肩を回すとゴリゴリ!原因や解消方法は?

肩こりの女性

デスクワークで毎日パソコンとにらめっこ、仕事の合間に背伸びをしたら「ゴリゴリ!」と肩から音がしたなんて経験はありませんか。初めてのときは、びっくりしてしまうかもしれませんが、このゴリゴリ音は、放置しておくと、痛みも伴うこともあります。

そこでこの記事では、ゴリゴリ音の原因と解消法についてご紹介します。

スポンサードリンク

肩のゴリゴリ音の原因は

このゴリゴリ音の原因を一言でいうならば「こり」です。凝ってしまった筋肉の塊同士が、体を動かすときに擦れ合って、音を出しているのです。ごりごり音解消のために、この「凝り」の原因を詳しくみていきましょう。

身体の歪み

猫背や仕事などで長時間不自然な姿勢を取っていると、時間の経過とともに、だんだん肩回りが歪んできます。肩甲骨の周りにはたくさんの筋肉があります。姿勢の悪さが原因で肩甲骨がズレて、歪むとその周りにある、あらゆる筋肉がこり、ゴリゴリと音が出るようになります。

血行不良

肩甲骨は、他の骨と違い、筋肉だけで支えられているため、肩甲骨周りの筋肉は、肩甲骨が下に落ちないように常に緊張状態なのです。そのため、筋肉が疲れやすく、血行が悪くなりがちです。

血液の流れが悪くなると本来筋肉に行き渡るはずであった酸素が十分に行き渡らなくなってしまいます。この結果、「乳酸」という物質が筋肉でたまり、筋肉が硬くなってしまうのです。

ゴリゴリ音を放っておくと

姿勢を伸ばす

音がするだけのうちはまだよいのですが、ゴリゴリ音を放っておくとそのうち痛みを伴うようになります。さらに、年齢を重ねると、激痛が走る、腕が上がらない、疼きを感じて夜眠れないなどの症状がでる、四十肩や五十肩になることもあります。

ここまでくると、日常生活に支障がでるので、本当につらく不便な日々を過ごさねばなりません。こうなる前に適度にこりを解消していきましょう。

スポンサードリンク

肩のゴリゴリ音の解消方法

肩で鳴るゴリゴリ音を治すには、凝り固まった筋肉の塊をほぐすことが大切です。特に肩甲骨周りの筋肉がほぐされると、肩こりが和らぎ、ゴリゴリ音も解消されます。

ストレッチ方法

仕事中でもできる、座ったままの上半身のストレッチ方法です。

  1. 首の付け根に片手を当て、手を当てた方の肩を、上下に動かしましょう。
  2. ゴリゴリと音がする近辺で、気持ち良いと感じる場所を、当てている手の指先で力を入れて押さます。
  3. 次に、腕を後ろから前へと円をかくよう大きく回します。
  4. この要領で、両方の肩を10回位、交互にまわしましょう。

専門家に依頼する

ストレッチをしていても効果を実感できないときは、マッサージ、整体などの専門家の手を借りましょう。骨や筋肉に精通しているので、症状に合わせた治療を行ってくれます。

自分では見つけられなかった、ケアのポイントなどに気付くことがあるので、自宅でのストレッチも、より効果的です。

肩こりの予防法

ストレッチ

普段から肩甲骨を動かすことが、肩こり予防にはとても大切です。ちょっとした隙間時間でいいので、毎日意識して動かすようにしましょう。また、猫背など、姿勢の悪さは血行不良の原因となりますので、できるだけ背筋をのばして生活しましょう。

少しずつでもいいので、続けることで効果がでてきます。

まとめ

仕事などで長時間同じ姿勢を取り続けているとどうしても肩が凝りやすくなってしまいます。肩こりを解消する方法はたくさんあるので、自分に合うやり方で日頃から肩こり解消に努めましょう。

ただ、あまりにも酷い、痛い肩こりの場合は、自己流で行うと、余計に肩を傷めることもありますので、整形外科などを受診して、原因を調べた方が良いと思います。ゴリゴリ音を解消して快適な毎日を送りましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ