梅雨時の洗濯物を早く乾かす具体的な方法

「梅雨は洗濯物がなかなか乾かなくて困る」
そんな悩みはありませんか?

洗濯物は毎日溜まるので、何日も洗濯しないわけにはいきません。雨が続かなければ晴れた日にやればいいですが、梅雨の時期はそうはいきません。部屋干しすると、なかなか乾かなくて洗濯物のニオイも気になります。

そんな時に、洗濯物を早く乾かす方法を知っていれば便利です。そこで今回は、梅雨時の洗濯物を早く乾かす裏技をご紹介します。梅雨時の洗濯物のストレスをすっきり解消しましょう。

スポンサードリンク

どこに干すと早く乾くの?

部屋に干すところがないからといって、カーテンレールに干す人もいるかと思いますが、乾きにくい場所なので、やめましょう。特に、梅雨の時期は窓際に湿気が溜まりやすいので、なるべく部屋の中央に近いほうが乾きやすくなります。

窓の近くはよくないですが、ドアの近くは風の移動もあるのでオススメです。部屋に干す以外には、浴室が乾きやすい場所です。換気の状態にして扉を開けておけば、比較的早く乾きます。

早く乾かせるアイテムとは?

浴室乾燥

扇風機

風の動きがあると、洗濯物は早く乾きます。外と違って、室内では空気の移動はほとんどないので、それを作り出してくれるのが扇風機です。夏まで閉まっておこうと思っていた人も、早めに出して活用しましょう。

除湿機

部屋に干すと、どうしても部屋の湿度があがってしまいます。湿度が高すぎると、なかなか乾かないので、除湿機があると便利です。

除湿機はエアコンなどと比べて、そこまで電気代もかからないので、経済的でもあります。梅雨の時期だけではなく、普段から部屋干しが多いという人は、除湿機が1台あるとかなり役に立ちます。

エアコン

除湿機は持っていなくても、エアコンはほとんどの家にあると思います。エアコンの除湿機能を使うと、湿度が下がり、洗濯物が早く乾きます。

梅雨の時期に家で過ごす場合は、ただでさえジメジメして不快なので、除湿機能で湿度を快適に過ごせるレベルまで下げるといいでしょう。

浴室乾燥機

最近は、浴室乾燥機がついているところも多いと思います。しっかり温風が出るので、早く乾きます。急いで乾かさなければいけない時にはオススメですが、早く乾く分、電気代も結構かかってしまうので、注意しましょう。

スポンサードリンク

早く乾かす裏技

1回に干す量をなるべく減らす

干す量が増えれば増えるほど、乾くまでに時間がかかります。雨だからといって洗濯を先延ばしにしてたくさん溜まってしまうと、全部乾かすのはスペースもたくさんいるし、時間もかかってしまいます。

だから、梅雨の時期は特にこまめに洗濯することを心がけましょう。

脱水時間を延長する

最近の洗濯機は、最後まで自動で行ってくれますが、自分で時間を選べるようにもなっているかと思います。脱水時間も自動で設定されていますが、何分かでも延ばすだけでも、水分がよく抜けます。

時間を変えられない場合は、脱水だけもう一度するのでもいいでしょう。ただ、洗濯物への負担は増えてしまうので、傷みやすい生地のものや、大切にしている洋服を洗う際は、やめておいたほうが安心です。

すべて裏返しで干す

生地を傷めないために、裏返して洗う人もいるかと思いますが、干す時も裏返しのままの方が早く乾きます。裏側には、縫い目などの乾きにくい部分があるので、裏返しのほうが、生地が重なっている部分も早く乾かすことができます。

タオルは片側を長くして干す

タオルを真二つに折って干す人も多いかと思いますが、タオルが触れ合ってしまうので、乾きづらくなります。片側を長くすると、触れ合う部分が減るので、その分乾くのも早くなります。バランスは悪いですが、落ちない程度に干しましょう。

長いものと短いもの、厚手のものと薄手のものを交互に干す

早く乾かすためには、洗濯物同士の間隔をあけることが重要です。そのため、長いものを干したらその横には短いものを干しましょう。厚手のものを干した時も、隣は薄手のもののほうが早く乾きます。

まとめ

梅雨の時期の洗濯物が早く乾く場所は、部屋の中央やドア付近と浴室です。

早く乾かせるアイテム
  1. 扇風機
  2. 除湿機
  3. エアコン
  4. 浴室乾燥機
早く乾かす裏技
  1. 1回に干す量をなるべく減らす
  2. 脱水時間を延長する
  3. すべて裏返しで干す
  4. タオルは片側を長くして干す
  5. 長いものと短いもの、厚手のものと薄手のものを交互に干

早く乾かす裏技と、早く乾かせるアイテムを上手に使って梅雨時の洗濯物もスッキリ乾かしましょう

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ