抗生物質とお酒の同時摂取は厳禁!何時間空ければ大丈夫?

抗生物質

病院に行くと処方されることが多いのが「抗生物質」です。しかし、服用期間と仕事上の付き合いなどどうしても外せない飲み会が重なってしまうこともありますよね。強い副作用が出ることもある抗生物質を飲んでいると、本当に困ってしまいます。

どうしてもお酒を飲まなければいけないときは、抗生物質を服用してから何時間くらい空けていれば大丈夫なのか、また服用を再開するにはどのくらい空ければよいのかをご紹介します。お酒を飲む機会が多い方は参考にしてください。

スポンサードリンク

抗生物質とは?

抗生物質とは、病気の原因となる菌を抑制し、増殖を抑えるための薬です。抗生物質は菌に直接作用するので、菌による感染症に処方されます。抗生物質にはいくつか種類があり、病気の原因となっている菌に合わせた抗生物質が処方されます。

肺炎や中耳炎を抑えるペニシリン、副鼻腔炎などで処方されるマクロライド系などの細菌に有効な抗菌薬と、水虫などの白癬菌に効果があるフルコナゾール、ミコナゾールなど、カビに有効な抗真菌薬があります。

抗生物質とお酒の飲み合わせ

二日酔いの女性

アルコールとの同時摂取は絶対にやめましょう。血管が拡張し細菌感染が広がるので症状が悪化してしまいます。また、肝臓はアルコールを優先して分解するので、抗生物質は通常より高い濃度で体内を巡ることとなり副作用が出やすくなります。

抗生物質の副作用

抗生物質には、さまざまな種類がありますが、下痢・胃痛・体がだるい・筋肉痛などが共通する副作用です。アルコールと一緒に摂取すると、これらの症状が出やすくなることに加えて、呼吸困難や痙攣が起こることもあります。

二日酔いになりやすい

セフェム系の抗生物質は、お酒と一緒に摂取すると「アセトアルデヒド」という悪酔いの原因となる有害物質を増加させ、ひどい二日酔いや痙攣などの原因になります。

スポンサードリンク

お酒と同時摂取しても大丈夫な抗生物質

抗生物質の中には、お酒と同時摂取しても大丈夫なものがあります。扁桃腺の腫れなどに使われる「フロモックス」と中耳炎などに使われる「クラリス」です。

これらは、お酒との飲み合わせは問題ないとされていますが、他の薬と併用しているときなどは副作用が起こることも十分考えられますので、医師や薬剤師の人に確認しておくと安心です。

どうしてもお酒を飲まなければいけないときの注意点

抗生物質の服用後4時間はお酒を飲まないようにしましょう。抗生物質の効果のピークは2時間後と言われています。時間をずらすことで薬の効果を十分に発揮し、副作用を抑えることができます。

また、体内でアルコールが分解されるのに4~6時間かかると言われていますので、お酒を飲んだ後は最低でも4時間以上あけてから抗生物質を飲むようにしましょう。

抗生物質との同時摂取を避けたいもの

グレープフルーツ

カルシウムを多く含む食品、脂質・糖類の多いもの

これらのものと同時摂取すると、抗生物質が吸収されにくくなります。効き目が弱まってしまい、治りが遅くなってしまいます。

グレープフルーツ

酵素の働きを邪魔して、薬が強く効き過ぎることがあります。下痢・嘔吐、ひどいときには心停止の可能性もあります。

食べ合わせの悪いものを食べるときの注意点

食べ物の消化吸収には2~3時間程度かかります。そのため、抗生物質を服用するのは3時間くらい空けてからの方が良いでしょう。

まとめ

抗生物質を服用しているときは、どうしても断れないお酒の席って本当に困ってしまいます。そんなときは、服用後4時間、飲酒後4時間しっかり空けてからお酒や抗生物質を摂るようにしてください。できたらお酒は飲まない方がいいでしょう。

抗生物質を飲んでいるときは、体の免疫力が弱まり、アルコールを分解する能力も落ちていますので、飲みすぎず、十分休むようにしてください。

お酒が好きな方にはつらいかもしれませんが、早めに菌をやっつけてから、思う存分お酒を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ