体を染め直す染料も500円前後で購入出来ます。

パッケージに記載されている手順通りにするだけで綿・麻・ウールなどの素材でできた服を染め直すことができますが、次の点には注意が必要です。

  1. 服の一部分だけを染め直すのは難しい(色むらになる可能性が高い)
  2. 元の色と全く同じ色の染料を探すのは難しい
  3. 染料によっては化学繊維(ポリエステルやアクリルなど)が染められないものもある

上記の通り、自分で衣服全体を染め直して以前と全く同じ色に戻すのは非常に難しいです。修復するというよりは、リニューアルするつもりで行った方が良いかもしれませんね。

まとめ

服の色あせには、紫外線や汗、洗剤など様々な原因があります。洗濯や干し方、収納方法に気をつけることで、色あせや変色、シミを防ぐことができます。

一度、色あせしてしまった衣服を元通りに染め直すのは非常に難しく、専門の業者に頼んで修復するのにも費用や時間がかかります。お気に入りの服を長く綺麗に着続けるためにも、日頃から衣服の取り扱いには注意したいですね。

▼関連記事

服についたタバコの臭いを消す裏ワザ

洗濯による色移りや色落ちを防ぐ方法

ジーンズの色落ちしない洗濯のやり方

洗濯物のシワにならない干し方と伸ばし方

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ