パソコンを処分するときのデータの消去のやり方

パソコン

先日10年近く使っていたわたしのノートパソコンが、突然強制終了しました。中に入っているデータは?修理は可能?いろんなことが頭を駆け巡り少々パニックになりながら、急いで専門店に持って行きました。

「とりあえず電源アダプタを取り替えれば使えますが、いつ壊れてもおかしくありません。使えるうちに、バックアップを取って新しいパソコンを探した方がいいですよ」と店員さんに言われました。

中のデータが無事であったことと、とりあえずはまだ使えることで安堵しましたが、買い換えなければいけないことに変わりはありません。そこでふと疑問に思いました。パソコンを買い替えたら、古いパソコンのデータはどう処分したらいいのでしょうか。

パソコンの中には個人情報やカードの番号、それに他の方には見せたくないあんなものやこんなものも入っています(笑)さて、パソコンのデータはどうやって消去するのがいいのでしょうか。

スポンサードリンク

パソコンのデータは消去しなければダメ?

パソコンの中にあるデータは、パソコンを処分するときに全て完全に消去する必要があります。理由は流出の可能性があるからです。

ネットショッピングなどで登録したクレジットカードの情報や、メール、写真、それにいろいろなIDや暗証番号など、ハードディスクの中には個人情報がたくさん入っています。

ハードディスクの中身を消去しないと、こういった情報が流出してしまうかもしれません。ゴミ箱に入れて、ゴミ箱の中を完全に消去したから大丈夫!なんて思っていたら大間違いです。

じゃあパソコンの初期化(リカバリ)ならOK?いえいえ、それでもまだダメです。リカバリは見た目にはキレイになくなったように見えますが、いろいろなデータはまだ残っています。「データ復元ソフト」というものをご存知でしょうか。

そのようなソフトを使うと、リカバリしたあとでも簡単にデータを取り出すことができてしまいます。完全にハードディスクのデータは処分してください。

パソコンのデータを自分で消去するには

セキュリティ

自分でデータを消去するにはいくつかの方法があります。

データ消去ソフトを使う

パソコンが使える状態であれば、データ消去ソフトで完全に消去することができます。またWindows vista以降のパソコンであれば、各メーカーでデータ消去用のソフトをインストールしているようです。

  1. 東芝 「初期インストールソフトウェアの復元」→HDDデータ消去機能
  2. VAIO(ソニー) VAIOデータ消去ツール
  3. 富士通 ハードディスクデータ消去

市販品のソフトもたくさん販売されています。アマゾンなどネット通販でだいたい1,000円から5,000円くらいです。CDが読み込めない場合はダウンロード版もあります。

「ちょっと待って!捨てるパソコンにわざわざソフトを買わなきゃいけないの?」

貧乏性なわたしはそう思ってしまいます(笑)わたしのパソコンにはデータ消去のソフトは入っていません。無料でできる方法はないのか?ありました!

ぶっ壊す

パソコンを壊す

パソコンも起動しないときには、ハードディスクそのものを物理的に壊すことでもデータを消去することができます。まずはハードディスクをパソコンから取り出してください。ドライバーがあれば割と簡単に取り出せます。

カナヅチなんかで叩いたりして要するに「ぶっ壊す」ということですが、ハードディスクの中はガラスが入っているので、ガラスが飛び散り怪我をしてしまうかもしれません。

家に電動ドリルがあれば、ハードディスクに何箇所か穴をあければ物理的に壊すことができます。でもうちには電動ドリルなんてありません。カナヅチで壊すのも怖いです。さて、どうするか?

磁気で破壊

専門の装置によって強力な磁気でハードディスクを破壊してしまう方法です。とても簡単にハードディスクの中を消去することができます。ですが、その装置は1台数十万円してしまいます。

となると業者に依頼するしかありませんが、結局料金が発生してしまいます。どうせ業者に依頼するなら、パソコン本体もまとめて処分してもらえないのか?と思い、パソコンとハードディスクをまとめて処分してもらえる業者を探してみることにしました。

スポンサードリンク

パソコンのデータ消去と処分をまとめて業者に依頼

2003年10月以降のパソコンには「PCリサイクルマーク」というものがついていて、このマークがついたパソコンであればメーカーが無償で回収してくれます。

メーカーが倒産していたり、自作パソコンの場合は「パソコン3R推進協会」などで回収してくれますが、有償になり5,000円くらいかかってしまいます。

またメーカーが無償で回収してくれる場合でも、データ消去のやり方はメーカーによっても違い、間違って漏洩しないとも限りません。各メーカーやパソコン3R推進協会でも自分でデータを消去することを推奨しています。

結局ハードディスクのデータは自分で消去しなければならない・・・もっと簡単にパソコンの処分とデータ消去をする方法はないのか?ネットには無料、もしくは安価でデータ消去とパソコンの処分を引き受けてくれる業者がいくつかあります。

「パソコン処分.com」や「パソコンファーム」「 パソコン廃棄.com」などです。ヤマダ電機でもデータ消去込み、無料でパソコンを引き取ってくれるサービスがあります。ぜひネット検索してみてください。

データ消去については証明することが難しいので信用するしかありません。やはりできるだけ自分でデータを消去するのが確実です。データ消去のソフトにはフリーソフトもあるので、時間のある方は試してみるのも良いかもしれません。

まとめ

パソコンを処分するときにはハードディスクの中身は必ず処分してください。データ消去のソフトを使用したり、物理的にハードディスクそのものを壊してしまう、といったやり方があります。面倒であればまとめて処分してくれる業者を探しましょう。

なんだかんだとパソコンを買い換えるにも苦労します(笑)でも自分の身は自分で守る、自分の情報は自分で管理するしかなさそうです。パソコンを廃棄する際には、できるだけ自分でデータ消去をするようにしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ