テフロン加工フライパンの寿命が延びる正しい使い方

テフロン加工フライパン

テフロン加工のフライパンは、買った当初は軽くて料理がくっつきにくくて非常に使いやすいですよね。ところが、使っているうちに徐々に料理が焦げ付いたり、くっつきやすくなるのが泣き所です。

そんなテフロン加工のフライパンを、少しでも長く使うために必要な正しい使い方をご紹介します。

スポンサードリンク

そもそもテフロン加工フライパンってどんなもの?

そもそもテフロン加工のフライパンってどんなフライパンかご存知でしょうか?鉄製やステンレス製のフライパンと違って寿命が短めなのは何故でしょうか。

使い方をご紹介する前に、テフロン加工のフライパンがどんなものかとその弱点について軽くご説明します。

アルミ製のフライパンをフッ素樹脂でコーティングしたもの

一般的に出回っているテフロン加工フライパンのほとんどは「アルミ製のフライパンの表面をフッ素樹脂でコーティングしたフライパン」です。

アルミのフライパンは熱伝導率が良く、軽くて安いという調理器具として使うのに非常にありがた~い性質を持ちますが「焼いたものがくっつきやすい」という欠点があります。

その欠点を補うべく、表面をフッ素樹脂でコーティングしたのがテフロン加工フライパンです。フッ素樹脂には、耐熱性があり、ツルツルしていて物がくっつきにくいという特徴があるので調理器具を加工する素材として使うのにうってつけです。

ちなみに、「テフロン加工」と「フッ素樹脂加工」はほとんど同じものです。「テフロン」はアメリカのデュポン社が開発したフッ素樹脂に使われる名称で、いわばフッ素樹脂の中の一ブランドだったのですね。

テフロン加工フライパンの弱点とは?~寿命が短い原因~

テフロン加工フライパンは、上記の通り、アルミの熱伝導率の良さ、軽さ、安さとフッ素加工樹脂のくっつきにくさを兼ね備えた使いやすいフライパンですが、残念ながらいくつか弱点があります。

  • テフロン加工が剥がれやすい
  • テフロン加工が傷つきやすい

アルミの上にフッ素樹脂を被せたものなので、扱い方を間違えるとフッ素樹脂がアルミから剥がれ落ちてしまいます。また、フッ素樹脂は柔らかいので傷つきやすいという欠点もあります。

使用しているうちに表面のフッ素樹脂のコーディングが剥がれたり傷ついたりしてなくなってしまうと、下のアルミが直接食材と触れ合うので、物がくっつきやすくなってしまいます。

その辺りが鉄製やステンレス製のフライパンとは違って時間が経つと使い心地が悪くなってしまう原因になります。

テフロン加工フライパンの正しい使い方

非金属製のフライパン返し

テフロン加工のフライパンは間違った使い方をしていると、早々に表面のテフロン加工が取れてしまいます。でも、正しい使い方を意識すれば2~5年ぐらい使い続けることも可能です。

テフロン加工フライパンを少しでも長持ちさせるために、次の6つのことを意識してみてください。

強火で調理しない

テフロン加工フライパンで調理する時、強火にするのは厳禁です。テフロン(フッ素樹脂)は最大260℃までの熱に耐えられますが、熱伝導率の良いアルミ製のフライパンを強火で加熱すると簡単に260℃を超えてしまいます。

テフロン加工のフライパンで調理をする時は、中火以下で調理をしましょう。

長時間空焚きしない

フライパンに材料を入れる前に余熱をすると思いますが、中火で1分~1分半以内にしておきましょう。アルミ製のフライパンは温度が上がりやすいので、余熱のし過ぎや煙が出るほどの空焚きもテフロン加工を傷める原因になってしまいます。

非金属製のヘラや菜箸を使う

テフロン(フッ素樹脂)は、柔らかく傷つきやすい素材です。

時々、「金属ヘラOK」という表記があるテフロン加工のフライパンもありますが、なるべくテフロン加工を傷つけない為にも、フライパンと一緒に使うヘラや菜箸は非金属製(シリコン製や木製)のものを選びましょう。

調理した後の料理を入れっぱなしにしない

作った後の料理を皿に移さず、そのままフライパンや鍋に入れて保存しておきたい時もありますよね。でも、テフロン加工のフライパンで長時間、料理をいれっぱなしにしておくのはNGです。

長時間料理を置きっぱなしにしていると、料理に含まれる水分や油分などがテフロン加工に浸透し、最終的にアルミの部分にまでたどり着きます。

そうなると、アルミとテフロン加工の間の部分で錆や雑菌が発生し、コーティングが剥がれやすくなってしまいます。調理が終わったら、できるだけ早くお皿に移すようにしましょう。

スポンサードリンク

洗う時はフライパンの温度が下がってから水を入れる

テフロン加工のフライパンで調理をした後、洗うためにすぐに水を入れて冷ましていませんか?調理直後の温度が高い状態から一気に温度を下げてしまうのも、テフロン加工には良くありません。

調理後は時間をおき、フライパンの温度が下がってから水をいれて洗いましょう。

柔らかいスポンジ(研磨剤なし)と中性洗剤で洗う

洗う時は、柔らかいスポンジと中性洗剤を使用します。 テフロン加工を傷つけないためにも、金属製のたわしや亀の子たわしで洗うのは避けましょう。

ただし、柔らかいスポンジを選ぶ際は、テフロン加工を傷つけてしまう研磨剤(研磨粒子)入りのスポンジを選ばないように気をつけてくださいね。研磨剤入りスポンジの場合は、パッケージの品質表示部分に「研磨粒子入り」と書いてあります。

スポンジの見た目だけでは判別できないことが多いので、購入時に必ず品質表示部分を確認しましょう。

まとめ

テフロン加工のフライパンを長く使うためには、表面をコーティングしているテフロン(フッ素樹脂)を傷つけない・剥がさないように気をつけることが大事です。最後にもう一度テフロン加工のフライパンの正しい使い方を振り返ってみましょう。

  1. 強火で調理しない
  2. 長時間空焚きしない
  3. 非金属製のヘラや菜箸を使う
  4. 調理した後の料理を入れっぱなしにしない
  5. 洗う時はフライパンの温度が下がってから水を入れる
  6. 柔らかいスポンジ(研磨剤なし)と中性洗剤で洗う

テフロン加工のフライパンが長持ちしないと感じている方は、是非この6つの使い方を実践してみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ