電子レンジ調理の危険な使い方!過熱するとヤバイ食材とは?

電子レンジ

普段調理をする時に使う電子レンジ。すぐに食材を温められるし便利なので、頻繁に電子レンジを使う方は多いと思います。

しかし、実は電子レンジで調理をする時に気をつけなければいけないこと、そして電子レンジで温めることによって爆発したりと危ない食材があることはご存知でしょうか。

今回は電子レンジ調理の危険な使い方、そして加熱すると危ない食材についてご紹介します。

スポンサードリンク

電子レンジの仕組み

電子レンジは、食品に含まれている水分をマイクロ波で振動させることによって温める仕組みになっています。加熱の他にも冷凍した食材を解凍することも出来ます。

しかし、加熱はできても焼くことは出来ないため、焦げ目をつけたり焼く料理を作ることはできません。

電子レンジの危険な使い方

電子レンジでの温め

私たちの生活に欠かせないとても便利な電子レンジですが、危険な使い方をすると最悪の場合火花が出て発火する可能性があります。事故が起きないよう、普段から注意が必要です。

金属を温めない

金属製の装飾が付いているお皿に食材を入れて加熱しないでください。金属部分が熱くなってヤケドをしたり、火花が散る危険があります。お皿以外でも金属のスプーンやフォークなども一緒に温めないよう注意しましょう。

レンジ不可のプラスチック容器は使用しない

電子レンジでは使用出来ないプラスチック容器を加熱すると、変形したり穴が開くことがあります。プラスチック容器を使用するときには、電子レンジ可か確認をしましょう。

電子レンジの中が汚れたまま加熱しない

食べ物のカスが落ちていたり汁が零れているまま加熱すると、焦げて煙が出たり、最悪の場合発火する危険があります。また、サビの原因にもなるので電子レンジの中はこまめに掃除をするようにしてください。

少量では加熱しない

少量の食材を加熱すると、短時間で温められるため発煙・発火する危険があります。

飲み物は加熱し過ぎないようにする

飲み物を加熱し過ぎたとき、取り出そうとした際に突沸(液体が何らかのショックを受けて急激に沸騰を起こす現象)が起こることがあります。

中身が飛び散りヤケドをする危険があるので、温めすぎたときにはすぐには取り出さず、数分冷ましてから取り出すようにしましょう。

スポンサードリンク

加熱すると危険な食材

電子レンジで加熱するとき、食材は内部から温められていくので、食材によっては破裂する恐れがあります。また、食材を温めた時に出る湯気で目などを痛めてしまうこともあります。そんな、電子レンジで温めると危険な食材はこちらです。

殻や膜のある食材

殻や膜のある食材は、温められると中の水分が膨らみ殻や膜が抑えきれずに破裂する危険があります。温めるときには殻や皮を剥いたり、フォークなどで穴を開けてから温めましょう。

  • 銀杏
  • ソーセージ
  • トマト

芋類

芋類は水分が少ないため、そのまま温めると水分が蒸発しきって炭のようになり発煙することがあります。温めるときには、一度水にくぐらせてからサランラップで包みましょう。

  • 里芋
  • サツマイモ
  • ジャガイモ
  • かぼちゃ

刺激物

刺激物を大量に温めると、取り出そうとした時に目や喉を痛める危険があります。大量に温めるときには、1度で温めずに何回かに分けて温めましょう。

  • 唐辛子

まとめ

今回は、電子レンジの危険な使い方と温めると危険な食材についてご紹介しました。電子レンジはとても便利ではありますが、金属を温めたり汚れたまま使用することで思わぬ事故に繋がる恐れがあります。

また、正しく使用していても温める食材によっては破裂したり喉を痛めたりと危険が伴います。説明書などにも正しい使用方法や注意事項が書かれているので、電子レンジを使う時には事前に確認しておくと良いでしょう。

※この記事がお役にたちましたらSNSで共有をお願いします。
スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ