靴擦れでできた水ぶくれの対処法!潰す?つぶさない?

足を気にする女性

新しい靴を履いてうきうき出かけていたら、「あれ?足が異様に痛い」なんていう経験はありませんか。靴擦れでできた水ぶくれは本当に痛くて、さっきまでのうきうき気分も吹き飛んでしまいます。

さて、ここで頭をよぎるのは、靴擦れでできた水ぶくれは潰す?つぶさない?という問題です。そこで今回は、靴擦れによる水ぶくれの対処法をご紹介します。

スポンサードリンク

水ぶくれとは?

皮膚が刺激を受けると、内部の細胞が損傷してしまいます。損傷した組織を再生するために血清やたんぱく質が外に出てきたのが水ぶくれです。

水ぶくれの膜は壊死した細胞なので、簡単に破けてしまいますが、外部からの細菌に対してのバリア機能を持っています。

水ぶくれは潰す?つぶさない?

水ぶくれの対処方法としては、実はどちらもアリなんです。昔は、潰す治療が主流だったようですが、最近は、潰さずに保存する方がよいとする治療が主流のようです。

水ぶくれを潰すメリット

水ぶくれの中の水が、皮膚の上の常在菌の繁殖を増やしてしまいます。常在菌は健康なときは、問題ありませんが、傷ついて弱った皮膚には有害となることがあります。

菌を増殖させないために、水ぶくれを潰し、なるべく早く水を抜いてしまうという方法です。

水ぶくれを潰さないメリット

水ぶくれの中の水は、傷の治りを早める働きがあります。水ぶくれを破いたところから細菌が入ってしまい、二次感染を起こす可能性があります化膿したり、跡が残ったりすることもあります。

ポイントは清潔に保つこと

実は、どちらのメリットも菌による害を防ぐために言われていることなんですね。水ぶくれができてしまった患部を清潔に保つことができれば、処置としてはどちらも間違っていないということです。

靴擦れでできた水ぶくれは潰した方が良い

靴擦れ

靴擦れでできた水ぶくれは、皮膚が刺激を受け続ける場所にできています。靴を履かずに過ごせるなら、潰さずに治すこともできますが、靴を履いて歩いていると、知らない間に水ぶくれが破けてしまう可能性が高いのです。

靴の中は通気性が悪いため、湿度や温度が高く雑菌が繁殖しやすい環境が整っています。そんな中で自然と水ぶくれがつぶれてしまい、傷口を長時間そのままにしておくと、そこから雑菌が入ってくる可能性が大きいです。

ですので、靴擦れの水ぶくれは靴を履く前に潰し、きちんと保護しておいた方が雑菌の侵入を防げるのです。

水ぶくれの潰し方

水ぶくれは手でも潰すことができますが、手に付いている雑菌が入り込んでしまう可能性があるのでやめましょう。水ぶくれは針を使って潰します。針はあらかじめ、消毒液やお湯、火で炙るなどして殺菌処理をします。

殺菌した針を水ぶくれに刺して、水を抜きます。水ぶくれの水は、清潔なタオルなどで拭き取ります。水を抜いたら、ガーゼや絆創膏で覆って保護します。こうしておけば、雑菌が繁殖しやすい靴の中でも安心です。

スポンサードリンク

湿潤療法という治し方

傷口の潤いを保つことで新鮮な滲出液を分泌させ、傷の治りを早める方法です。滲出液には皮膚を再生する成分が含まれているので、それを利用しています。方法は水ぶくれを潰した後に薄皮を取り除き、傷口を水道水でキレイに洗い流します。

その後にジョンソン・エン・ジョンソンのキズパワーパッドなどの湿潤療法用の絆創膏を貼ります。傷を乾燥させる必要がないので、靴に覆われることが多い、靴擦れの治療にはぴったりです。

湿潤療法についてはこちらの記事でも紹介していますのでご覧下さい。

切り傷・擦り傷を早く治すラップ療法のやり方と注意点

まとめ

潰れやすい靴擦れでできた水ぶくれは潰すのが一番です。清潔に保って、早くきれいに直しましょう。新しい靴を履くときや、長時間歩くことが分かっているときは、絆創膏や針を持ち歩いていると安心ですね。

対処法が分かれば、もう安心です。新しい靴でもお出かけを楽しんでください。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ