虫歯じゃないのに歯がしみる!原因や対処法は?

歯磨き

歯磨きやうがいすると歯が染みる、冷たいもので歯が痛いなんてことありませんか?虫歯でもないのに歯に痛みを感じる代表的なものに知覚過敏があります。しかし知覚過敏以外にも歯がしみる原因はさまざまあります。

今回は虫歯じゃないのに歯がしみるときの原因や対処法についてご紹介します。

スポンサードリンク

知覚過敏

虫歯でもないのに、歯が染みたり、痛みを感じたりする症状を知覚過敏といいます。歯に刺激が加わったときにだけ痛みを感じます。

歯ブラシの毛先が触れる、冷たい・熱い飲食物を食べた、甘い物を食べた、冷たい風にあたったなどの刺激が痛みの原因となります。

健康な歯はエナメル質という硬い層で覆われていすが、歯茎が下がってしまうと、エナメル質に守られていない象牙質が露出し、歯の神経が過敏に反応してしまうのです。

知覚過敏の原因は?

ホワイトニング

歯茎が下がった

歯周病や加齢により歯茎が下がってくると歯根が露出し、しみるようになります。歯石を取った後にしみるようになることもあります。

歯磨きの力が強すぎる

歯磨きの力が強すぎると、歯根が露出したり歯の表面のエナメル質を削り取る原因にもなります。

歯がすり減ってきた

毎日噛んで擦り合わせていることにより、噛む面はすり減ってきます。それにより中の象牙質が露出してしまいます。

酸により歯が溶かされた

酸には歯を軟らかくする性質があります。酸で歯が溶かされると象牙質が露出してくるので、摂り過ぎには注意が必要です。

虫歯の治療後の知覚過敏

虫歯で歯を削った後は神経が過敏になっており、冷たいものや熱いものにしみやすくなっていますが、ほとんどの場合自然に治ります。

歯のホワイトニングに伴うもの

歯のホワイトニングに使う薬剤で知覚過敏が出ることが知られています。一時的なものなので、処置をやめれば落ち着いてきます。

スポンサードリンク

知覚過敏の対処法

症状が軽い場合には、知覚過敏用の歯磨き粉を使用することで症状が改善されます。2週間程使用しても症状が改善されない場合には歯医者さんを受診し、知覚過敏用の薬を塗ってもらいましょう。

それでも改善がみられない場合は、歯の表面を削って詰め、確実に象牙質を封鎖します。また、生活に支障が出るほど染みている場合などは神経を抜く治療が行われることもあります。

知覚過敏以外の歯がしみる原因と対処法

歯ぎしり

歯ぎしりや歯の食いしばりが強いと、歯の表面や根本が削れて歯がしみるようになります。

改善方法:噛み合わせを改善する矯正治療や歯が削れるのを防止するために夜間にマウスピースを付けることが有効です。

歯の亀裂

歯が割れて亀裂が神経まで達していると、亀裂から細菌が入ったり、冷たいものがしみます。

改善方法:歯の神経の状態を確認し、亀裂部分の治療を行います。

中心結節が折れた

中心結節とは主に小臼歯の中心にできる出っ張りです。中に神経があり、折れると細菌が入り、しみることがあります。

改善方法:折れてしまったところにコーティングをします。また、神経の一部が死んでしまっている場合は、その部分を切断し、残っている神経を活かす治療を行います。

歯の神経のダメージ

前歯など歯を強くぶつけた後に歯がしみることがあります。歯に強い力がかかると、神経がダメージを受け、炎症を起こすことがあります。

改善方法:一時的なものであれば様子を見ます。症状が続くようなら、歯の根の治療が必要なことがありますので、歯医者さんを受診します。

まとめ

知覚過敏以外にも歯がしみる原因はさまざまあります。市販の知覚過敏用の歯磨き粉を使用していても効果がない場合は、早めに歯医者さんを受診するようにしましょう。

歯医者さんでは歯がしみる原因に合わせた治療を行ってくれるので、確実に歯がしみるのを改善することができます。しみない歯で、熱いものも冷たいものも美味しく楽しみましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ