シルバーアクセサリーの黒ずみの落とし方

シルバーアクセサリー

女性でも男性でも、シーンを選ばずに身に着けることができるシルバーアクセサリー。 シルバーアクセサリーは高価なブランド物ばかりではありません。露店で売っているような値段の安い物でも、可愛いデザインの物がたくさんありますよね。

その日に着る洋服に合わせて、久々にあのアクセサリーを着けようかな。ところが、買った時のような輝きがなく、黒ずんでしまっていた!よくありますよね。

気に入ったデザインや、プレゼントで貰ったものなど、思い入れがあるアクセサリーが黒ずんでしまうと、本当にがっかりします。

今回は、シルバーアクセサリーの黒ずみを落とす方法をご紹介します。

スポンサードリンク

どうして黒ずんでしまうの?

まず、シルバーアクセサリーには、純銀のものと、純銀でないものがあることを知っておきましょう。シルバーの純度は数字で表します。1000は、純銀です。950、925などは、95.0%、92.5%が銀で、他に不純物が含まれているという意味です。

不純物として何の金属を使っていようと、銀の量だけを数字で表します。シルバーアクセサリーが黒ずんでしまう原因として考えられるのは、次の2つです。

銀の硫化や塩化

銀には、酸化しにくい性質があります。酸化しにくいなら黒ずむことはなさそうに思えますが、硫化したり塩化したりして黒ずむことがあります。

化粧品や人の体に含まれている硫黄、空気中に含まれている硫化水素と反応して黒ずんでしまうのが、硫化です。

また、アクセサリーを着けたまま水仕事をした時などに、水に含まれる塩素と反応して黒ずんでしまうのが、塩化です。硫化や塩化による黒ずみは、シルバーアクセサリーならではの味であるという考え方もあります。

銀以外の不純物の酸化

銀は柔らかくて加工しずらい性質があるため、アクセサリーは950、925といった純銀製でない場合の方が多いです。純銀製でない場合、アクセサリーに含まれる不純物が酸化して黒ずんでしまうことがあります。

黒ずみの落とし方

アルミホイル

アルミホイルを使って、簡単に黒ずみを落とすことができます。

用意するもの

耐熱の容器、アルミホイル、重曹、熱湯

手順
  1. 耐熱容器の内側にアルミホイルを敷きつめます
  2. アルミホイルの上に、シルバーアクセサリーを置きます
  3. 重曹を振りかけます
  4. シルバーアクセサリー全体が浸るくらいまで、熱湯を注ぎます
  5. ブクブクと音を立てて化学反応するので、少し待ちます
  6. 最後に水洗いして、よく乾かします

ブクブクと音を立てて煙を出しながら反応するので、ちょっとビックリすると思いますが、体に悪い成分は何も発生していないので安心してください。アルミニウムと重曹に熱湯をかけると化学反応して水素が発生します。

水素は酸素と仲が良いので、酸化したシルバーから酸素を奪ってくれます。それでシルバーがよみがえるという原理です。

スポンサードリンク

磨くとよりピカピカに

アルミホイルと重曹を使った方法で黒ずみを落とすことはできますが、ピカピカに光らせるとなると、仕上げに専用のクロスで磨く必要があります。ダイソーに「ピカピカみがきクロス」という貴金属を磨くためのクロスが売っています。

薄手のクロスですが、少量のシルバーアクセサリーなら十分です。磨きたいアクセサリーがたくさんある場合は、アクセサリーショップで厚みのあるクロスが500円くらいで売っていますので、そちらをオススメします。

まとめ

いかがでしょうか。黒ずんで身に付けられなくなったシルバーアクセサリーがあったら、この方法を使ってピカピカに復活させてみて下さいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ