風呂場の蛇口の汚れや水垢を取るコツ

カビの生えた蛇口

お風呂場に入ったとき、キレイか汚いかの印象を最も左右するのは、どこだと思いますか?壁?床?鏡?いえいえ、どれも違います。正解は蛇口です!

わたしは、以前ホテルの清掃のアルバイトをしていたことがあるのですが、金属の部分を念入りに磨くように指示されました。金属の部分が輝いていると、人の印象に残りやすく、全体がキレイに感じるのだそうです。

蛇口の掃除に使うのは、重曹とクエン酸が最強です!重曹とクエン酸は、市販されている洗剤に比べて臭いも少なくてナチュラルなイメージがあり、洗浄効果は弱いのかな・・・と思われがちですが、実は市販の洗剤より応用が効く、魔法のような粉なのです。

スポンサードリンク

重曹とクエン酸が最強なワケ

なぜ、重曹とクエン酸が最強なのでしょうか?これは、お風呂に限らずの話になってしまいますが、まずは汚れが落ちる仕組みを理解してください。汚れには酸性の汚れと、アルカリ性の汚れがあります。

汚れと逆の性質をもった洗剤を使って中和させることで、汚れを落としているのです。ですから、酸性の汚れにはアルカリ性の性質を持つ重曹、アルカリ性の汚れには酸性の性質を持つクエン酸を使います。

油汚れや排気ガス、コゲつき汚れなどは、酸性の汚れです。一方、石鹸カスや水垢などは、アルカリ性の汚れです。お風呂の蛇口の汚れは、主に石鹸カスや水垢(アルカリ性)ですから、クエン酸(酸性)を使って中和させることになります。

また、重曹には研磨の効果があります。重曹はパウダーのように粒子が細かく、かつ水に少ししか溶けないという性質があります。重曹の粒子が汚れとこすれあうことで、研磨剤のような働きをします。

そしてもう一つ、重曹とクエン酸を混ぜると化学反応をおこして発泡します。その泡の力を使って、汚れを浮かせて落とす方法もあります。

重曹の上手な使い方と活用術

風呂場の蛇口をピカピカにするには、場所によって、重曹とクエン酸を単体でつかったり混ぜて使ったりたり、汚れに適した洗剤液を自分で作って掃除していきます。

まずは、蛇口全体をクエン酸でパック

クエン酸

まずは、蛇口全体のアルカリ性の汚れをクエン酸でパックして中和してあげましょう。

手順
  1. 洗面器などの容器に、コップ一杯のお水と小さじ1杯程度のクエン酸を入れ、よく混ぜて洗剤液を作ります。汚れがひどい場合は少し濃くしても構いません。
  2. その洗剤液をスポンジに取り、蛇口全体にクエン酸が行き届くようにつけていきます。蛇口の付け根も忘れずに!
  3. ラップで蛇口全体を包んでパックして、30分~1時間おいておきます。
  4. クエン酸の成分が蛇口に残っていると乾いたときに白い跡になってしまうので、仕上げは水でよく洗い流します。
スポンサードリンク

次に、蛇口の付け根を重曹で研磨

蛇口の付け根の部分は、水垢が層になってカピカピになっていることがありますよね。このようなしつこい汚れはクエン酸だけでは中和しきれないので、さらに、重曹使って研磨していきます。

手順
  1. 重曹を少しのお湯で溶かして重曹ペーストを作ります。
  2. 使い古しのハブラシで重曹ペーストをとり、蛇口の付け根をこすり洗いします。
  3. それでも取りきれない汚れは、いらなくなったカードを使ってこそげ落とします。

しつこい汚れだと1回では取りきれないかもしれませんが、繰り返しやることで徐々にキレイになっていきますよ!

最後に、蛇口の水が出る部分は泡で!

蛇口

蛇口の水が出る部分は、下から覗かなければ見えないので、汚れに気づきにくいですが、実は意外と汚れているものなのです。しかも構造が複雑になっていて、スポンジやハブラシでは細かいところまで届きません。

ここの汚れは、重曹+クエン酸の発泡の力で落としましょう。

手順
  1. 浅めの容器(プリンカップがちょうどいい)に、重曹とクエン酸を同量だけ入れ、ぬるま湯を注いで発砲させます。
  2. そのプリンカップを蛇口の水が出る部分の下に持っていって、蛇口を浸します。

蛇口のヘッドの形によって、どのような容器を使うとやりやすいかは変わってくると思いますので、ご家庭で調整してくださいね。

まとめ

いつまでもピカピカに輝いていてほしい風呂場の蛇口。そこに溜まった汚れや水垢を取る方法として

  • まずは、蛇口全体(付け根の部分も忘れずに)の汚れをクエン酸で中和して落とす。
  • 次に、蛇口の付け根の頑固な汚れを重曹で研磨して落とす。
  • 最後に、蛇口の水が出る部分の汚れを重曹+クエン酸の発泡の力で浮かせて落とす。

この3点をご紹介しました。みなさんもぜひ、試してみてくださいね!

※こちらの記事ではお風呂が超キレイになる掃除の方法とコツをまとめてご紹介しています。

※この記事がお役にたちましたらSNSで共有をお願いします。
スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ