免疫力を高める食べ物3選!ニンニク、鶏肉、ヨーグルト

ヨーグルト

最近なんだか身体の調子があまり良くないかも…と悩んでいる方はいませんか?もしかしたら、その体調不良は免疫力が下がっている証拠かもしれません。

免疫力が下がると体調を崩しやすくなるだけではなく、アレルギーを起こしやすくなったり太りやすくなるといったデメリットもあることはご存知でしょうか。そこで、今回は免疫力を高める食べ物を厳選して3つご紹介します。

スポンサードリンク

ヨーグルト

体内の免疫細胞の60~70%は腸に存在すると言われています。そのため、腸内環境を良い状態に保ち、免疫細胞を活性化させることで免疫力を高めることができます。

そこでオススメの食べ物が、“ヨーグルト”です。ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれており、その乳酸菌が腸内環境を整える働きをしてくれます。

腸内環境を整えることで免疫力が高まるだけではなく、便秘の解消や肌荒れの改善、さらには大腸がんなどの病気の予防にもなります。

一見、ヨーグルトを食べても腸内の免疫力のみに作用するのではないかと思われがちですが、身体全体の免疫力を高めてくれる優れものです。

免疫力を高めるためには、乳酸菌を生きた状態で腸まで届けることが重要ですが、乳酸菌は胃酸に弱い性質があります。そのため、ヨーグルトを空腹時や食事前に摂取するのは避けることをオススメします。

朝、昼、晩と基本的にどの食事のタイミングでも効果に差はありませんが、なるべく食後にヨーグルトを食べるようにしましょう。

鶏肉

鶏肉

続いて免疫力アップにオススメの食材は“鶏肉”です。免疫力を上げたいのであれば、お肉はあまり食べない方がいいと言われることがありますが、お肉を食べることで免疫力が下がるわけではありません。

お肉の中にはビタミンが多く含まれており、免疫力を高める働きがあります。お肉の中でも鶏肉は高タンパク低カロリーと、とてもヘルシーな食材です。

鶏肉に含まれているタンパク質は質がよく、またビタミンAが豊富に含まれるため粘膜や皮膚を丈夫にし免疫力を高めることができます。

さらには最近の研究で、鶏肉に含まれているアミノ酸(カルノシン、アンセリン)に高い抗酸化効果(細胞の老化や免疫力の低下を引き起こす活性酸素の発生を抑える効果)があることが明らかになっています。

また、鶏肉には免疫力を高めるだけではなく目の疲れやドライアイにも効果があると言われています。

スポンサードリンク

ニンニク

臭いがきつく少し敬遠しがちなニンニクですが、その殺菌力はとても強くインフルエンザや風邪菌に効果があると言われています。

さらに、ニンニクにはアリシンと呼ばれる成分が含まれており、このアリシンは肝炎ウイルスやチフス菌といった強力な菌にも効果は抜群です。

アリシンはニンニクを切ったり潰したりすることで出てくる成分なので、そのまま食べるよりはすり潰して何かの料理にあわせて食べることをオススメします。ニンニクを食べる目安量は1日1~2片です。

ニンニクを食べすぎてしまうと、逆に刺激が強すぎて胃を痛めたり血圧が上昇する恐れがあるため、食べ過ぎには注意しましょう。毎日適量を食べ続けることでより効果は出ますよ。

ニンニクはその他にもスタミナの上昇や疲労回復、美容、老化防止、便秘の解消、冷え性の解消、ダイエット、がん予防にも効果があると言われています。

まとめ

今回は、免疫力を高める食べ物を厳選してご紹介しました。ついつい食生活が偏ったり生活リズムが狂ってしまい、免疫力が下がって身体の調子が悪くなることがあります。

ヨーグルトや鶏肉、ニンニクといった免疫力アップに効果のある食べ物を食べて、健康的な生活を過ごしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ