男が女性ホルモンを増やす方法?薄毛に効果ある?

薄毛

女性ホルモンには肌の調子を良くしたり、体毛を薄く、髪の毛を生やしたりする効果が認められています。最近は、美容への意識が高い男性や、薄毛を気にする男性の中には女性ホルモンを増やしたいと考えている方が増えてきています。

そこで今回は、男性が女性ホルモンを増やす方法とその効果についてご紹介します。

スポンサードリンク

女性ホルモン、エストロゲン

女性ホルモンは医学的にはエストロゲンと呼ばれる「女性らしさを作るホルモン」です。バストアップや月経の働き、脂肪の代謝を抑え柔らかな体つきにしたり、きめ細やかな肌を作るのもこのホルモンが関わっています。

体毛を薄くし、頭髪の成長にも関与しています。女性の方が髪の毛が伸びやすいのはエストロゲンが多くあるためです。女性も更年期以降はエストロゲンが減少するため、髪の毛が伸びにくくなってきます。

手っ取り早い方法は「ホルモン注射」や「女性ホルモン剤」の服用

ホルモン注射

本来、更年期などで減少した女性ホルモンを補う目的で使用されるものであり、大量の女性ホルモンを摂取できます。

ホルモン注射

「ペラニン」や「ルテス」といった女性ホルモン剤を注射します。効果を得るには何回も打つ必要があるところが面倒なところです。回数を重ねると金額もそれなりにかかってしまいます。

女性ホルモン剤

「プレマリン」や「エストロモン」といった薬が代表的です。基本的には産婦人科でされるものですが、ネットの個人輸入でも購入できます。

ホルモン注射や薬の副作用

女性ホルモンを注射や薬で大量に摂取すると、声が高くなる、胸がふくらむなど体が丸みを帯びて体が女性化していきます。また、性欲の衰えや体力の低下がみられ、ひどいときには、うつ症状が出てしまう可能性もあります。

女性ホルモンは、抜け毛の原因である男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)の活動を抑えますが、注射や薬で大量に摂取するとメリットよりも副作用のデメリットの方が大きく影響してしまいます。

抜け毛の改善ができたとしても健康を害してしまっては、意味がありません。

スポンサードリンク

食事から女性ホルモンを補おう

注射や薬で強引に女性ホルモンを増やさなくでも、普段の食事で女性ホルモンを補うことができます。おすすめ食材は大豆です。大豆には「イソフラボン」というは女性ホルモンと似た働きをする成分が豊富に含まれています。

イソフラボンは植物エストロゲンとも呼ばれ、摂取すると女性ホルモンが活発化し、抜け毛ホルモンのDHTの活動を阻害します。大豆を食べると発毛に必要なタンパク質を補うことができるので、一石二鳥です。

イソフラボンはヒトのエストロゲンと比べると効果は弱いので、摂りすぎによる副作用の報告はありませんので、安心して摂ることができます。

さらに生活習慣を改善して女性ホルモンを増やしましょう

バランスの取れた食事

女性ホルモンは、コレステロールから作られています。そのため、ダイエットなどで脂質を制限した食事をしていると、女性ホルモンの量も減ってしまいます。

また、性ホルモンの分泌には体内時計が強く関わっていますので、しっかりと睡眠を取りましょう。バランスのとれた食事と規則正しい生活が女性ホルモンを増やすポイントです。

男性ホルモンが増えないようにすることも大切

男性の体にも女性ホルモンは存在しています。男性ホルモンの量が減れば、必然的に女性ホルモンの割合が大きくなります。そうすると薄毛の改善も期待できます。

肉類やニンニク、山芋などは男性ホルモンの分泌を促すので摂りすぎに注意しましょう。また、筋力トレーニングなども男性ホルモンを増やす行動なので、薄毛が気になる方はやりすぎないようにしてください。

まとめ

女性ホルモンを増やすことは、薄毛に効果的と言えることが分かりました。ここで大切なのは、女性ホルモンの増やし方です。ホルモン注射やホルモン剤で無理やり増やしてしまうと、体が女性化してしまうばかりか、健康を損なうリスクもあります。

薄毛が改善されたとしても体調を崩しては意味がありません。バランスのとれた食事や規則正しい睡眠を心がけながら、積極的に大豆製品を食べましょう。健康的に脱・薄毛を目指してくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ