トランス脂肪酸を含む危険な食品!食べ続けるとどうなる?

スナック菓子

あなたは「トランス脂肪酸」という言葉をご存知でしょうか?トランス脂肪酸とはインスタント食品やスナック菓子に含まれており、“狂った油”と呼ぶ人もいるくらい危険な成分で、摂取し続けることで私たちの健康に悪影響を及ぼします。

今回は、トランス脂肪酸を摂取し続けるとどのような影響があるのか、そしてトランス脂肪酸を含む食品についてご紹介します

スポンサードリンク

トランス脂肪酸とは

トランス脂肪酸とは、植物性の油脂を加工する際に発生する脂肪酸のことを指し、脂肪酸のなかでも最も危険だと言われています。

天然のトランス脂肪酸は牛や羊などの腸内で作られるため、牛乳など動物の乳やそれを原料とした乳製品、そして肉に少量含まれています。

日本では特に規制はされていませんが、アメリカではトランス脂肪酸を含む油脂の食品について2018年以降は原則禁止となりました。

また、他の国でもトランス脂肪酸の健康への影響が指摘されており、WHO(世界保健機関)もトランス脂肪酸の摂取量を総エネルギー量の1%にするよう注意喚起しています。

トランス脂肪酸が含まれる食べ物

マーガリン

トランス脂肪酸が多く含まれている主な食品はこちらです。

    • マーガリン、バター
    • ビスケット類
    • ラード
    • マヨネーズ
    • スナック菓子
    • 牛肉
    • 菓子パン    等

このように、普段から私たちがよく目にする食品にトランス脂肪酸は多く含まれています。日本では海外のように使用が規制されていませんが、企業が自主的にトランス脂肪酸の含有量が少ない商品を販売しています。

スポンサードリンク

トランス脂肪酸の危険

トランス脂肪酸は食べてすぐに身体に悪影響があるわけではありません。しかし、蓄積性が高く体外に排出されずに体内の脂肪にどんどん溜まっていきます。そして、一定の量に達すると一気に症状が出る傾向があるので注意が必要です。

トランス脂肪酸を大量に摂取した場合、下記のような症状が現れます。

血管系の病気(心臓病や脳梗塞など)

トランス脂肪酸を摂取することによって血管に脂肪が溜まりやすくなります。その結果、心臓病や脳梗塞、動脈硬化といった血管系の病気を引き起こします。

肥満

トランス脂肪酸は脂肪なので肥満の原因となります。悪玉コレステロールが溜まりやすくなり、脂肪を分解したり消化する機能も衰えてしまいます。

糖尿病

トランス脂肪酸によってインスリンの働きが阻害され、糖質を正しく体内に吸収出来なくなります。その結果、糖尿病のリスクが高まります。

トランス脂肪酸を多く摂取すると、摂取していない人に比べて糖尿病の発症リスクが約40%も高まることが研究によって明らかになっています。

不妊症

トランス脂肪酸を大量に摂取すると、男女共に不妊症のリスクが高まります。女性の場合は排卵機能に大きな悪影響を及ぼし、男性の場合は精子の量を極端に減少させることが研究によって明らかになっています。

記憶障害

記憶機能に悪影響を与えるため、認知症やアルツハイマーになるリスクが高まります。

アレルギー

トランス脂肪酸は免疫機能に影響を及ぼすため、アレルギー物質に対して過敏に反応する体質になってしまいます。アレルギーを発症することにより、喘息や湿疹など様々な症状が現れます。

肌のかゆみ

トランス脂肪酸によって肝臓の解毒機能が衰え、汗そのものに有害な物質が含まれるようになります。その結果、湿疹やあせもなどにより肌の痒みが発症します。

まとめ

今回は、トランス脂肪酸が含まれている食べ物とその危険についてご紹介しました。トランス脂肪酸は私たちがよく口にする食べ物に多く含まれています。

身体に悪影響を及ぼさないためにも、食事を見直してトランス脂肪酸をなるべく摂取しないよう気をつけましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ