リンゴの健康効果まとめ

木になったりんご

「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」ということわざをご存知でしょうか。よくスーパーなどで見かけ身近なフルーツであるリンゴは、とても健康に効果があることが分かっています。そこで今回はリンゴの健康効果についてご紹介します。

スポンサードリンク

リンゴに含まれる栄養素

リンゴの約80%は水分で出来ており、残りの約20%には身体に良い栄養素が豊富に含まれています。ビタミンやミネラル全般がバランスよく含まれており、健康や美容に気を使っている方にはぜひ食べてほしいフルーツです。

また、リンゴの皮にはポリフェノールが豊富に含まれており、最近の研究で美容に良いことが分かっています。

リンゴの健康効果

りんご

リンゴには様々な栄養素が含まれていますが、どのような健康効果があるのでしょうか。

ガンを予防する

リンゴにはフラバノールと呼ばれる栄養素が豊富に含まれており、膵臓がんのリスクを下げる効果があることが最近の研究で分かっています。また、リンゴの皮に含まれるトリテルペノイドには肝臓、大腸、乳がんを抑える効果があります。

このように、リンゴには様々なガン予防に効果的です。

糖尿病のリスクを抑える

リンゴに含まれるペクチンと呼ばれる食物繊維は、血糖値の乱高下を緩和する働きがあります。そのため、1日1個リンゴを食べる人は食べない人に比べて、糖尿病になる可能性が約30%低くなります。

コレステロールを下げる

ペクチンには、脂肪分と結合することでコレステロールを下げる働きもあります。

心臓の病気を防ぐ

食物繊維を多く摂取することで動脈硬化を防ぐことが出来ます。また、リンゴの皮に多く含まれるポリフェノールにも、コレステロールによる動脈硬化を予防する効果があります。

胆石を予防する

担汁のコレステロールが増えることで胆石は発症しますが、食物繊維を摂取してコレステロールをコントロールすることで胆石を予防することができます。

下痢や便秘を防ぐ

食物繊維を摂取することでお通じが良くなり、さらに下痢や便秘、痔を防ぐ効果があります。また、便秘や下痢、腹部痛、膨満感を伴う過敏性大腸症候群の改善にも役立ちます。

スポンサードリンク

歯を健康にする

リンゴの繊維は固めでシャキッとしており、噛むことで歯についた汚れを綺麗にしたり歯茎をマッサージする効果があります。外国ではリンゴを丸かじりして食べることが一般的ですが、丸かじりすることで顎を鍛えることが出来ます。

アルツハイマーを予防する

リンゴに含まれるケルセチンという成分は脳に良く、アルツハイマーや脳の病気を防ぐ効果があります。

パーキンソン病を予防する

パーキンソン病は、手足が震える、筋肉がこわばる、動作が遅くなる、歩きづらくなるなどの症状が徐々に進行し、10数年後には寝たきりになる病気です。食物繊維を摂取することで、パーキンソン病を予防することができます。

ダイエット

リンゴは食物繊維が豊富でカロリーも低いため、ダイエット効果があります。

免疫機能を向上させる

赤リンゴにはケルセチンと呼ばれる抗酸化物質が含まれており、ケルセチンには免疫機能を良くする効果があります。

白内障を防ぐ

抗酸化物質を含むフルーツを食べている人は、食べていない人に比べて10~15%程度白内障の発症率が低いことが分かっています。

育毛・発毛効果

リンゴには100種類以上のポリフェノールが含まれており、その一種であるプロシアニジンには頭皮の血行を促進し、発毛を促す効果があります。さらに、抗酸化物質には頭皮を清潔に保つ働きがあります。

真っ赤なリンゴよりも青リンゴの方がポリフェノールが豊富に含まれており、より発毛・育毛に効果的です。

まとめ

今回は、リンゴの健康効果についてご紹介しました。リンゴは健康的な身体を保つだけではなく、発毛・育毛にも効果的な万能なフルーツと言えます。ぜひ、日頃からリンゴを食べるようにし、健康的な身体作りをしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ