インスタント味噌汁は健康によくない?栄養はあるの?

味噌汁

味噌汁は体に良い健康食品、というイメージですが、これがインスタントとなるとどうでしょうか?塩分や食品添加物がたっぷりだったり、栄養そのものがあるのかどうかも疑問に思います。

お湯を注ぐだけの手軽さで、果たして味噌汁が持つ栄養分は摂れるのでしょうか。そこで今回はインスタント味噌汁の栄養や、健康に関することについてまとめてみました。果たしてインスタント味噌汁は健康にとって良いものなのでしょうか?

スポンサードリンク

インスタント味噌汁とは

インスタント味噌汁とは、ただお湯を注ぐだけで完成する味噌汁です。家族の少人数化や食事時間がバラバラだったりする現代、少量の味噌汁を作るためにわざわざ出汁をとって作るのも面倒だったり不経済だったりします。

味噌も出汁入りのものが増えていて、煮た野菜に味噌を入れるだけで美味しい味噌汁ができますが、もっと手軽なのがインスタント味噌汁です。現在とても多くの種類が販売されているのをご存知でしょうか。

パックに入った具がほとんどないものや、具が別にパックされているもの、粉末タイプのものやフリーズドライになっているものなどがあります。カップに入ったタイプのものは、お弁当のお供や夜食としても重宝します。

具の多いカップ味噌汁を朝ごはん代わりに、っていうブームもありました。また塩分が気になる人のために「減塩」と謳ったインスタント味噌汁も多く売られています。

このように手軽に頂けるインスタント味噌汁ですが、果たして本当に健康に良いのでしょうか?

インスタント味噌汁の栄養

インスタント

まずは味噌の栄養をみてみましょう。味噌には多くのビタミン類の他にもナトリウム、カリウム、マグネシウム、リン、鉄などの他、不飽和脂肪酸や食物繊維なども含まれてとても栄養豊富です。またこんな働きもあるとされています。

  • コレステロールの抑制
  • 血圧の上昇を抑える
  • 骨粗鬆症に効果がある
  • 糖尿病の予防
  • アンチエイジング効果

味噌を食べるだけでかなり長生きできそうです(笑)味噌の原材料はご存知の通り大豆で、大豆そのものにも豊富な栄養素が含まれていますが、味噌も納豆と同じ発酵食品で発酵することでアミノ酸やビタミンなどが作られます。

発酵食品のもうひとつの優れたところは消化吸収が良くなることです。もともと大豆は消化吸収が良くないのですが、味噌にすることで栄養を吸収しやすくなります。そしてご飯との相性もバッチリなのが嬉しい利点です。

ご飯にはエネルギーの元になる炭水化物、ビタミン、ミネラル、食物繊維が含まれている他、体の中で作ることができない必須アミノ酸も含まれています。

この必須アミノ酸、全部で9種類あるのですが、ご飯と味噌汁にはそれぞれが足りない部分を補うように必須アミノ酸が含まれていて、一緒に食べることで相乗効果を生み出します。

ご飯に味噌汁が合うのは、美味しい以外にも栄養面からの理由あるからだと、先人は知っていたのかもしれません。このように良いことづくめの味噌汁ですが、インスタントも同じように栄養が豊富だと考えて良いのでしょうか?

ではお答えします。

生タイプのインスタント味噌汁は殺菌加熱してあるので、ビタミンやミネラルといった熱に弱い栄養素は損なわれていると考えられます。でも全体的に栄養がものすごく減っているというわけではありませんのでご安心ください。

加熱処理されていない粉末タイプのものやフリーズドライなら、栄養が失われずに保つことができるといわれています。栄養の面から見ると、生タイプのものより粉末やフリーズドライのものを選んだ方が良さそうです。

スポンサードリンク

インスタント味噌汁は健康に良い?悪い?

健康に良いか悪いかで、一番気になるのは「添加物」ではないでしょうか。インスタント味噌汁によく使われている食品添加物はこのようなものです。

酒精

エチルアルコールのことで、味噌が発酵しすぎないようにするためなどに使われますが、アトピーや喘息の原因とされています。ただしインスタントの味噌汁というよりは、味噌そのものに含まれている添加物です。

調味料

化学調味料のことです。よくアミノ酸等と記載されていますが、要するにうま味調味料のことで、「味の素」などがそうです。インスタント食品に限らず、売られている総菜や弁当、外食したときの食事にもほとんどと言って良いほど含まれています。

この化学調味料は偏頭痛を起こしたり、緑内障になるという報告もあったようですが、実証されてはおらず、通常の摂取であれば毒性は確認できないとのことです。

ですが多くの食品に含まれていることを考えると、インスタント食品や外食ばかりの食生活は考え直した方が良いかもしれません。

酸化防止剤

インスタント味噌汁で酸化防止剤として多く使われるのがビタミンEです。このビタミンEには天然のものと合成で作られたものがあり、天然のものだと遺伝子組み換えの可能性があります。

合成のものだと現在ではブドウ糖から作られているということです。本来ビタミンEには抗酸化作用があるのですが合成には全くありません。ですが特に健康に害があるという記載は見つかりませんでした。

凝固剤

塩化マグネシウム

主な成分は塩化マグネシウムで、特に健康に害はないとされています。ですが摂りすぎると腎臓障害や下痢を起こしてしまうこともあるそうです。

多くのインスタント味噌汁に使われている添加物をご紹介しましたが、食品メーカーも基準値内で製造しているので、日常いただく量であれば問題ありません。

ただ他の食品にも添加物は含まれているので、必要以上の摂取には気をつけたいです。あとカップ入りのインスタント味噌汁の場合、容器にも注意をしてください。

発泡スチロールのものは、熱湯を注ぐことによって発がん性物質のスチレンが溶け出すといわれています。紙製のものを選ぶか、お湯を注ぐときに別の容器に移し替えた方が安心です。

まとめ

インスタントの味噌汁にもちゃんと栄養があり、特に粉末やフリーズドライのタイプだと栄養素が損なわれにくくなります。

健康面でいうと、食品添加物はインスタント食品に限らずいろいろな食品に含まれているので、全体的に摂り過ぎは良くありません。ですが通常の摂取であれば健康には害がないように作られています。

インスタント味噌汁はわたしも良く利用するので安心しました(笑)ですが、摂りすぎには気をつけるようにします。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ