風呂場の排水口の臭いや髪の毛を取り除くコツ

バスルーム

ご自宅のお風呂の排水口、臭いませんか?もしかして、お風呂のとなりの洗面所まで、臭ってきたりしていませんか?

お風呂で、最も汚れやすい場所なのに最も触りたくない場所・・・といえば、排水口ではないでしょうか。触りたくないからといって掃除をさぼっていると、髪の毛や石鹸やアカなどが混ざった、どろどろギトギトのヘドロ汚れに。

さらに放っておくと、黒カビも登場。そうなると、排水口から立ち込めた臭いが、洗面所にまで広がってしまいます。

また「定期的にお掃除していて見た目はキレイよ」という方でも、雨の日になるとなんだかドブ臭い。お風呂のドアを開けた瞬間、ふわっと鼻について気になる下水の臭い。見た目をキレイに掃除しているだけに、憎たらしいですよね。

ここで紹介する方法で、お風呂の排水口の臭いを取り除いて、お客さんが来ても「どうぞ」と笑顔で案内できるようなクリーンなお風呂にしちゃいましょう。

スポンサードリンク

まずは見えるところのお掃除から

排水口

排水口に髪の毛やヘドロ汚れがあったりすると、それだけで臭います。まずは見えるところのお掃除から始めましょう。この工程は、手を汚すことなく、5分くらいでササッと終わりますよ!

用意するもの

  • バケツ
  • 塩素系漂白剤
  • 使い古しのハブラシ
  • ビニール袋
  • 使い捨てのゴム手袋

掃除の方法

  1. バケツに塩素系漂白剤とぬるま湯を入れ、濃い目のつけ置き剤を作っておきます。
  2. ここがポイントなのですが、「利き手に使い捨てのゴム手袋、逆の手にビニール袋」をはめます。
  3. 利き手で、排水口にたまった髪の毛を大雑把に取り、逆の手で受け取ります。
  4. 取りきれなかった短い髪の毛やヘドロ汚れは、使い古しのハブラシでこすり取り、ハブラシごと逆の手で受け取ります。
  5. 利き手で排水口のパーツを外して、つけ置き剤のバケツの中に入ます。
  6. ゴム手袋を脱いだら、逆の手にはめたビニール袋をクルッと裏返し全部くるんで、そのままゴミ箱へ。

この方法だと、手が汚れるどころか、水滴一つ手につくことなく作業できますので、おすすめします。

風呂掃除のおすすめグッズ!排水口の掃除も簡単に!

スポンサードリンク

奥に詰まった髪の毛は、ストローを使って!

排水口の奥に詰まった髪の毛を取る方法として、話題になっているものがあります。試してみたところ、本当によく取れるので、みなさんもお試しください。

用意するもの

  • 曲がりストロー
  • はさみ

掃除の方法

  1. 曲がりストローの長い方に、斜めからはさみを入れて、V字の切り込みを作ります。
  2. イメージはアスパラのはかま(三角形の葉)の部分のように、数か所にバランスよく切り込みを入れていきます。
  3. 切り込みを入れたストローを排水口の奥に差し込み、抜き差しを繰り返します。

V字のところに髪の毛が引っかかって、取れて来ますよね?後片付けはストローごとゴミ箱に捨てるだけ。お金もかからず、作業も楽です。

重曹+クエン酸+お湯で、排水口のヌメリ取り

スプレー

排水口の見た目もキレイになり、奥に詰まった髪の毛も取ったら、次は排水管のヌメリを取り除きましょう。重曹とクエン酸を混ぜたときの発砲の力を使って、ヌメリを浮かせて落とします。

用意するもの

  • 重曹
  • クエン酸
  • 少量のお湯

掃除の方法

  1. 排水口まわりに重曹をまんべんなくふりかけます。
  2. 重曹と同量くらいのクエン酸をふりかけます。
  3. この時点ですでにシュワシュワ発砲しますが、発砲の威力をあげるために少しお湯(60度くらい)を注ぎます。
  4. 30分くらい放置します。

発砲が収まるころには排水管のヌメリがすっきり落ちていますよ。

まとめ

いかがでしょうか。風呂場の排水口の臭いを取り除く方法として、

  • まず、見えるところの髪の毛やヘドロ汚れを取り除く
  • そして、奥に詰まった髪の毛をストローを使って取り除く
  • 最後に、重曹+クエン酸+お湯の発砲の力で、排水管のヌメリを取る

この3つの工程をご紹介しました。全部試してみても臭いが改善されない場合は、排水トラップの異常が考えられますので、業者に相談してみてください。

※こちらの記事ではお風呂が超キレイになる掃除の方法とコツをまとめてご紹介しています。

※この記事がお役にたちましたらSNSで共有をお願いします。
スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ