賃貸の鍵を紛失して部屋に入れないときの対処法

鍵

鍵を紛失して部屋に入れない!という状況は突然やってきます。これから家族や同居人が帰ってくるならいいのですが、一人暮らしだと部屋に入ることができません。賃貸物件に住んでいる場合、そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

とりあえず部屋に入るにはどうしたらいいか、そして何をすべきなのかを落ち着いて考えてみましょう。

スポンサードリンク

賃貸で部屋の鍵を紛失、まず何をしたらいい?

外出先から帰宅して部屋の鍵を開けようと思ったとき、もし鍵が紛失していたらパニックになってしまいますよね。まずは慌てず騒がず、カバンなどの持ち物、上着や衣類のポケット、そして玄関の周辺をもう一度探してみましょう。

それでも見当たらなければ通って来たルートを思い起こしてみてください。会社の机に忘れていませんか?駅やトイレ、飲食店、コンビニなどで支払いをする時に落としてしまった可能性もあります。

他にも車やタクシー、自転車などの乗り物に心当たりはありませんか?スマホや財布を取り出す時に、引っかかって落としてしまうことはよくあるので、どこかで支払いをしたり、スマホを取り出したときに落としてはいないか記憶を辿ってみましょう。

駅やタクシー、お店などで落とした場合は誰かが拾って届けてくれていることもあります。電話番号がわかれば、電話をかけて鍵の落し物がないか確認してみてください。それでも見つからなければ、近くの交番に遺失物届を出しましょう。

もしかしたら親切な人が届けてくれているかもしれません。その場で届けがなくても、後からでも戻ってくると安心できるので、面倒でも交番には届けておくことをお勧めします。

ここまでやっても見つからなければ、後は何らかの手段で部屋に入るしかありません。どうやったら部屋に入れるのでしょうか?

賃貸で部屋の鍵を紛失した時に部屋に入る手段とは?

ドアを開ける手

住んでいる賃貸物件の管理会社か大家さんに連絡を取って、スペアキーを借りることができれば問題ありません。管理会社によっては夜間でも対応してくれるケースもあるので、とりあえず電話をかけてみてください。

大家さんが個人宅の場合は昼間なら良いのですが、夜遅い場合は迷惑をかけてしまうので遠慮したほうがいいですね。

ネットカフェや24時間営業の飲食店、またはビジネスホテルなどで一晩過ごして次の日の朝、大家さんに連絡するという方法もありますが、鍵の出張サービスにお願いするのが手っ取り早い方法です。

さて、それではどんな業者に依頼をしたら良いのでしょうか?悪徳業者も増えているようなので、焦る気持ちを抑えて業者選びをしましょう。

まずはHPを見たときに料金や会社の住所、従業員の人数、それにフリーダイヤルなどの記載があるかを確認してください。

鍵業者へ依頼した場合の費用はだいたい基本料金が5,000円〜15,000円くらいで、これに出張料金や深夜なら割増料金がプラスされます。他にも特殊な鍵だと料金が高くなったりもするので、まずは料金の確認をしましょう。

曖昧な金額しか提示しない場合は、後から高額な金額を請求されることもあるので注意をしてください。

24時間対応で全国展開している大手の業者もあるので、少しご紹介しておきます。

  • 鍵のレスキュー フリーダイヤル 0120-3333-99
  • 鍵110番 フリーダイヤル 0120-949-267
  • カギの生活救急車 フリーダイヤル 0120-599-069
  • 鍵のトラブル救急車 通話料無料 0066-968-123-3026
  • カギ開けnavi フリーボイス 0800-805-7784

24時間いつでも出張してくれる業者はとても有り難いですよね!あとは電話の対応や出張費などの料金で業者を選択してください。

スポンサードリンク

紛失した鍵はそのままにしておいても大丈夫?

賃貸の場合は、一般的には鍵の持ち主は大家さんです。部屋を借りている人は、鍵を大家さんから借りていることになります。なので本来は勝手に合鍵を作ったり鍵穴を交換したりすることはできません。

また鍵を紛失したことを報告しないのも「義務違反」になることがあります。鍵には鍵番号があるのでもし勝手に合鍵を作っても、部屋を退去する時には原状回復として割高な費用を請求されることもあります。

鍵をなくしてしまったら、忘れずに大家さんか管理会社に連絡をしてください。また落としてしまった鍵は、悪用される可能性もあるので、大家さんや管理会社との相談の上、早めに鍵穴(シリンダー)を交換したほうが良いでしょう。

費用などの詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

賃貸アパートの鍵を紛失したときにかかる費用は?

まとめ

いざ部屋の鍵を紛失してしまうと、どうしても焦ってしまい冷静な対応ができなくなってしまうので、まずは落ち着いて最善策を考えましょう。

そして無事に部屋に入れたら、シリンダーの交換などについて大家さんや管理会社と相談するのを忘れないでくださいね。何かと物騒な世の中なので犯罪を未然に防ぐためにも、鍵を紛失した後のフォローをしっかりしておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ