服についたファンデーションの落とし方

ファンデーション

メイクをしていると、服にファンデーションが付くというのは、誰でも経験するのではないでしょうか。また、メイクをしない人でも満員電車に乗っていると、思わぬところにファンデーションが付いてしまうこともあります。

ファンデーションの汚れは、洗濯をしても落ちにくく、お気に入りの服に付くと、本当にがっかりしてしまいます。ピンチのときに参考にしてほしい、服についたファンデーションの落とし方をまとめました。

スポンサードリンク

ファンデーション汚れが手強い理由

ファンデーションは主に顔料となる粘土鉱物と油でできています。つまり、ファンデーションの汚れは、泥汚れと油汚れが一緒になっているようなものなので、とても落ちにくいのです。

その性質が、メイクとしては崩れにくいので、とてもありがたいのですが、服につくと落ちにくい厄介な汚れとなります。

服についたファンデーションを落とすには

ベンジン

取りあえず洗濯機で洗いたくなってしまいますが、そのまま入れてしまうと、逆に汚れが落ちにくくなってしまいます。大切なのは、汚れを落としてから、洗濯機に入れることです。汚れに洗剤をつけ、叩いて汚れを浮かせて落とします。

生地をこすると、傷めたり、毛玉ができたりするので気を付けましょう。家にあるもので洗剤代わりに使えるものを紹介します。

クレンジングオイル

ファンデーションがついた部分に、乾いた状態でクレンジングオイルを指でトントンとたたくようになじませ、お湯で洗い流します。

ベンジン

ベンジンとは油性の汚れにも強い薬品で、クリーニング店でも使用されています。薬局やドラッグストアで購入できます。ファンデーションがついた部分に白いタオルなどを当てます。

歯ブラシやスポンジなどにベンジンをつけて、裏からポンポンと優しく叩いて汚れを当て布に移します。ベンジンは揮発性があるので、洗い流さなくて大丈夫です。

シェービングクリーム

シェービングクリームに含まれる界面活性剤が汚れを分解します。女性用でも男性用でも大丈夫ですが、泡状のものを使いましょう。ファンデーションがついた部分にシェービングクリームを塗り、5分ほどおいて洗い流します。

台所用洗剤

台所用中性洗剤は脂汚れに強い洗剤です。ファンデーションの成分も油なので、落ちやすいのです。汚れた部分に洗剤をつけてもみ洗いしてください。

市販のシミ抜き剤

市販の染み抜き剤を使うのももちろん大丈夫です。シミや生地の種類によっていろいろな商品があります。ファンデーションは油汚れなので、自分の持っている服の素材に合うものを1つ持っていると便利です。

頑固なファンデーション汚れには

この方法は、リキッドファンデーションや時間が経ってしまったときなど、落ちにくい汚れに向いています。

台所用洗剤+クレンジング剤

洗剤とクレンジングオイルを1:1で混ぜ、歯ブラシなどで汚れた部分につけて叩くように汚れを浮かせます。その後ぬるま湯でもみ洗いをします。この方法は、口紅なども落とせます。

煮洗い

素材が綿や麻なら煮洗いができます。鍋にお湯を沸かし、弱火にして粉末洗剤か、粉末の酸素系漂白剤、もしくは重曹を入れます。洗剤の量はお湯1Lに小さじ2程度です。汚れがついた服を一緒に入れて、弱火で15分ほど煮ます。

漂白剤を使うときは、火を止めて粉末を入れ、20分くらいつけ込みます。その後、洗濯機でもう一度洗います。ただし、化繊や絹はシワになったり縮んだりします。素材を確認してから行ってください。

スポンサードリンク

外出先での応急処置

ハンカチで拭きとる

汚れは早ければ早いほど、落ちやすいので外出先での応急処置を知っていれば安心です。よく、水をつけたハンカチなどでこすってしまう人もいますが、ファンデーションは油汚れなので、シミの原因になってしまいます。

乾いたハンカチやティッシュで表面の汚れだけでも先に落としておきましょう。余裕があるときは、ハンカチにお湯とハンドソープをつけ、上から押さえて汚れを吸い取ります。このとき、裏からティッシュなどで当て布をするとよいでしょう。

ファンデーションを落とすときの注意

汚れを落とす前に必ず確認してほしいことがあります。それは、製品の洗濯表示です。中には水洗い出来ない素材もありますので、必ず確認してください。

洗えないものを無理に水洗いしてしまうと、シミができたり、生地を傷めたりする可能性があるので、気を付けましょう。水洗いできないものは、クリーニングに出すことをおすすめします。

まとめ

落ちにくいファンデーションも早めに落とせば、きれいになります。面倒くさがらずにその日のうちにお手入れしましょう。特に女性はメイクをしている以上、ファンデーションの汚れは避けられない問題です。

対処法を知っていれば、おしゃれもメイクも思いっきり楽しめますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ