ペットが死んだときの処分の仕方

犬

家族同然に一緒に過ごしてきたペットも、いつかお別れしなくてはならない時が来ます。大事なペットとお別れした後に考えなくてはいけないのが「遺体をどうするのか」ということです。

ペットの遺体はどう扱えば良いのか知らないという方も多いと思いかもしれません。ペットが亡くなった後、遺体はどうすれば良いのかをご紹介します。

スポンサードリンク

法律上のペットの遺体の扱いについて

法律上は「一般廃棄物」

ペットは、法律上「物」として扱われます。そのため、遺体を扱う際も人間の時とは違い「火葬許可」や「埋葬許可」といったものは不要です。お家の庭に遺体を埋めるのに許可を取る必要がないのもそのためですね。

ただし、ペットの遺体を自分の土地でない公園や山などに無断で埋めたり、河川や海に流したりすることは不法投棄になります。

犬や特定動物は死亡届が必要

狂犬病予防の観点から、飼っていた犬が亡くなった場合は死亡してから30日以内に市町村に届け出をする必要があります。届出の際には「犬鑑札」「狂犬病予防注射済票」「死亡届」が必要です。

死亡届はお住まいの市町村HPからダウンロードできる場合があるので調べてみましょう。

死亡届の内容は市町村によって違いますが、主に「生年月日」「死亡年月日」「年齢」「性別」「種類」「登録年度」「登録番号」などが必要になるのであらかじめそれらが分かる資料を用意しておくとスムーズに届けができます。

また、環境省HPに載っている特定動物やお住まいの自治体の条例に定められた動物を飼っていた場合も同様に届出が必要になります。詳しい手続きや必要なものがわからない場合は、事前に窓口で相談しましょう。

大切なペットが亡くなったばかりで辛い時期ですが、きちんとお別れをするためにも手続きを忘れないようにしましょう。

ペットの遺体の処分の仕方

ネコ

自宅の庭に埋める

自宅の庭であれば、ペットの遺体を埋めても問題ありません。ただし、遺体を火葬せずに埋めた場合、完全に土に還るまでに数十年かかるので、その間、臭いが漏れ出したり、野生の動物に掘り起こされたり、地下水を汚染したりする心配があります。

心配がないように埋葬場所を選ぶ必要があります。庭に埋葬する際は上記の心配をしなくて良いよう場所を選び、1~2m以上の穴を掘ってから埋めてあげましょう。

大型犬など、遺体をそのまま庭に埋めるのが難しい場合は、後でご紹介するペット専用業者に火葬を依頼してから遺骨だけを庭に埋めるという方法もあります。

自治体に処分を依頼する

自治体にペットの遺体の処分を依頼することもできます。自治体によって引き取り方法や担当窓口が違い、引き取り費用も数千円~一万五千円前後と差があります。

ほとんどの自治体では、引き取られたペットの遺体は専用の焼却炉で合同火葬された後、一般廃棄物と一緒に埋められることになります。

火葬の立ち合いや返骨はできないことが多いので、手厚く葬りたいという方は必ず依頼する前に担当窓口で確認しましょう。

最愛のペットの遺体を、物を処分するように扱うことに抵抗を覚える方もいらっしゃると思いますが、遺体や遺骨を葬る場所に困る時や葬祭業者に依頼するのが難しい時のために、一つの選択肢として覚えておくのも良いかもしれません。

スポンサードリンク

ペット専門の葬祭業者に火葬を依頼する

最近では、ペット専用の火葬・葬儀を執り行うペット葬祭業者も増えてきています。葬儀の形態や遺骨の扱いを選べるところも多く、更にペット専用の霊園や納骨堂を用意している葬祭業者もあります。

葬儀の費用はペットの体重や葬儀の形態に合わせて数千円~数万円が相場になります。ほとんどのペット専用葬祭業者では、犬・猫だけではなく、ハムスター、鳥、ウサギ、蛇なども火葬できます。

ペットを手厚く見送りたいという方はお住まいの地域の業者を探してみましょう。

まとめ

ペットの遺体は、法律上は「一般廃棄物」と同じ扱いになります。遺体は「庭に埋める」「自治体に処分を依頼する」「ペット専門の葬祭業者に火葬を依頼する」といった方法で埋葬できます。

大切なペットとのお別れは想像するだけで辛いものですが、ペットに安心してゆっくりお休みしてもらうためにも、お住まいの地域での手続きや遺体の扱い方を早めに調べておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ