歯ぎしりの原因と治し方 マウスピースは効果あり?

歯ぎしり

朝、目が覚めたときに顎が痛かったり、口の周りが疲れていたりした経験はありますか?または、家族や友人から歯ぎしりを指摘されたことがある人もいらっしゃるでしょう。

自分では無自覚なことも多い歯ぎしりですが、ひどくなると歯がすり減ったり、ヒビがはいることさえあります。そこで今回は歯ぎしりが起こる原因と、その治し方をまとめました。

スポンサードリンク

歯ぎしりの原因

歯ぎしりの詳しいメカニズムについては、いまだにはっきりとは解明されてはいませんが、最も大きな要因としてストレスがあげられます。ストレスをうまく解消できなかった場合、体が無意識に歯ぎしりをしてストレスを発散しようとするのです。

通常、眠っているときは、副交感神経が優位に働くのですが、ストレスがよって交感神経が活発になりすぎることで歯ぎしりが起こるとされています。また、歯ぎしりには噛み合わせの悪さも関係します。

噛み合わせは成長や老化、虫歯や歯周病、またその治療などの口内環境の変化に合わせて絶えず変化しています。噛み合わせが悪くなったタイミングでは、自分で無意識に歯ぎしりをして噛み合わせを調整していると言われています。

歯ぎしりの治療法

マウスピース

マウスピースを使った治療法

スプリント療法

歯ぎしりの治療で最も一般的なのが、マウスピースを使った治療法です。その人の歯並びに合わせてマウスピースを作り、睡眠時に装着して噛み合わせの調整を行っていきます。

歯ぎしりを防止するのと同時に、顎関節への負担を軽くします。市販のマウスピースは合わせ方が難しく、やり方を間違えると噛み合わせが悪くなってしまうこともあるので、歯医者さんで自分に合ったものを作るようにしましょう。

スポーツ用マウスピース

運動中は想像以上に強い力が歯に加わります。運動中に加わる強い力をスポーツ用のマウスピースをすることによって逃がし、歯や顎にかかる負担を和らげます。頻繁に運動をする方におすすめの治療法です。

また、運動中に歯や口の中の粘膜を傷つけないためにもマウスピースは有効です。

噛み合わせをよくする

正しい噛み合わせによって歯ぎしりが軽減されることが分かっています。虫歯があったり、抜歯したりした場合は、片側だけで噛んでいることがあります。その場合は治療によって左右両方の歯で噛める噛み合わせに調節します。

薬物療法

ジアゼパムやメトカルバモールといった筋肉の緊張を緩める薬で、噛み合わせに使う筋肉の緊張を軽減し、強く噛むことを抑制します。しかし、薬の副作用や依存の心配があるため、長期間にわたり薬物療法を行うことはできません。

矯正治療

歯並びが悪いと、歯に負担がかかり、過度な歯ぎしりを引き起こすことがあります。矯正治療により、体に悪影響のない程度の歯ぎしりにコントロールできます。

スポンサードリンク

家でできる対処法

何となく歯ぎしりが気になるなという方は、家でできる対処法を試してみてはいかがでしょうか。

お酒を飲み過ぎない

過度の飲酒は歯ぎしりを引き起こしますので、寝る前にお酒を飲みすぎないようにしましょう。

歯ぎしりに気付いたらすぐにやめる

目が覚めているときなど、歯を食いしばっていることに気が付いたら、すぐに歯を離すようにしましょう。少しずつでも意識することが大切です。家の中などに「噛みしめない」と書いた紙を貼っておくことも有効です。

食事のときの噛み方に気を付ける

噛み方に気を付ける

食事のときに片側ばかりで噛まないようにしましょう。片側ばかりで噛んでいると、噛み合わせが悪くなり、歯ぎしりをしやすい状態になってしまいます。左右の奥歯を均等に使って食事をしましょう。

また、1回の噛む力を弱くして、その分噛む回数を増やすようにするとより効果的です。

マッサージ

口の周りをマッサージして、筋肉の緊張をほぐすことで歯ぎしりを軽減させます。筋肉のこわばりが取れるので小顔効果も期待できます。

まとめ

歯ぎしりを放置してしまうと、歯や歯茎にダメージが出るだけでなく、肩こりや頭痛など体調にも悪い影響をもたらします。歯ぎしりが気になる人は、まずは簡単にできる対処法を試してみてください。

また顎や歯に痛みがある、冷たいものが歯にしみるなどの症状がある方は早めに歯科医院に相談することをおすすめします。また、ストレスをためないことは歯ぎしりの予防につながります。普段から適度にストレスを発散して歯を守りましょう。

▼関連記事

歯ぎしりの治療は何科?どんな治療方法があるの?

歯ぎしりを自分で治す方法!寝ているとき・起きてるとき

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ