セーターやニットの毛玉の取り方!おすすめはブラシ?

ニット

セーターやニットなどを着ていると、どんなに大切に扱っていても出てきてしまうのが“毛玉”です。服に毛玉が付いていると見た目がみっともないですし、気になりますよね。何とかして毛玉を取りたい!と思っている方はきっと多いはずです。

そこで、今回は毛玉が気になっている方に向けて毛玉の取り方についてご紹介します。

スポンサードリンク

なぜ毛玉は出来るの?

そもそもなぜ毛玉が出来るのかと言うと、1番の原因は摩擦です。衣服の表面が擦れることによって、織り込まれていた繊維が毛羽立ち外へ出てしまいます。そこに更に摩擦や静電気が発生することで繊維が絡み合って毛玉が作られるのです。

歩いている時に腕が振れて発生する摩擦や、カバンが当たって擦れることでも毛玉は出来てしまうので、毛玉の発生を防ぐのはなかなか難しいですよね。

衣服の素材によって毛玉の出来やすさに違いがあり、綿や麻、シルクといった天然素材を使った衣服は繊維の目が細かくて摩擦に強いため、毛玉は発生しにくいです。

逆に化学繊維や毛などを使った衣服は繊維が粗いため、毛玉が出来やすくなってしまいます。特にセーターやニットなど冬物の衣服は表面に繊維が元々出ており、さらに冬場は静電気が発生しやすいため、より毛玉が出来やすくなります。

セーターやニットなど毛玉の取り方

毛玉取り

セーターやニット、スウェットなど厚手の衣服に毛玉が出来てしまったら、どのような方法で取り除けばよいのでしょうか。基本的に、セーターやニットなどに限らずどんな衣服でも手玉の取り方は同じです。

適切な方法で手玉を取り除けば衣服が痛むこともありませんので、無理矢理毛玉を取り除こうとしないようにしてくださいね。

オススメの毛玉の取り方はこちらです。

小さいハサミ

眉毛を整える時に使用するような小さいハサミで毛玉を一つずつ取り除いていく方法です。衣服を痛める心配がほとんど無いことがメリットではありますが、一つずつ毛玉を切っていくため、量が多い場合は少し大変かもしれません。

毛玉取りブラシ

その名の通り、毛玉を取り除くためのブラシです。そのため、衣服の繊維にやさしい素材を使用しているので衣服へのダメージはほとんどありません。

また、刃物ではないため衣服を誤って切ってしまうなんてこともありませんが、雑にブラシをかけると衣服が伸びてしまう可能性があるので、ブラシをかけるときには丁寧に扱うようにしてください。

コジット クリーニング屋さんの毛玉とりブラシ

コジット クリーニング屋さんの毛玉とりブラシ

1,186円(11/20 13:38時点)
Amazonの情報を掲載しています

毛玉取り機

毛玉を取り除くための機器です。何よりも短時間で多くの毛玉を取り除けるのが最大のメリットです。高価なものだと数千円程度の値段がしますが、最近では100均でも購入することが出来ます。

効率よく毛玉を取り除くことが出来るのですが、使い方を間違えてしまうと勢いあまって衣服に穴を開けたり切断してしまうことがあるので、使用する際には注意が必要です。

この他にも、カミソリや台所用スポンジを利用して毛玉を取る方法もありますが、衣服を痛める可能性が高いため、あまりオススメはしません。

スポンサードリンク

毛玉の発生を防ぐために

毛玉が発生しないように普段から洋服ブラシを活用することをオススメします。洋服ブラシを使うことで繊維が絡まりにくくなり毛玉の予防にもなりますし、さらにホコリや小さなゴミを取り除くことも出来ます。

また、洗濯する時にはなるべく手洗いで洗うようにし、もし洗濯機を使うのであれば洗濯用ネットに入れて洗濯をするか、衣服を裏返して洗濯をするようにしましょう。

まとめ

今回は、衣服にできた毛玉の取り方についてご紹介しました。毛玉が気になるときには小さいハサミや毛玉を取り除く専用の道具を使用するようにして、衣服が痛まないように注意しましょう。

特に、毛玉が出来やすいセーターやニットなどは普段から衣服のケアを心がけ、毛玉が出来にくくすることも大切ですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ