新札に両替する方法!土日や急ぎの場合はどうする?

新札

新札が必要なのに、ついつい準備するのを忘れてしまった!なんて方はいませんか?仕事で銀行の窓口が開いている時間に行けないため、どうしよう…と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

今回は、そんな新札の準備に悩んでいる方に向けて新札へ両替する方法と、もし土日や急ぎで新札が欲しいときにはどうしたらよいのかをご紹介します。

スポンサードリンク

新札に両替する方法はこちら!

銀行の窓口

新札を手に入れる1番確実な方法が、銀行の窓口へ行き新札に両替してもらう方法です。銀行へ行くと両替用紙があるのでその用紙を記入し、窓口へ提出するときに新札に両替して欲しい旨伝えるか、備考欄に「新札」と記入をしておきましょう。

枚数によっては両替に手数料が発生する銀行もありますが、ご祝儀として必要な枚数程度であれば、無料でやってくれるところがほとんどです。

銀行の窓口を利用する場合、基本的には平日15時までしか窓口が開いておらず、土日は対応していないため注意が必要です。

両替用ATM

大きな銀行であれば、両替専用のATMが設置されています。本来は飲食店の方などが両替する際に使用しますが、窓口が混んでいる時にはこちらを利用するとよいでしょう。

両替用ATMも窓口と同様に平日15時までして利用できませんので注意してください。

郵便局の窓口

元々、郵便局の窓口では新札への両替は行っていませんでしたが、最近は新札への両替サービスを行っている郵便局が増えてきました。ただし、両替サービスを行っていない郵便局もあるので、前もって確認しておくと良いでしょう。

大きい郵便局であれば平日でも19時まで、さらに土曜も窓口が開いているところもあるので、銀行の窓口に行けない方にはオススメです。

土日や急ぎの場合はどうしたらいい?

新札の準備

大きな郵便局であれば土曜でも新札に両替してもらうことが出来ますが、時間も限られていますし近くに大きな郵便局がないという方もいます。その場合、どのようにして新札を両替したらよいのでしょうか。

結婚式場やホテルのフロント

最近は、結婚式場やホテルのフロントで新札への両替サービスをしているところがほとんどです。新札を用意し忘れた方のために、ある程度の新札が用意されています。

ただし、会場によっては両替出来ない場合や枚数にも限りがあるので、事前に電話をしておくとよいでしょう。

スポンサードリンク

デパートや百貨店

デパートや百貨店によっては、ご祝儀袋を購入した方に対して新札への両替をサービスとして実施しているところもあります。ご祝儀袋を購入した際に、店員さんに確認してみましょう。

アイロンがけ

新札に両替するのが困難な場合は、持っているお札にアイロンをかけ新札のような状態にする方法があります。

なるべくキレイなお札を選び、湿らせたタオルにお札を挟むか、もしくは霧吹きなどで水をかけて少しお札を湿らせたら、低音設定のアイロンでゆっくりとシワを伸ばすようにすれば、新札同様の状態になります。

もし、スチームアイロンがあれば、スチーム機能を使用してアイロンがけしてもよいでしょう。アイロンがけをするときは、ホログラムの部分が熱に弱いので注意してください。

まとめ

今回は、新札に両替する方法についてご紹介しました。新札に両替するためには銀行の窓口へ行くのが1番確実ですが、それが難しい場合は結婚式場やホテルのフロント、デパートや百貨店の両替サービスを是非利用してみてください。

もし、両替サービスを利用できないのであれば、最終手段としてアイロンがけをして対応するようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ