油性マジックを落とす方法!服・肌・壁の落書きなど

壁のらくがき

油性マジックを使っているとき、うっかりしていて手や服に付いてしまった!なんてこと、よくありますよね。また、小さいお子さんがいる方は目を離した隙に油性マジックで壁に落書きされてしまった!なんてこともあるのではないでしょうか。

油性マジックがついてしむうと、なかなか取れなくて困りますよね。そこで今回は、油性マジックを落とす方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

“油性”の落ちにくい理由

油性マジックの他にも油性ペン、油性ボールペンなど油性の商品は多々あります。油性インクが水性よりも落としにくいのはインクに定着材が含まれているからです。

そのため、この定着材を落とすことが油性インクを落とすコツとなります。基本的に油性商品のインクの落とし方は全て同じで、重要なのは何が汚れてしまったのかということです。

油性マジックの落とし方<服>

服についたシミ

服にインクが付いてしまうと、繊維に汚れが入り込むため完全に汚れを落とすことは難しいです。そこで、なるべく汚れを薄くする方法をご紹介します。

服についたインクは擦ると余計に汚れが広がってしまうため、擦るのではなく叩いて汚れを落とします。服のインク汚れに効果的なのは消毒用エタノールです。エタノールが無ければ除光液でも汚れを落とすことができます。

汚れた部分の裏側にあて布をした状態でエタノールか除光液を上から垂らし、別の布で汚れを叩いてあて布に汚れを移していくことで綺麗にしていきます。

しかし、エタノールや除光液を使うと服の色まで落ちることがあるので、まずは目立たない部分で試してみて下さい。色落ちが気になる場合は使用を控えましょう。その場合はクレンジングオイルを使う方法も効果的です。

もしくは、クリーニング店に持っていき相談してみてください。その時には自分で水洗い等をせず、そのまま持っていった方が汚れが落ちやすくなります。

スポンサードリンク

油性マジックの落とし方<肌>

肌についた油性マジックは、ハンドソープとぬるま湯で洗えば落とすことができます。しかし、シワや指紋に入りこんでなかなか汚れが取れない場合は下記に挙げたものを塗り、しばらく放置したあと綺麗に拭き取ってみてください。

  • サラダ油、ごま油
  • 日焼け止め
  • 口紅

その他にも、濡らした布に歯磨き粉や重曹を少量つけて汚れを擦るとインクを落すことができます。歯磨き粉や重曹が研磨剤と同じような働きをするためです。しかし、肌が弱い方は肌が荒れる可能性があるので重曹の使用は控えてください。

油性マジックの落とし方<壁>

壁のシミを落とす

壁についた油性マジックを落とす方法として、下記が挙げられます。

  • ラッカーシンナー

    ラッカーシンナーを汚れにかけて、拭き取る方法です。臭いが強く、引火性もあるため換気を十分にしながら行ってください。

  • タバコの灰

    濡れた布にタバコの灰をつけて汚れを擦ると、タバコの灰が研磨剤のような役割をして汚れを落としてくれます。最後は灰もしっかりと拭き取りましょう。

小さいお子さんやペットがいるのでラッカーシンナーやタバコの灰を使うのが心配だという方は、柑橘類の皮を使った方法がオススメです。

柑橘類の皮の外側で汚れをゴシゴシと少し強めに擦り、その後内側の白い部分で付着した細かい皮を拭き取るように擦ることで油性マジックを落とすことができます。ハッサクなど、皮が厚めの柑橘類の方がやりやすいのでオススメです。

ただし、プラスチックや塗装のしていない木や壁紙などで柑橘類の皮を使用すると、黄色く着色してしまう可能性があるので注意しましょう。その他にも、消しゴムでも壁に書かれた油性マジックは落ちます。

特に汚れが付いたばかりであればより効果的です。汚れが広範囲だと消しゴムだけで落とすのは大変ですが、落とす範囲が小さい場合はまずは消しゴムを試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、服や肌、壁についた油性マジックの落とし方についてご紹介しました。油性マジックが付いてしまうとなかなか落ちにくいですが、その場所に適した方法で落とせば綺麗にすることができます。

誤った方法でやると逆に汚れが酷くなることもあるので注意してくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ