乾電池の液漏れの掃除方法と注意点

乾電池の液漏れ

リモコンの電池を交換しようとしたら、電池が液体や粉まみれになっていた・・・という経験はありませんか?これは「電池の液漏れ」という状態になります。液漏れが酷いと「電池を交換しても動かないのでは?」と不安になりますよね。

でも、軽い液漏れなら掃除をすればちゃんと使えるようになるかもしれません。諦めてリモコンを買いなおす前に、これからご紹介する掃除方法を試してみてください。更に、液漏れを起こさないための正しい電池の使い方も一緒にご紹介しています。

スポンサードリンク

液漏れの掃除方法

液漏れした時の注意点

漏れ出した液や粉には絶対に直接触らない!

液漏れの際に出てくる液体の正体は、乾電池の中の「電解液」。アルカリ電池には「強いアルカリ性の液体」が、マンガン電池には「弱酸性の液体」が電解液として使われており、どちらも直接触れると危険です。

電解液が皮膚に付いた状態で放置していると化学やけどを起こす恐れがあります。また、電解液が目に入ると失明することもあるので、掃除の時は必ずビニール手袋など防水性の手袋を着用しましょう。

できれば、マスクや保護メガネも付けながら作業をすると安心です。もし、直接触ってしまった場合は、すぐに大量の水で洗い流しましょう。また万が一、目に入ってしまった場合は、こすらずに大量の水で十分に洗った後、医師の治療を受けてください。

液漏れした乾電池は処分する

液漏れした乾電池は再使用できません。放置していると更に液漏れしたり、火災の原因になる恐れもあるので、すぐに自治体の処分方法に従って捨てましょう。

処分するまでの間はビニール袋やナイロン袋に入れ、小さなお子様が触れない場所に置いておきましょう。

用意するもの

  • ゴム手袋orビニール手袋(耐水性のある手袋)
  • 綿棒or布
  • お酢(アルカリ電池)or水(マンガン電池)
  • 布(乾拭き用)
  • 紙やすり

アルカリ電池でお酢を使うのは、電解質の強いアルカリ性をお酢の酸性で中和するためです。

液漏れの掃除手順

  1. 手袋をはめ、綿棒または布をお酢(または水)で湿らせて液漏れした部分を丁寧に拭き取る
  2. 金属部分が錆びていたら、紙やすりで磨く
  3. 煙が出る
  4. お酢(または水)で湿った部分を乾拭きする

もし、手順1で電解液の汚れを拭き取り切れない場合は、お酢(または水)で湿らせたティッシュを被せてしばらく放置すると取りやすくなります。

清掃後に動くかチェック

上記の方法で掃除をした後、新しい電池を入れて正常に動いたらOKです。もし、電解質や錆を綺麗に掃除した後も機器が動かない場合は、電解質が機器の内部にまで入り込んでいる可能性があります。

その場合は自分で修理するのは難しいので、メーカーに「液漏れにより故障した」と問い合わせてみましょう。

液漏れさせないための電池の正しい使い方

電池のプラスマイナス

ここまで液漏れの掃除方法をご紹介しましたが、液漏れするのを避けられればそれに越したことはありませんよね。最後に、液漏れさせないための正しい電池の使い方をご紹介します。

プラスマイナスを正しく挿入する

電池を機器に入れる際、プラスマイナスを指定された方向と逆にして挿入するとショートし、液漏れしてしまいます。機器に入れる際は必ずプラスマイナスの方向に注意しましょう。

電池を保管する時は金属類に触れさせない

むき出しの電池を金属類に触れさせた状態で置いているとショートし、液漏れが発生してしまうことがあります。電池を机の中にネックレスや金属製の事務用品と一緒にしまっていたら、いつの間にか液漏れしていた、という事例もあるので注意しましょう。

買ってきた電池を保管する時も、捨てる時も、ビニール袋やナイロン袋などに包んでおくと安心です。

スポンサードリンク

種類の違う電池・新旧電池を同時に使用しない

2本以上の電池を同時に使用する際は、電池の種類(アルカリorマンガン)、銘柄を全て同じものに統一して使用しましょう。違う種類や銘柄の電池を一緒に使用すると液漏れの原因となります。

また、新しい電池と使用途中の電池を同時に使用するのも液漏れの原因となります。

電池はこまめに交換し、使い切った電池はすぐに処分する

使い切って機器で反応しなくなった電池も内部には電解質が残っていることがあります。残量がなくなった電池を機器に入れっぱなしにしておくと、過放電状態となり、液漏れする可能性が高くなります。

また、機器に入れてない状態でも保管状態によっては液漏れすることがあるので、電池はこまめに交換し、使い切った電池はなるべく早いうちに自治体指定の方法で処分しましょう。

電池のアルカリとマンガンの違いと使い分け

まとめ

軽い液漏れであれば、清掃すればまた機器が使えるようになります。ただし、電解質に触れると危険なので、掃除の時は漏れ出した液体や粉に触らないように注意してくださいね。

使用方法や保管方法に気をつけていれば、液漏れが起こることは滅多にありません。安全のためにも普段から正しい電池の使い方を心がけたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ