部屋干しの臭いの原因と対策5ステップ

「部屋干しすると、何か臭い」

そんな悩みはありませんか?雨の日は外に干せませんが、部屋に干すと、なんだか臭いが気になります。毎日使うタオルや洋服が臭うと、とても嫌な気分です。

でも、ちょっと気をつけることで、臭いを防ぐことができるんです。

今回は、部屋干しの臭いの原因と、嫌な臭いへの効果的な対策についてご紹介します。これを読めば、外に干せなくても不快な気分にならなくて済みますよ。

スポンサードリンク

部屋干しの臭いの原因って何なの?

部屋干しの臭いの原因は、洗濯したときに落としきれなかった皮脂やアカといった汚れです。洗濯して綺麗になったように見えますが、多少の汚れは残っています。

それをエサにして、雑菌が繁殖してしまうのです。雑菌の繁殖には、水分も重要で、濡れている時間が長いほど、菌が繁殖しやすくなります

部屋干しだと、工夫しない限り、外に干すよりも乾くまでに時間がかかる場合がほとんどです。だから、外に干すよりも臭いやすいのです。

さらに、室内だと日光による殺菌作用が期待できないことも原因の一つになります

部屋干しした時の臭いの対策ってどうしたらいいの?

洗濯機

部屋干しの臭いに効果的な対策を5つご紹介します。

1.洗濯槽の汚れを落とす

洗濯槽は意外と汚れています。どんなに洗っても、洗濯槽自体が汚れていたら、菌が残ってしまいます。洗濯物に黒いものがついてきたことがあるという人は要注意です

それは洗濯槽の汚れです。私も洗濯機を買い換える前は、黒い物体を何度か目撃してショックを受けました。そうならないためにも、定期的に掃除することをオススメします。

ドラッグストアなどで、洗濯槽クリーナーが手に入ります。数百円で購入できるので、時に梅雨の前などは忘れずにやりましょう。

2.洗濯物を詰め込まない

洗う時に、洗濯物をいっぱい入れてしまうと、どうしても汚れが落ちづらくなります。面倒だから一気に洗ってしまいたい、という気持ちはわかります。

でも、部屋干しすることを考えたら洗濯槽の7分目くらいを目安にすることをオススメします。たくさん入れて全部が臭うくらいなら、7分目にしていい匂いを保ちましょう。

スポンサードリンク

3.洗剤の量に注意

洗剤の量はしっかり守って入れていますか?洗剤は多くても少なくてもダメです。少ないと汚れは落ちきらないし、逆に多いと溶けきらなかった洗剤が洗濯物に残ってしまいます。

どちらにしても、臭いの原因になるわけです。いつもだいたいの量で入れている人は、規定の量を入れるように心がけましょう。

また、最近は部屋干し用の洗剤も売っています。殺菌成分が入っているので、部屋干しばかりするという人は使ってみるのもいいと思います。

4.放置は厳禁

洗濯物は、放置されると菌がどんどん繁殖していきます。一人暮らしだと洗濯物が少ないので、何日か放置しがちですが、できるだけすぐに洗いましょう。

洗濯物が少ないほうが、スペースが少ない部屋干しには向いています。また、洗濯機がとまったら、すぐに干すということも大切です。

濡れた状態の時間を短くすることで、菌の繁殖を抑えることができます。

5.効率的に乾く干し方をする

なんといっても早く乾かすことが一番重要です。

では、具体的にどうやって干したらいいか、ポイントをまとめました。

・風の通り道をつくる
洗濯物同士がくっついていないかが重要です。

・除湿機を使う
部屋に溜まりがちな湿気を取り除くのに効果的です。

・カーテンレールや壁際には干さない
特に乾きにくい場所です。

・サーキュレーターや扇風機をまわす
空気が動くことによって早く乾きます。

これらのポイントを押さえれば、部屋干しでも早く乾き、嫌な臭いが抑えられます。

まとめ

・部屋干しの臭いの原因

  1. 落としきれなかった汚れ
  2. 濡れた状態が長引くことによる菌の繁殖
  3. 日光に当たらず殺菌効果なし

・部屋干しの臭いの対策

  1. 洗濯槽の汚れを落とす
  2. 洗濯物を詰め込まない
  3. 洗剤の量に注意
  4. 放置は厳禁
  5. 効率的に乾く干し方をする

部屋干しする時は、これらに注意することで、嫌な臭いから解放されます。臭いで悩んでいる人は、是非試してみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ