土鍋の焦げの落とし方

土鍋

やっぱりひとつは持っていたい土鍋ですが、ついてしまった焦げを落とすのって結構難しいです。簡単についてしまう土鍋の焦げ、あなたはどうしていますか?

そのときに焦げをとったつもりでも、次に使うとまた同じ場所が焦げてしまう”焦げ癖”もやっかいです。

今回はそんな土鍋についた焦げの落とし方についてご紹介させていただきます。 簡単に落とせる方法はあるのでしょうか?

スポンサードリンク

土鍋が焦げる理由について

まずは土鍋が焦げてしまう原因についてまとめてみました。土鍋には細かい穴がたくさん空いていて、そこに入り込んだご飯や野菜などが原因となってしまうようです。

火が強すぎる

ご飯を炊くときに出やすいケースです。一気に強火で炊き上げるのが美味しいご飯を炊くコツになるので、目一杯強火で炊いてしまうとどうしても焦げがついてしまいます。これを防ぐには、ただただご飯を炊き続けてコツを習得するしかありません。

火加減を調整しながら、焦げ付かず美味しいご飯が炊けるように挑戦してみてください。

長時間火にかけすぎ

鍋ものをするときに、食べ終わった後もコンロの火を付けっ放しにしていませんか?うっかり水分を全部蒸発させてしまった、なんて経験をお持ちの方も多いと思います。

土鍋そのものに保温力があり、火を止めた後もしばらく水分が蒸発してしまうので、早めに火から下ろすようにしましょう。土鍋の焦げは火加減に注意することと、水分を蒸発させないことによってかなり防ぐことができます。

それでも焦げてしまった・・・というときは速やかに焦げを落としましょう。

土鍋の焦げの落とし方

土鍋の焦げ

それでは土鍋についた焦げの落とし方を、焦げのつき方が軽いものからご紹介しましょう。

軽い焦げ

やり方はとても簡単、土鍋にぬるま湯を入れて一晩つけておくだけです。次の日にスポンジやキッチンペーパーなどでやさしく擦ってみてください。それでも落ちなければ次の方法を試してみましょう。

しっかりついた焦げ

ここで登場するのが主婦の味方「重曹」と「クエン酸」です。重曹が効果的なのはご飯や麺類、肉や魚などといった酸性の焦げになります。アルカリ性である重曹はこのような焦げには有効な手段です。

一方クエン酸が効果的なのは、野菜やきのこ類などによるアルカリ性の焦げに対してです。土鍋に水を入れて重曹、もしくはクエン酸(お酢でも可)をスプーンに2〜3杯くらい入れて蓋をしないで火にかけます。

熱湯に重曹を入れてしまうと吹きこぼれてしまうこともあるので、必ず水からスタートしてください。蓋をしないままそのまま少し煮立たせたら火を止めます。

そのまま一晩放置して、翌日スポンジやキッチンペーパーなどでやさしく焦げを落とします。これでも落ちない場合は、何度か重曹とクエン酸の量を変えてみて繰り返してみてください。

それでもまだ落ちない?それでしたら、次の方法も試してみてください。

天日干し

天日で干すことでも焦げが剥がれやすくなります。できれば3日間から一週間くらい、風通しがよく日当たりの良い場所でカラカラになるまで干して、そのあとキッチンペーパーなどでやさしく擦ってみてください。

重曹、クエン酸、天日干しを何度か繰り返すうちに、だんだん焦げが取れていきます。諦めずに繰り返してみてください。

土鍋の焦げを落とすときにNGなこと

火加減

土鍋は頑丈に見えますがデリケートな鍋です。力任せにこすったり、傷がつきやすいクレンザーを使ったり、金属たわしなどの硬いものでゴシゴシこすったりしてはいけません。

確かに焦げは落ちやすくなりますが、同時に土鍋そのものも傷めてしまい、ひび割れの原因になってしまいます。できるだけ優しく焦げを落とすようにしてください。

スポンサードリンク

土鍋を焦げないようにするには

「目止め」というものをご存知でしょうか。土鍋を購入したら、まずはデンプンで穴を塞ぐというものです。やり方をご紹介しましょう。

  1. 土鍋を洗ってお米のとぎ汁を八分目くらいまで入れて弱火で沸騰させる(とぎ汁の代わりに土鍋の八分目まで入れた水に小麦粉や片栗粉を入れてもOK)
  2. 蓋をせずそのまま弱火で30分くらい煮る
  3. 火を消したら冷めるまでそのままにしておく
  4. とぎ汁を捨てて水で洗って乾燥させる

これが目止めのやり方で、土鍋にヒビが入ってしまったときにも使える方法です。目止めの代わりにおかゆを炊くのも効果的です。土鍋の穴を防ぐ目止めを定期的にすることで、焦げ以外にも土鍋が割れてしまうことを防げます。

お鍋をしたあとにうどんを入れたり、雑炊にするというのも先人の知恵かもしれません。焦げ癖をつけないためには、使った後はしっかりと焦げを落とすことです。

ちゃんと手入れをしてあげることで長く使えるようになるので、面倒でも汚れや焦げは都度きちんと落とすようにしましょう。

まとめ

ここだけの話ですが、わたしは最近まで土鍋を持っていませんでした(笑)焦げの落とし方を知らなかった上、メンテナンスもしていたかったズボラなわたしは、何度か土鍋を割ってしまい、すっかり嫌気がさしてしまいました(笑)

でもやっぱり土鍋を使いたくて一念発起、また土鍋を購入しました。今度はきちんとメンテナンスをしながら、末長く土鍋を使っていこうと思っています。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ