スーツに白の靴下はどうしてダメ?くるぶしソックスやチェック柄は

スーツに白い靴下

かっこよくスーツを着こなしている男性ってとても素敵ですよね。かっこよくスーツを着こなすにはいくつかのポイントがあります。その中の一つが靴下です。

「あまり見えない部分だから、靴下なんて何でもいいでしょ」と思う人もいるかもしれませんが、スーツに合わせてはいけない靴下もあります。その中でもよく知られているのが白の靴下です。

この記事では、なぜ白の靴下をスーツに合わせてはいけないのかを紹介しています。また、スーツのときに選ぶべき、靴下の丈や柄についてもまとめましたので、靴下選びの参考にしてみてください。

スポンサードリンク

スーツに白の靴下はどうしてダメなの?

学校の制服には白い靴下を合わせることも多く、靴下といえば「白」というイメージを持っている人も多いと思います。ところが、社会人になりスーツを着るとなると、白の靴下は途端にNGになるのです。

白の靴下をスーツに合わせてはいけない理由は、スーツの歴史にあります。スーツは軍服がルーツとされていて、ブーツとともに身に付けるものでした。それが一般にも広がるようになり、ブーツ以外の靴も用いられるようになりました。

そのとき、ブーツのときと同様に足元の一体感を重視したため、スーツと同じ色の靴下を履くようになりました。また、ダークカラーのスーツに、白の靴下を履くと、靴下が悪目立ちしてしまい、全体のバランスを損ねてしまいます。

そこで、足元のバランスが取れるように、スーツと同じダークカラーを選ぶのです。

白い靴下はカジュアルなイメージ

一般に白い靴下がもつイメージは、カジュアル、スポーティー、学生、作業着といったものです。なので、ビジネスシーンで白い靴下を履いてしまうと、場違いな雰囲気がでてしまい、「この人、分かってないな」という印象を相手に抱かせてしまうのです。

靴下の丈は?くるぶしソックスはOK?

くるぶしソックス

靴下の長さは、素肌が見えない長めのものを着用しましょう。スーツのときは、足元から素肌が見えるのはマナー違反ですので、くるぶしソックスは絶対にやめましょう。どんなに素敵なスーツを着ていても、足元で台無しになってしまいます。

選ぶときのポイントは、座ったときにも素肌が見えない長さのものです。くるぶしより長くても、座ったときに素肌が見えると、だらしない印象になります。心配なときは、スーツを着て座って確認しましょう。

ミドル丈の靴下は、歩いている間にずり落ちることもあります。営業など歩く機会の多い人は、ロング丈の靴下がおすすめです。

スポンサードリンク

靴下の柄は?チェック柄はOK?

スーツの靴下の基本は、目立たず、スーツと靴を引き立てることなので、基本的には無地のものです。チェック柄物を着用する場合は、ダーク系の配色の目立たないものを選びましょう。

また、チェックの靴下を選ぶならスーツは無地にするなど、全体のバランスにも気を付けましょう。注意したいのが、ストライプ柄です。ストライプ柄は、基本的にモーニングなどの正装のときに使用するものなので、ビジネスシーンには不向きです。

まとめ

スーツに白い靴下がダメな理由や、おすすめの靴下についてまとめましたが、これはあくまでビジネスシーンの話です。結婚式などのドレスアップする場面や、プライベートシーンでおしゃれの一つとしてスーツを楽しむ場合はこの限りではありません。

ビジネスは、装いを楽しむ場ではありませんで、スーツに対してのきちんとした知識が必要です。マナーを守れないと、常識がないという印象を与えかねませんので、十分に気を付けましょう。

控えめな靴下といっても、今はさまざまなデザインが楽しめますので、お気に入りの一足を見つけましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ