目のゴミが取れないときの対処法!上まぶたの異物も簡単!

目のゴミ

突然、目に激痛が走る事ってありませんか。ゴミや抜けたまつ毛が目に入ってしまうと本当に痛いものです。時には目を開けていられないくらい痛くなってしまうこともあります。

何度もまばたきをして、自然に取れればいいのですが、取れないときはどうしたらよいか困ってしまいます。目はデリケートなので、強くこすってキズがつくのも怖いし対処に本当に迷います。

また、自分の目なら良いですが、子どもの目に入ってしまうと思うように取れず、余計に焦ってしまいます。そこで今回は、目のごみが取れないときの対処法について紹介しています。

目にゴミが取れなくて困った経験がある方はぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

目のゴミが取れないときの対処法

上まぶたを軽くつまむ

上まぶたをつまむと目が乾燥します。そうすると涙が自然と出てきて、ゴミを流してくれます。目が痛くてまばたきができないというときはこちらの方法がおすすめです。

水の中でまばたきをする

涙が出ないときは、水の中でまばたきをしましょう。洗面器などに水をためてその中でまばたきをするとゴミが流されます。まずは、手をきれいに洗い、水道水を手の中に貯めて、水の中でまばたきを繰り返します。

水道があれば、できるのでこれもお手軽な方法です。

目を閉じてツバを吐く

ゴミが入った方の目を閉じてまぶたの上から手で軽く押さえます。そのあと、目を閉じたまま、眼球だけを下に向けて思いっきりツバを吐きます。取れる理由はよくわかっていないのですが、これだけでゴミが取れます。

ツバが吐けない状況のときは、ツバを吐く代わりに、舌を大きく出したまま息を吐きだすと同じような効果が得られます。

綿棒で取り除く

なかなか取れないのが、上まぶたのゴミです。慣れるまでちょっと怖いかもしれませんが、試してみてください。まずは、濡らした綿棒を用意します。視線を下に落とし、まぶたの力を抜きます。

親指と人差し指で上まぶたをめくり、綿棒でごみを取り除きます。ポイントは、力を抜くことです。緊張していると、なかなかまぶたをひっくり返せないので、リラックスして行いましょう。

コンタクトレンズをしている場合

コンタクトレンズ

コンタクトレンズの使用中にゴミが入ると、目を開けていられないくらい痛くなることがあります。コンタクトレンズを付けたままだと痛いのはもちろん、ゴミも取にくいので、まずはコンタクトを外しましょう。手を石鹸で洗ってから、コンタクトを外します。

ハードコンタクトレンズは、水道水ですすぎ、ソフトコンタクトレンズは、コンタクト用の消毒液などですすいで、いったんケースにしまいます。その後に、上記の対処法を試してください。

ソフトコンタクトレンズを使用している方は、水道水ですすげないので、普段からコンタクトレンズのケースや消毒液を持ち歩くようにしましょう。

スポンサードリンク

目のゴミをとるときにやってはいけないこと

目に異物感があると、反射的に目をこすってしまいますが、絶対にやめましょう。目にゴミが入った状態でこすると、さらに取りにくくなったり、角膜を傷つけてしまうこともあります。

特に女性の場合はメイクが傷に入り、炎症を起こすことがあるので注意が必要です。

どうしてもゴミが取れないときや、異物感が残るときは

眼科

こんなときは、速やかに眼医者に行きましょう。特に白目の部分は痛みを感じにくいといわれています。小さな木片が刺さっていても、気づかなかったというケースもあるくらいです。少しでも違和感が残っていたら、眼科を受診しましょう。

まとめ

目は体の中でもかなりデリケートな部分になので、ごみを取るときも無理には行わず、優しくしましょう。自力でゴミが取れなそうなときは、早めに眼科医に相談してください。

特に、小さな子どもだと、ごみを取ろうとしても、なかなかうまくいかないこともあると思いますので、そんなときは小児眼科を受診すれば、先生も手馴れていますので、安心してお任せできます。目のゴミは早めに対処して、目を大切にしていきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ