スーツにリュックはダメ?選ぶならどんなのがいいの?

スーツでリュック

「スーツにリュックを合わせていいの?」
「取引先や上司に非常識だと思われないだろうか?」

昔は「スーツに手提げカバン」が定番でしたが、近年はスーツ姿にリュックを合わせている人を普通に見かけます。

自転車通勤が増えたり、移動中でも両手が開く利便性が再認識され「スーツにリュック」は市民権を得たように思えますが、本当のところビジネスの場でリュックを使ってもいいのか気になるところです。

今回はスーツにリュックはダメなのかをまとめました。

スポンサードリンク

スーツにリュックはダメ?

リュックは「カジュアル」なシーンで使うアイテムなので、「フォーマル」な装いであるスーツとは一緒にスタイリングしないのが基本です。

しかし、近年ではビジネスリュックのようにスーツに合わせることを想定したデザインのものが多く出ていて、リュックに対する認識も変わりつつあります。

意見としては賛否両論あり、一般的に年配の人ほどスーツとリュックの組み合わせに否定的な人が多いと言われています。働いている業界や着用シーン、デザインによってその判断はことなります。

働いている業界や業種

ビジネスリュック

例えば、金融業界や公務員などの一般的に「堅い」と言われる業界では使用を控えたほうが無難です。また、営業などお客様と頻繁に会う業種の人もリュックはおすすめできません。

判断に迷う場合は同じ業界内でリュックの使用者がいるかどうかを確認してみましょう。

一方で、アパレル業界やIT業界など個性が尊重されるような業界や若い人が多い業界、ほとんど社外の人と接する機会のない業務の人は比較的取り入れやすいと思います。

スポンサードリンク

着用シーン

商談の場などフォーマルな場ではカジュアルなイメージが強いリュックはふさわしくありません。リュックが許容される業界でも、リュックで商談や営業に回るといったことは避けましょう。

リュックは通勤用にして、営業や商談に持って行く手提げカバンをオフィスに用意しておくのがベターです。また、就活中は「きちんと感」がとても大切なので、カジュアルな印象の強いリュックはやめましょう。

リュックのデザイン

カラフルなものや登山用のような大きなもの、スポーツタイプのものはふさわしくありません。

近年では、ビジネスリュックとしてスーツに合わせることを前提としてデザインされているものがありますので、そういったものの中から選べば間違いないでしょう。

スーツでリュックを合わせるときに気を付けたいこと

ビジネスリュックの選び方

シワができやすい

リュックは肩で背負うものなので、スーツにシワが付きやすいというデメリットがあります。たくさん入るからといってリュックをパンパンにするのはやめましょう。見た目も悪くシワができやすくなってしまいます。

スーツが傷みやすい

また、背中や肩が擦れるのでスーツにダメージを受けやすくなってしまいます。スーツに当たる部分にメッシュやウレタン素材が用いられているものだと、傷みにくいのでおすすめです。

メッシュ素材は、それだけでなく、通気性が高まり、快適に使用できるというメリットもあります。

着こなしが難しい

スーツ姿でリュックを格好よく着こなすのは意外と難しいものです。スーツとの相性、姿勢や荷物の量、ショルダーベルトの長さによっても見え方が大きく変わってきてしまいます。

一歩間違うと「ダサい」「オタクっぽい」というレッテルを貼られかねないので、慣れるまでは鏡の前で確認してから出かけましょう。

ビジネスリュックの選び方

シンプルなデザイン

ポケットが少なく、厚みのでないシンプルなデザインのものを選ぶのがよいでしょう。色はナイロン素材であれば黒、レザーであれば紺や茶でも大丈夫です。

A4サイズがすっぽり入るサイズ

ビジネスマンは、A4サイズの書類やファイル、ノートPCを持ち歩く機会が多いものです。そのため、A4サイズがすっぽり収納できるサイズのものを選ぶのがおすすめです。

軽いもの

なるべく軽いものがおすすめです。一般的に、600~800gのリュックが使い勝手のいいとされています。

また、ショルダーベルトとボディのバランスで、リュックそれぞれに重さの分散が違うため、同じ重さでも感じ方が異なるので実際に背負ってみることも大切です。

2WAY、3WAYバッグ

ビジネスリュックの中には、手提げバッグやストラップを付けてショルダーバッグとしても使えるタイプのものがあります。通勤中はリュック、外回りなどを行うときは手提げバッグなど、TPOで使い分け出きるのでとても便利です。

まとめ

スーツにリュックに対する意見は、まだまだ賛否両論です。否定的な人もまだまだ多くいるので、「いつでもどこでも大丈夫」というわけにはいかないのが現状のようです。しかしながら、リュックの利便性や機能性は魅力的です。

スーツにリュックを取り入れたいと思っている方はまずは、通勤に取り入れるところから試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ