電池のアルカリとマンガンの違いと使い分け

電池

「アルカリ電池」と「マンガン電池」。どちらも「乾電池」の種類で、見た目にはあまり違いがありません。でも、この2つにはそれぞれ得意・不得意があるので、違いを知らず使っていると少しだけ損をしているかも?

そこで今回は、アルカリ電池とマンガン電池の違いと2つの使い分け方についてご紹介します。

スポンサードリンク

アルカリ電池とマンガン電池の違い

見た目がほとんど同じアルカリ電池とマンガン電池ですが、その内部には意外な違いがあります。

アルカリ電池とマンガン電池では電解液が違う

アルカリとマンガンの一番の大きな違いは使われている「電解液」が違う点です。電解液とは、発生した電気の通り道となる役目をしている液体です。

+-逆に装填してしまった乾電池やしばらく使わないで放置していた乾電池から液体が漏れてきたことはありませんか?あの液体が電解液です。

アルカリ電池では、電解液に強アルカリ性の水酸化カリウムが、マンガン電池では弱酸性の塩化亜鉛や塩化アンモニウムが使われています。アルカリ電池の「アルカリ」はこの電解液がアルカリ性なところから来ているんですね。

ちなみに、電解質以外に使われている材料は同じで、どちらもプラス極に「二酸化マンガン」、マイナス極に「亜鉛」が使われています。ただし、使われている材料が同じでも配合量や内部の作りに違いがあります。

アルカリ電池とマンガン電池、外観は同じでも中はかなり違いがあるようです。

アルカリ電池とマンガン電池の特徴と使い分け方

懐中電灯

アルカリ電池とマンガン電池、それぞれの特徴とどんな機器に使用するのに向いているのかをご紹介していきます。

アルカリ電池の特徴

  1. パワー・容量がある
  2. 長持ち
  3. 大電流を必要とする機器に向いている

アルカリ電池は、マンガン電池よりもパワーも容量も大きく、一度に大量の電流を流したり、長時間連続使用できたりするという特徴があります。

アルカリ電池が向いている機器

  • LED懐中電灯
  • ICレコーダー
  • ミニ四駆のようなモーターを使用している玩具
  • ワイヤレスヘッドホン
  • CD・MDプレーヤーのような音楽プレーヤー
  • ガスコンロの点火用

音楽プレーヤーやICレコーダーのような「数十分から数時間連続使用する必要がある機器」やラジコンやミニ四駆のようなモーターを使用していて、「一度に大きな電力が必要な機器」などはアルカリ電池の方が向いています。

懐中電灯も、LED式のような強力な光量のものは、使う時に必要な電力量も大きいのでアルカリ電池にした方が良いでしょう。

スポンサードリンク

マンガン電池の特徴

  1. 小さな電流で動く機器に向いている
  2. 休ませると少し電圧が回復する

マンガン電池は、アルカリ電池に比べてパワーも容量も小さめですが、小さな電流を安定して流すのは得意です。また、休ませると少しだけ電圧が回復するという特徴もあるので、長期間休み休み使う、という使い方をすると電力が長持ちします。

マンガン電池が向いている機器

  • TVのリモコン
  • 時計
  • タイマー
  • インターフォン
  • 懐中電灯

マンガン電池は、TVのリモコンやタイマー、インターフォンのような「必要な時だけ短時間使用する機器」や時計のような「常に少ない電力で動く機器」に使うのに向いています。

ただし、時計の中でも電波時計のような多機能なものでは、説明書でアルカリ電池の使用が推奨されている事があります。その場合は、アルカリ電池を使用しましょう。

アルカリとマンガンは同時に使っても良い?

「電池が2本必要なのに手元にアルカリ電池とマンガン電池が1本ずつしかない」という時は、別々の種類の電池を一緒に使いたくなるかもしれません。でも、アルカリ電池とマンガン電池の併用はNGです。

電池の消耗が早くなってしまうばかりか、機器が故障したり、液漏れしてしまったりするので絶対に止めましょう。

まとめ

アルカリ電池とマンガン電池にはそれぞれ特徴があります。アルカリ電池は大きな電力が必要な機器や長時間連続使用する機器に、マンガン電池は小さな電力で長期間動く機器や時々しか使用しない機器に向いています。

用途に合わせて使い分けると、電池が長持ちしやすいので今後は是非意識して使い分けてみてください。

▼関連記事

乾電池の液漏れの掃除方法と注意点

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ