会社の健康診断は勤務時間内に行ってもいい?

会社

毎年春と秋がピークといわれる会社の健康診断ですが、会社にお勤めのみなさまは毎年受けていますか?会社の健康診断にも、会社の中で集団検診をしたり会社指定の病院で受けるなどいろいろなやり方があります。

従業員みんなが同じような勤務時間で、なおかつ会社で集団検診をする場合は良いのですが、勤務時間がバラバラだったりどこかの病院などで受診する場合は、勤務時間に行っても良いものなのでしょうか。

そもそも健康診断は義務なのでしょうか?

スポンサードリンク

会社の健康診断は義務なのか

会社の健康診断は労働安全衛生法で実施が義務付けられています。パートやアルバイトであっても、労働時間が通常の労働者の4分の3以上であれば義務が生じます。

従業員の健康管理のために必要とされているからで、違反すると会社側に罰金刑が処せられることもあるそうです。そのため従業員側にも受診する義務があり、特に罰則はありませんが勝手に断ることはできません。

一般健康診断を受ける義務があるのは常時勤務している労働者で、受診するのは1年に1回です。数値に異常があった場合は再検査(二次検査)を受けるように通達がきます。会社によっては再検査の診断結果も提出しなければなりません。

これは厚労省から会社側に、二次検査の受診を勧奨し、その結果を事業者に提出させることが適当である、というお達しがあるからです。

40歳を境に血糖値や血圧など受けなくてはならない項目が増えるので、不健康をないがしろにしておくわけにもいきません。

再検査は会社側にとっても従業員にとっても義務ではありませんが、自分の健康管理のためには受けた方がよろしいかと思います。この健康診断の実施方法には大きく分けると3つのやり方があります。

  • 会社で集団検診をする
  • 会社指定の病院で受診する
  • 各自で受診して診断書を提出する

健康診断が会社の義務だということはわかりましたが、健康診断の実施方法は会社によってそれぞれです。果たして勤務時間内に行ってもいいものなのでしょうか?

会社の健康診断は労働時間とみなされるのか

健康診断

義務だということは労働時間とみなされそうですが、実際にはきちんとした決まりはありません。厚生労働省のHPにはこのように記載されています。

健康診断には大きく分けて一般健康診断と特殊健康診断があります。

一般健康診断とは、職種に関係なく、労働者の雇入れ時と、雇入れ後1年以内ごとに一回、定期的に行う健康診断です。特殊健康診断とは、法定の有害業務に従事する労働者が受ける健康診断です。

一般健康診断は、一般的な健康確保を目的として事業者に実施義務を課したものですので、業務遂行との直接の関連において行われるものではありません。

そのため、受診のための時間についての賃金は労使間の協議によって定めるべきものになります。ただし、円滑な受診を考えれば、受診に要した時間の賃金を事業者が支払うことが望ましいでしょう。

特殊健康診断は業務の遂行に関して、労働者の健康確保のため当然に実施しなければならない健康診断ですので、特殊健康診断の受診に要した時間は労働時間であり、賃金の支払いが必要です。

引用元:http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/faq/2.html

要するに一般健康診断の場合、労働時間とするかしないかは労使間で決めてください、ということです。ただ厚労省としては、労働時間とすることが望ましいと謳っています。

望ましい・・・なんとも曖昧な表現で悩ましいのですが、賃金は払っても払わなくてもどちらでも構わないけど、できれば払ってください、ということです。

日給制や月給制だと健康診断を受けている時間だけ給与を削減、というのは少し考えにくいですが、時給だと支給してもらえないケースがあるかもしれません。もし疑問に感じたら、総務課か上司に相談してみてください。

ただし、特殊健康診断の場合は労働時間とみなされるので、もし労働時間外に受診するのであれば、割増賃金が発生します。

この特殊健康診断を受診するのは粉塵作業や有機溶剤業務、鉛業務などの従事者になり、検査内容も別々で3ヶ月に1回や半年に1回など、それぞれの仕事の内容でバラバラです。

健康診断を受診する時間も労働時間とみなされているので、きちんと受診するようにしてください。

スポンサードリンク

会社の健康診断の費用と交通費は誰の負担なのか

会社の健康診断が労働時間とみなされるか?は玉虫色の結果となりましたが、では健康診断にかかる費用や交通費はどちらが負担するのでしょうか?

健康診断の費用

一般健康診断の検査項目は厚生労働省によって決められていて、これにかかる検査費用は全額会社が負担します。決められた以上の検査、例えば人間ドッグなどを一緒に受診した場合、はみ出た部分については会社には負担義務はありません。

差額は自己負担で受診することになります。また、業務終了後に健康診断を受けた場合の残業代は発生するのかといえば、一般健康診断だと発生しないというのが一般的です。

労働時間内の健康診断については労働時間とみなしますが、時間外に受けた健康診断については、労働時間とはみなさないところが多いそうです。

同じ会社の中でも、労働時間内に受診できる人と労働時間外に受診する人が出てくるケースもあり、不公平感は否めませんが会社の規定に従うようにしましょう。

健康診断を受けるために病院などへ行く場合、交通費はどちらが負担するのか、というとこれも決まりはありません。全ては会社側の判断によるものなので、確認してみてください。

支給されないと思っていても、支給される規定になっている場合もあります。

まとめ

会社の健康診断が労働時間とみなされるかどうかは、会社の規定によります。勤務時間とみなされることが一般的ですが、それは強制ではありません。迷った場合は上司や総務課に聞いてみると良いでしょう。

ただし、健康診断を受けることは、会社にとっても従業員にとっても義務です。1年に1回きちんと受診して、自分の体調管理に役立ててください。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ