鳩のベランダ対策!糞だけじゃない健康への被害

鳩

ベランダに鳩が頻繁に来て困っているという方いませんか?鳴き声がうるさかったり糞の掃除が必要だったり…と、とても大変ですよね。また、それだけではなく衛生や健康面も心配になる方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、ベランダに来る鳩を何とかしたいと考えている方に向けて、鳩の撃退法をご紹介します。

スポンサードリンク

鳩による健康被害

鳩の糞や羽によってベランダが汚れるのはもちろんですが、菌が繁殖し飛散することによって私たちに健康的な被害をもたらす可能性があります。

例えば、喘息やアレルギー、クリプトコッカス症(糞が乾燥し飛散したものを吸い込むことで風邪のような症状が出る病気)が挙げられます。過去には、糞の中のカビによって亡くなった方もいます。

お子さんや高齢者、免疫力が下がっている人は特に健康的な影響を受けやすく、特に注意が必要です。

鳩の対策法・撃退法

鳩よけネット

鳩は、巣を作る場所を探すためにベランダを飛び回っています。もし鳩がベランダにいたら既に室外機の下や裏などに巣を作っているかもしれません。しかし、巣を作られてしまったら、もう勝手に駆除することは出来ません。

日本には鳥獣保護法という法律があって鳥類を傷つけたり殺したりすることが禁じられており、鳩の巣を駆除するには届け出が必要となります。そのため、巣を作られる前に対策をすることがとても重要なのです。

そこで、鳩に巣を作られないようにする対策法をご紹介します。

こまめに掃除をする

ベランダをこまめに掃除するようにしましょう。小枝や針金などがベランダにあったら、鳩が巣を作り始めているかもしれません。見つけたらすぐに撤去してください。

鳩の天敵の置き物をベランダに置く

カラスやネコ、ヘビといった鳩の天敵の置き物をベランダに置くことで、鳩が近寄らないようになります。例えば100円ショップで売っているような子供用のヘビのオモチャでも効果があります。

ただ、ずっと同じものを同じ場所に置いてしまうと、鳩は動かないものだと認識し、またベランダに近づいてくるようになるので効果の持続性はあまりありません。定期的に違う場所に移動させたり、違うものを置くようにしましょう。

スポンサードリンク

鳩よけネット

ベランダに鳩よけネットを設置することで鳩の侵入を防ぐことが出来ます。ただし、マンションに住んでいる方は設置する前に必ず管理会社に設置して良いか確認をしましょう。

マンションによっては、外観が損なわれるという理由で設置の許可がおりないこともあります。

ベランダに針山を設置する

鳩が止まっていた場所、もしくは室外機の上など鳩が止まりそうな場所に針山を設置すると効果的です。小さいお子さんがいる家庭ではお子さんが怪我しないように注意してください。

ベランダにテグス設置する

釣り糸のようにナイロンなど合成繊維で出来たひものことをテグスといい、このテグスを手すりや腰壁に設置することで鳩の侵入を防ぐことが出来ます。鳩はテグスが見えないので、ぶつかると驚いて危険を感じ近寄らなくなります。

ベランダに磁石を置く

鳥類には脳内に磁気を感じ取る機能があり、強い磁気に近づくのを嫌がる習性があるため、ベランダに磁石を置くことで鳩が近づくのを防ぐことが出来ます。

一般的に売られている磁石だと効果が弱い可能性があるので、なるべく鳩用として販売されているものを選びましょう。

鳩の嫌がる臭いがするものを置く

鳩の嫌がる臭いの代表的なものは漂白剤の臭いです。漂白剤を薄めた水で布か紙を湿らせベランダに置いたり、その水を散布すると鳩が近づくのを防ぐことが出来ます。

その他にバラの臭いも鳩は苦手としているので、ローズマリーを育てたりバラのアロマオイルを薄めてベランダに散布することも効果的です。しかし、定期的な散布が必要ですし、雨の日には効果がなくなるので他の方法と併用すると良いでしょう。

まとめ

今回は、鳩のベランダ対策法をご紹介しました。鳩よけネットやネコ、カラスなどの置き物を置いたりと、色んな対策法があります。

鳩がベランダに来ると衛生面や健康面でも悪影響があるので、この記事を参考にして鳩が近付いてこないよう対策をしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ