宅配便の料金で安いのはどこ?クロネコ、佐川、ゆうパックなど

宅配荷物

宅配便で荷物を送る時、どのサービスを使えば料金が安くなるのか悩んだことはありませんか?宅配サービスを行っているところは、クロネコヤマト、佐川、ゆうパックなど色々ありますが、どこが安くなるのかというのは瞬時に判断しにくいですよね。

そこで今回は、宅配便の料金の決まり方といった基本的なことから、一番料金が安い宅配サービスを瞬時に調べる方法までご紹介します。

スポンサードリンク

宅配便の料金の決まり方

どの宅配サービスが一番安いかを比較する前に、基礎知識として宅配便の料金がどのように決まるかを見てみましょう。

宅配便の料金は「サイズ」と「重量」と「距離」で決まる

宅配サービスによっても違いますが、基本的に宅配便の料金は送付する荷物の「サイズ」「重量」「距離」で変わってきます。

通常、荷物のサイズ(箱ならば縦横高さの合計)によって60サイズ、80サイズ、100サイズ……と料金が分けられており、サイズが大きくなると料金も高くなるように設定されています。

また、同じサイズの荷物でも、重さが規定値を超えると上のサイズとして扱われたり、送付元と送付先の距離が離れるほど料金が高くなることが多いです。

宅配サービスごとに料金が安くなる荷物・高くなる荷物が違う

宅配便の料金は「サイズ」と「重量」と「距離」で決まりますが、どんな荷物だと他社に比べて安く運んでもらえるかは宅配サービスによって違います。

例えば、ゆうパックでは「サイズによって値段が変わるけれど、30kgまでは同じ値段」で運んでもらえます。

荷物の重量が2kgを超えると料金が高くなるクロネコヤマトや佐川急便と比較すると、30kg以下のそこそこ重い荷物を送りたい時はゆうパックを利用した方が安くなることが多い、ということになりますね。

宅配サービスの料金比較

荷物の大きさ

ここまで書いた通り、その時送る荷物の「サイズ」と「重量」と「距離」によってどの宅配サービスを利用すれば一番安くなるのかが変わってきます。例として、東京から関西へ荷物を送る時の料金を比較してみましょう。

東京から関西へ荷物を送る時の料金表(単位:円)

クロネコヤマト(宅急便)

60サイズ2kg以下:1,015
80サイズ5kg以下:1,231
100サイズ10kg以下:1,469
120サイズ15kg以下:1,685
140サイズ20kg以下:1,922
160サイズ25kg以下:2,138

※サイズまたは重量のうち、より大きい方のサイズの扱いになります。
例:60サイズ11kgの荷物の料金:1,685

利用できる割引

  1. 複数個割引:100円/個
  2. 持込割引:100円/個(クロネコメンバーズなら更に50円割引)
  3. デジタル割:50円/個
  4. 宅急便センター受け取りサービス:54円
  5. クロネコメンバー割orクロネコメンバーBIG割(電子マネー利用):10% or 15%

クロネコヤマトは、2017年10月1日に値上げしたため、佐川急便に比べると同サイズの基本料金が割高となっています。

ただ、佐川急便に比べて個人でも利用できる割引がいくつか用意されているので、それらを同時に活用すれば佐川急便と同額かそれより安い料金で利用できる場合もあります。

佐川急便(飛脚宅配便)

60サイズ2kg以下:864
80サイズ5kg以下:1,134
100サイズ10kg以下:1,404
140サイズ20kg以下:1,674
160サイズ30kg以下:1,944

※重量が規定値より超えた場合は、重量の料金が適用されます。
例:60サイズ11kgの荷物の料金:1,674

利用できる割引

  1. 持込割引:100円/個
  2. 数量割引:10%~30%(1回に送る荷物の個数が11個以上で適用)

佐川急便は、個人で利用できる割引は少ないですが、基本料金はクロネコヤマトより安く抑えられます。

ゆうパック ※全て30kgまで同料金

60サイズ:840
80サイズ:1,070
100サイズ:1,280
120サイズ:1,500
140サイズ:1,720
160サイズ:1,930
170サイズ:2,250

利用できる割引

  1. 持込割引:120円/個
  2. 同一あて先割引:60円/個(複数口割引との併用不可)
  3. 複数口割引:60円/個(同一あて先割引との併用不可)

ゆうパックの最大の特徴は、先に紹介した通り「30kgまでは重量に関係なく同じ値段で送れる」という点です。

クロネコヤマトや佐川急便では基本料金が1,600円を超えてしまう60サイズ11kgの荷物もゆうパックなら840円で送れるので、同サイズで重い物を送るならゆうパックが圧倒的に安くなります。

スポンサードリンク

一番安い宅配サービスを瞬時に調べる方法

上では例として3社の料金を比較しましたが、毎回こんな風に、自分で各配送サービスの料金を調べて比較するのは大変ですよね。実は、もっと簡単に一番安い宅配サービスを調べられるとても方法があるんです!

配送料金比較サイトを利用する

一番安い宅配サービスを調べられるとても簡単な方法というのは、ズバリ宅配便の配送料金比較サイトを利用することです。

送りたい荷物の3辺の長さや重さ、差出地とあて先を入力するだけで瞬時に各社の料金を比較してくれるので、非常に便利です。 代表的な配送料金比較サイトとして、以下のようなサイトがあります。

サイトによって比較できる配送会社やサービスが異なるので、自分がよく使う配送会社がチェックできるサイトを探しておきましょう。

送料の虎
https://www.shipping.jp/

運び方.com
http://www.hakobikata.com/

まとめ

宅配料金は、荷物の「サイズ」「重量」そして「距離」によって料金が変わってきます。しかも、配送サービスごとに料金体系や割引が違うので、一概にどこが一番安いとは言えず、条件ごとに各社の料金を比較する必要があります。

料金比較の際に心強い味方となるのが、配送料金比較サイトです。条件を入力するだけで瞬時に各社の配送料が見られるので、荷物を送る際は是非、活用して最適な宅配サービスを選んでくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ