ジュースの砂糖の量の調べ方!一番ヤバイ飲み物はコレ!

ジュース

普段何気なく飲んでいるジュースですが、含まれている砂糖の量を気にしたことはありますか?「ノンカロリー」や「糖類ゼロ」といった謳い文句がパッケージに大きく記載されていると、ついつい安心して飲んでしまいがちです。

「糖類ゼロ」とは砂糖が入っていないという認識で良いのでしょうか?ジュースに入っている砂糖の量の調べ方や、もっともヤバイ飲み物についてご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

飲み物に入っている糖分ってなに?

よく見かける「糖質ゼロ」と「糖類ゼロ」ですが、同じものだと思っていませんか? 実は意味が違います。糖質も糖類も炭水化物の仲間で、炭水化物から食物繊維を除いたものが糖質です。

糖質のグループに入っているのはご飯などに含まれる「多糖類」、キシリトールなどの「糖アルコール」、人工甘味料の「アセスルファムK」、それに「糖類」です。なので「糖類ゼロ」といっても糖質がゼロだとは言えないことになります。

多糖類にはデンプンといった甘さのないものもあるので、糖質=甘いとはいえません。さらに糖質のグループに入っているのが糖類で、この糖類には「単糖類」と「二糖類」のふたつがあります。

「単糖類」はブドウ糖や果糖といったものがあり、「二糖類」には砂糖や乳頭があります。

炭水化物-食物繊維=糖質

糖質=糖類+多糖類+糖アルコール+アセスルファムKなど

糖類=単糖類+二糖類

こんな図式になります。単糖類は糖質の最小単位で、ブドウ糖や果糖などがあり、二糖類はこの単糖が2つ結合したもので、砂糖やショ糖などがあります。多糖類は多数の糖類が結合したもので、でんぷんやグリコーゲンといったものです。

ちょっと(かなり)ややこしいですが、このように糖質にはたくさんのものがあり、甘さもそれぞれ違います。代表的な糖で比べると、果糖>砂糖>ブドウ糖となり、果糖が一番甘いという順番になります。

ジュースに入っている砂糖の量の調べ方

角砂糖

では、ジュースなどの飲み物に入っている砂糖の量はどのように調べるのでしょうか?まずはパッケージに表示されている成分表示をみてみましょう。糖類は炭水化物なので、炭水化物の量を確認してください。

成分表示は一般的に「100ml当たり」となっていると思いますが、これは100miにつき炭水化物がどのくらい入っているか、という表示です。

例えば500ml入りのペットボトルに「100ml当たり炭水化物10g」という表示であれば、10g×5で50gの炭水化物が入っていることになります。この炭水化物の量が砂糖の量になります。

「炭水化物がそのまま砂糖なの?」と疑問に思われると方も多いでしょうが、あくまでも食物繊維を多く含まない食品の目安として表されます。

炭水化物から食物繊維を除いた糖質にはいろいろな種類の糖がありますが、一般的にはそれらをひっくるめて「砂糖」と表現しています。

よく「この商品にはこれだけの角砂糖が入っています」という画像を見かけますが、実際に砂糖が入っているわけではなく、正確には糖質が含まれているということです。

スポンサードリンク

ジュースに含まれる砂糖の量で一番ヤバイ飲み物とは

では気になる飲料水に含まれる砂糖の量を比べてみましょう。1本500mlの中にどのくらいの砂糖が入っているのかを表しました。グラムで表示されてもわかりにくい!っていう方のために、角砂糖(1個4gとして)の個数も一緒に表示したので参考にしてください。

缶コーヒー 35g 角砂糖9個

缶コーヒーは500mlも飲まないので半分以下と考えていいでしょう。それでも角砂糖4個分くらいになるので、かなりの糖分です。

缶コーヒー(微糖) 15g 角砂糖4個

微糖になると半分以下になりますが、微糖というわりには多すぎのような気がします。飲み過ぎには注意してください。

コカコーラ 55g  角砂糖14個

14個! 多いとは思っていましたが想像以上でびっくりです。

サイダー 50g 角砂糖12個

サイダーはスッキリするので糖分は少ないのかと思っていたのですがコーラに負けていません。暑いときなどガブ飲みしちゃいますが、気をつけましょう。

スポーツ飲料 20g 角砂糖5個

サイダーやコーラに比べると少なく感じますが(笑)角砂糖5個と考えると多いです。汗をかいたあとの飲み過ぎには気をつけたいです。

紅茶飲料 25g 角砂糖6個

これはストレートタイプのもので、ミルクやレモンタイプはもっと糖分が増えます。家で紅茶を飲むとき6個も入れないですよね。恐ろしいです・・・。

カルピスウォーター 55g 角砂糖14個

カルピスは甘いですが、薄めるのでそれなりに糖分も減るのかと思っていましたが、ちょっとショックです(笑)

牛乳 25g 角砂糖6個

牛乳には乳糖という糖質が含まれています。しかも結構な量なので、毎日多めに飲んでいる方は糖分にも気をつけてください。ということでかなりショッキングな内容となりましたが、最後に一番ヤバい飲み物は? を独断と偏見で選びました。

それは…

果物ジュース

果物ジュース 60g 角砂糖15個

フルーツ系のジュースはたくさん種類があるのであくまでも目安とお考えください。それにしても砂糖の量に驚きです。うかつに「ビタミンC」を摂りたいなんて思ってたくさん飲んでしまうと、反対に体に害を及ぼしそうです・・・。

フルーツ系のジュースを飲むときは、炭水化物の量を確認してからにしましょう。ちなみに健康にいいとされるヤクルトですが、あの小さな容器に角砂糖が3個分も入っています。

そしてオロナミンCもあの小さな瓶に角砂糖4個分の糖分が含まれているので、いくら健康に良いとは言っても摂りすぎには注意したいものです。

まとめ

今まで何も考えずに飲んでいた飲料水ですが、あまりの糖質の多さにびっくりした方も多いと思います。だいたい3〜4gが角砂糖1個分と覚えておいてください。

そして今度からは飲み物を手に取ったら、レジに行く前に「炭水化物」の量を確認して、角砂糖の個数を想像してみてください。そうすることで糖分の摂りすぎを抑えていきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ