無添加ってなに?危険な添加物と無添加表示の罠

食品 色素

普段なにげなく口にしている食品には、さまざまな添加物が含まれています。添加物に注目して商品を選ぶ消費者も増え、メーカーも「無添加」を謳い文句することが多くなりました。

この「無添加」の表示は、一体どういう意味を持つのでしょうか?日本で使用が認められている添加物は、本当に安全といえるのでしょうか?今回は、無添加表示の秘密と、危険な食品添加物について調べてみました。

スポンサードリンク

禁止している国も?特に危険な添加物!

タール色素

タール色素とは、石炭タールや石油タールを原料として作られた合成色素です。赤、青、黄、緑の鮮やかな色を出すために、使われています。日本で食用として認められているタール色素は、12種類あります。

  • 赤色2号赤色3号赤色40号赤色102号赤色104号赤色105号赤色106号
  • 青色1号青色2号
  • 黄色4号黄色5号
  • 緑色3号

これらのタール色素の中には、日本では安全とされていても、外国では危険なので使用禁止となっているものがあるのです。

例えばイギリスでは、赤色40号、赤色102号、黄色4号、黄色5号が、注意欠陥障害の原因になる可能性があるという理由で、自主規制の勧告が出されています。

アメリカでは、赤色2号、赤色102号、赤色106号が、がんやアレルギーの原因になるという理由で禁止されています。また、赤色3号は甲状腺異常の原因となるという理由で禁止されています。

諸外国で使用が許可されていないタール色素・・・日本で許可されているとはいえ、安全といえるでしょうか?

亜硝酸ナトリウム

ハム

亜硝酸ナトリウムは主に、ハムやベーコンなどの食肉製品や、いくらやたらこなどの魚卵に添加されています。肉製品や魚卵などの鮮やかな色を保つために、添加されています。

たくさん摂取すると人を死に至らしめるほどの毒性をもっています。しかし、食品への添加量はとても少ないため、急性中毒などの心配はありません。問題なのは、発がん性についてです。

亜硝酸ナトリウムは食肉や魚卵に含まれている「アミン」という物質と結合すると「ニトロアミン」という発がん性の物質になります。日本人に胃がんが多いのは「ニトロアミン」が原因ではないかという考えもあります。

アメリカでは、すでにベビー食品への使用が禁止されています。どれくらい危険な添加物か、わかりますよね。

人工甘味料(アスパルテーム)

アスパルテームは、砂糖の200倍もの甘さを持つにもかかわらず、カロリーはゼロという魅惑の添加物です。主に、ダイエット飲料やチューインガムなどに使用されています。

また、コーヒーや紅茶に入れる砂糖で「パルスイート」をご存知でしょうか?パルスイートは、アスパルテームそのものです。

アスパルテームの安全性は国際的にも認められていますが、一方ではアスパルテームは逆に太りやすくなり、糖尿病やメタボリックシンドロームの原因になるという意見もあります。

実際に北米では、ダイエットペプシへのアスパルテームの使用中止を決定しています。

スポンサードリンク

無添加食品の罠

さまざまな添加物の危険性を心配する消費者が増えているため、食品メーカーは「無添加」という表示をして、商品を売ろうと考えるようになりました。無添加の表示には行政で定められたきっちりとしたルールがありません。

それゆえに、いろいろな罠があります。例えば、大きな字で「無添加」と表記してあっても、小さな字で隅っこに「香料無添加」などと書いてあったりします。この場合、香料以外の分野では添加物が使用されている可能性があります。

また、製造工程で添加物を使用していなければ、添加物表示を省略することができます。この場合、製造工程では添加物を使用していなくても、原材料には添加物を使用している可能性があります。

消費者は「無添加」という表示だけに惑わされずに、何が無添加なのかをよく見て自分で判断しなければなりません。

まとめ

いかがでしょうか。食品にある「無添加」の表示の意味と、危険な添加物について調べてみました。ここには書ききれませんが、危険な添加物はまだまだあります。

本当に添加物を気にするのであれば、自分で危険な添加物を知っておき「無添加」の表示だけに惑わされないようにすることが大切です。

コメントを残す

このページの先頭へ