枕やマットレスの低反発と高反発の違い!あなたが選ぶべきはこっち

低反発

睡眠の質を高めるためには寝具選びが重要ですよね。寝具を選ぶ際のポイントとして「素材」がありますが、「低反発の寝具」と「高反発の寝具」ではどちらがより眠りやすいのでしょうか。

この2つ、名前から真逆の性質があるのかなーぐらいで、具体的な違いを知らないという方も多いでしょう。そうなると、実際の寝具選びの時に、どちらが自分に合っているのかわからなくて困りますよね。

そこで今回は、「低反発の寝具」と「高反発の寝具」の長所・短所と、それぞれどんな人に向いているのかをご紹介します。

スポンサードリンク

低反発寝具の特徴

低反発寝具は「低反発ウレタン」と呼ばれる素材で出来ています。この素材は、圧力がかかるとゆっくりと変形し、圧力から解放されるとゆっくりと元の形に戻るという性質を持ちます。

そんな低反発ウレタンを利用した寝具にはどんな長所と短所があるのか、見てみましょう。

長所

寝心地が良い

低反発素材の寝具の良さはなんと言っても、柔らかく寝心地が良い点です。硬い床に仰向けに寝ると、肩甲骨やお尻、後頭部などの出っ張っている部分に圧力が集中して痛いですよね。

でも、低反発素材なら圧力に合わせて寝具が沈み込むので、体にかかる圧力が体全体に均一に分散されます。更に、包まれているようなフィット感も味わえるのでとっても寝心地が良いんです。

短所

寝返りが打ちづらい

「腰痛持ちの方が低反発素材のマットレスで眠ったら、翌朝、腰痛が酷くなった」という話を聞いたことはありませんか?これは、低反発ウレタンの特徴である沈み込むような柔らかさのために寝返りが打ちにくくなってしまったためです。

寝返りには、体の血やリンパの流れを良くし、姿勢を変えることで同じ個所への負担を減らすという大事な役割があります。このため寝返りの回数が減ってしまうと肩や腰に余計な負担をかけてしまう恐れがあります。

通気性が低く蒸れやすい

低反発ウレタンは、通気性が低く湿気の影響を受けやすい素材です。そのため、低反発の寝具で寝ると蒸れて眠りにくい、と感じる方もいるようです。

特に汗をかきやすい夏場は吸水性の良いシーツや吸湿パッドなどを使わないと、熱や湿気がこもって眠りにくいこともあります。

へたりやすい

低反発素材の寝具は、柔らかく変形しやすいため、へたりやすいという欠点があります。寝具がへたっても、目に見えて壊れるわけではないので使い続けることはできますが、寝心地が悪くなったり、体に負担がかかりやすくなったりします。

そうなると睡眠の質が低下して、「寝ても寝ても疲れが取れない・・・」なんて事態になるかもしれないので、できれば早めに交換した方が良いでしょう。

そうなると、低反発素材の寝具はへたりやすい=寿命が短いので、お財布には少し厳しいかもしれませんね。

高反発の特徴

低反発表示

実は一口に高反発素材といっても、明確な基準があるわけではありません。そのため、メーカーやブランドによって使われている素材は様々です。

主に「高ウレタン素材」か「高反発網目繊維構造素材」が使われているものが高反発寝具として売られていますが、商品ごとに寝心地やお値段が全然違います。

一般的に高反発素材と呼ばれているものは、低反発ウレタンより反発力が強く、圧力がかかって変形してもすぐに元に戻る点が特徴です。そんな高反発素材を利用した寝具にはどんな長所と短所があるのか、見てみましょう。

長所

寝返りを打ちやすい。

高反発素材の寝具は、低反発の寝具に比べると体が沈み込み過ぎず、寝返りをうちやすい状態を保ってくれるという特徴があります。

上にも書いた通り、寝返りの回数が少ないと肩こりや腰痛を悪化させる恐れがあるので、寝具を選ぶのに寝返りを打ちやすいかどうかは大事な点になるのでしっかり確認してくださいね。

ただし、高反発素材の寝具でも、使われている素材や構造によって硬さや反発力は違ってきます。あくまで「低反発素材に比べて硬さがあり、反発力がある」というぐらいで、あまりはっきり決まっていないんですね。

短所

寝心地が悪い

高反発素材の寝具は反発力が強いので、低反発ほど沈み込むような感触はありません。そのため、低反発の寝具になれている方だと寝心地が悪いように感じるかもしれません。

スポンサードリンク

高反発の寝具と低反発の寝具、どちらを選べば良いの?

ここまで見てきた通り、高反発素材の寝具にも低反発素材の寝具にも長所・短所があるのでどちらが良いとは言いにくいですね。ただ、長所・短所からどんな人に向いているのかという傾向はあるので、まとめてみました。

低反発の寝具が向いている人

  • 寝つきが悪い人
  • 寝相が悪い人

低反発の寝具を使うメリットはやっぱりその寝心地の良さです。「寝具の硬さが気になってなかなか眠れない」という方にはうってつけと言えます。

また、寝返りを打ちにくいという点から「自分の寝相の悪さが気になる」という方にも向いているかもしれません。

高反発の寝具が向いている人

  • 肩こりや腰痛で悩んでいる人
  • 睡眠時の蒸し暑さが気になる方や汗かきの方

低反発の寝具の短所の影響を特に受けやすい方は、高反発素材の寝具を選んだ方が良いと言えます。そういう意味で、肩こりや腰痛持ちの方、汗っかきの方は、低反発ウレタンの寝具より高反発素材の寝具の方が向いていると言えるでしょう。

寝具を選ぶときは素材以外の商品情報や口コミもチェック!

ここまで、低反発の寝具と高反発の寝具の特徴をご紹介してきました。ただ、同じ素材を使っている寝具でも、素材の比率や構造が違うと硬さや寝心地も変わってきます。

実物に触れて確認出来たら一番良いのですが、通販で購入する場合はそうもいきませんよね。そんな時は、素材以外の商品情報や口コミも一緒に確かめて、色々な商品を比較しながら選ぶことをおすすめします。

また、現在自分が使っている寝具の素材・柔らかさ・素材の密度などの数値がわかれば、それと比較すると硬さや寝心地が想像しやすいかもしれません。

まとめ

低反発の寝具は、寝心地が良いという長所があるけれど、寝返りが打ちにくい・蒸れやすい・へたりやすいという欠点があります。一方、高反発の寝具は、寝返りが打ちやすいという長所があるけれど、寝心地が硬いという欠点があります。

どちらも一長一短があるので、自分がどんな寝具がほしいかを考えて選ぶのが大事ですね。また、メーカーやブランドによって寝心地も変わってくるので、口コミや商品情報のチェックも忘れずに!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ